山本幸雄衆議院議員 36期国会活動まとめ



在籍期:30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


衆議院本会議(36期)

30期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第92回国会(特別:1980/07/17-1980/07/26)  0回発言      0文字発言
  第93回国会(臨時:1980/09/29-1980/11/29)  0回発言      0文字発言
  第94回国会(通常:1980/12/22-1981/06/06)  0回発言      0文字発言
  第95回国会(臨時:1981/09/24-1981/11/28)  0回発言      0文字発言
  第96回国会(通常:1981/12/21-1982/08/21)  0回発言      0文字発言
  第97回国会(臨時:1982/11/26-1982/12/25)  0回発言      0文字発言
  第98回国会(通常:1982/12/28-1983/05/26)  4回発言   8912文字発言
  第99回国会(臨時:1983/07/18-1983/07/23)  0回発言      0文字発言
 第100回国会(臨時:1983/09/08-1983/11/28)  2回発言   1123文字発言

       36期通算   (1980/06/22-1983/12/17)  6回発言  10035文字発言

本会議発言一覧

第98回国会 衆議院 本会議 第3号(1983/01/27、36期)

地方財政について二点ばかりお尋ねをいただきましたが、ただいま大蔵大臣からもお答えがございましたが、まず、交付税特別会計借入金の利子のことでございます。これはお説のとおり、従来国の一般会計からの繰り入れによる予算上の措置をしてきたところでございます。ただ、昭和五十八年におきましては、国の財政全般の厳し………会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第8号(1983/02/22、36期)

昭和五十八年度の地方財政計画の概要並びに地方税法等の一部を改正する法律案及び地方交付税法等の一部を改正する法律案の趣旨について御説明申し上げます。昭和五十八年度の地方財政につきましては、引き続き著しい収支不均衡の状態にあることにかんがみ、おおむね国と同一の基調により、歳入面におきましては、地方税負担………会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第16号(1983/04/15、36期)

国の地方行政機関の設置と地方自治法百五十六条の六項による国会の承認ということについてお尋ねがございまして、ただいま総理からもお答えがございましたが、私からもお答えをいたします。臨調の第三次答申では、お説のごとく、行政組織規制の弾力化の一環として、国会の承認に関する地方自治法の規定の再検討を求めております。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第20号(1983/05/10、36期)

地方公務員等共済組合法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。この法律案は、地方公務員共済組合の長期給付に係る業務の適正かつ円滑な運営を図るため、新たに地方公務員共済組合連合会を設けることとするとともに、市町村職員共済組合連合会及び都市職員共済組合連合会を廃止して、新たに全………会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 本会議 第6号(1983/09/20、36期)

このたびの行政事務の簡素合理化及び整理に関する法律案、これにおきましては、許認可の整理に関しまして、主務大臣の事務、権限の一部を都道府県知事に委譲することになっております。国、地方間の事務の再配分という観点から見まして、当面の措置といたしましてはかなりの努力が払われたものだと思います。しかしながら、………会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 本会議 第7号(1983/10/04、36期)

政治資金規正法の見直しというお話でございますが、ただいま総理からは、こういう問題は常に絶えず見直しをしていかなければならないというお話もございまして、全くそのとおりだと思います。この問題は、議会制民主主義の発展の上から見まして、非常に重要な問題であるという認識を私ども強く持っておるわけでございますが………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(36期)

30期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第93回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第94回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28)  0回発言      0文字発言
 第95回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第96回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  0回発言      0文字発言

  36期通算  53回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 53)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
            53回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 53)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(36期)

30期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22