国会議員白書トップ衆議院議員平林剛>36期国会活動まとめ

平林剛衆議院議員 36期国会活動まとめ



在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


衆議院本会議(36期)

30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第92回国会(特別:1980/07/17-1980/07/26)  0回発言      0文字発言
  第93回国会(臨時:1980/09/29-1980/11/29)  0回発言      0文字発言
  第94回国会(通常:1980/12/22-1981/06/06)  1回発言   1270文字発言
  第95回国会(臨時:1981/09/24-1981/11/28)  0回発言      0文字発言
  第96回国会(通常:1981/12/21-1982/08/21)  0回発言      0文字発言
  第97回国会(臨時:1982/11/26-1982/12/25)  0回発言      0文字発言
  第98回国会(通常:1982/12/28-1983/05/26)  0回発言      0文字発言
  第99回国会(臨時:1983/07/18-1983/07/23)  0回発言      0文字発言
 第100回国会(臨時:1983/09/08-1983/11/28)  0回発言      0文字発言

       36期通算   (1980/06/22-1983/12/17)  1回発言   1270文字発言

本会議発言一覧

第94回国会 衆議院 本会議 第29号(1981/06/02、36期)

ただいま、私が国会議員として在職二十五年に及びましたことに対し、御丁重な表彰の御決議を賜りまして、まことに身に余る光栄であり、感激にたえません。議長並びに本院議員各位の御厚情に対し、心からお礼を申し上げます。(拍手)本日のこの栄誉は、これまで私を御指導、御鞭撻くださいました先輩、同僚の各位を初め、わ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(36期)

30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第93回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言  12676文字発言
 第94回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  8回発言  74336文字発言
 第95回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第96回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  6回発言  61067文字発言
 第97回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第98回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  29137文字発言

  36期通算  59回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 59) 17回発言 177216文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
            56回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 56) 15回発言 148079文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  29137文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第93回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号(1980/11/12、36期)

きょうは私は、財政の再建問題に絡んで最近の公定歩合の引き下げの問題、それから昭和五十六年度の国家予算編成に関連をして、第三には税の自然増収の問題について、第四には財政投融資の運用というテーマをとらえま…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1981/02/24、36期)

きょうは酒税法の改正について質問をいたしたいと思います。酒とビール、ウイスキーなどの販売価格は、昨年の冬から春にかけて値上げをされました。ことしは酒税法の一部を改正する法律案によりまして酒類の税率が…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 大蔵委員会 第12号(1981/03/18、36期)

昨日、与野党の話し合いがつきまして、所得税減税の問題について一定の方向が出たことは御承知のとおりでございます。そこで、きのうは「財政法第六条の特例を設け、五十五年度剰余金は、その全額を所得税減税に充…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1981/03/23、36期)

ただいま当委員会に対しまして大変貴重な参考意見をいただきまして、まことにありがとうございました。いまのお話を聞きながら、それぞれの参考人に私の考えを申し述べながら御意見を承りたいと思いますので、ひとつ…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 大蔵委員会 第16号(1981/03/25、36期)

きょうは、所得、法人、租特三法の質疑に入ります前に、大臣に基本的な考え方をお尋ねしておきたいと思います。まず第一は、臨時行政調査会の土光さんが増税なしの財政再建、歳出の削減で行財政改革ということを提…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 大蔵委員会 第17号(1981/03/27、36期)

私はきょう、豚肉の輸入関税の制度について少し当局の説明をお聞きしたいと思っております。御承知のように、最近、台湾からの豚肉の輸入に関連をいたしまして、畜産商品の総合商社芦村商会が、差額関税制度を悪用…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1981/04/10、36期)

きょうは財政運営に必要な財源の確保を図るための特別措置、これについてお尋ねをしたいと思います。提出されました法律案によりますと、五十六年度における特別公債の発行は別にいたしまして、日本中央競馬会から…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 大蔵委員会 第23号(1981/04/17、36期)

私は臨時通貨法の一部を改正する法律案につきまして若干の質問をしたいと思います。今回政府が補助貨幣として新たに五百円硬貨を加えるこの臨時通貨法の改正案を国会に提出をされたのでございますが、五百円硬貨を…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 大蔵委員会 第30号(1981/05/13、36期)

銀行法の改正はだれのための改正か。公共性のある銀行の法律を書き改めるという場合にはその意義というものが一般の国民にも理解できないのでは雲の上の話になる。そこで私はこれから庶民の立場で素朴なる質問を展開…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1982/03/17、36期)

少しおさらいのようになるかもしれないが、しかし、締めくくりという意味で、いま話題のゼロクーポン債の問題を取り上げたいと思います。個人投資家の間で異常な人気を集めて、大蔵省が、三月の三日ですか、証券会…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1982/03/18、36期)

おはようございます。きのうに引き続きまして質疑を行いたいと思いますが、きょうは、税金の応能負担原則の問題についてお尋ねをしようと思っております。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1982/03/24、36期)

初めに、日米貿易摩擦の問題につきまして、少しお尋ねをしておきたいと思います。きのうアメリカを訪問いたしました桜内外務大臣が、レーガン大統領との会談で、六月のサミットを念頭に置いて、日米の経済摩擦につ…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 大蔵委員会 第19号(1982/04/09、36期)

このところ、上場法人の株式の時価発行による増資がふえてまいりまして、政府の資料によりますと、五十五年度で二百十八社、発行額が九千六十三億円、五十六年度には、見込みも入りますが二一四十社、一兆二千七百九…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1982/05/07、36期)

きょうは金融に関する件で、特に庶民金融問題に直接御体験のある参考人においでをいただきまして、ありがとうございました。私からは、貸金業、特にサラリーマン金融の問題につきまして、それぞれ参考人の方々から…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 大蔵委員会 第25号(1982/08/04、36期)

私は、ただいま議題になりました貸金業の規制に関する法律案及び出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律の一部を改正する法律案につきまして、若干の質疑を行いたいと思っております。後日の参考にする…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1983/02/02、36期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表いたしまして、主として中曽根総理大臣に対しまして質疑を展開いたしたいと存じます。本願に入ります前に、二つばかり総理に対しましてお尋ねをいたしたいことがございます。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1983/02/03、36期)

昨日、私は、政府の対米武器技術供与の問題につきまして、国会決議との関連から質疑を展開いたしましたが、政府の見解と私どもの考えとは対立したままでございます。私は、昭和五十六年三月二十日の衆議院の本会議…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(36期)

30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22