細谷治嘉衆議院議員 36期国会活動まとめ



在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


衆議院本会議(36期)

30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第92回国会(特別:1980/07/17-1980/07/26)  0回発言      0文字発言
  第93回国会(臨時:1980/09/29-1980/11/29)  0回発言      0文字発言
  第94回国会(通常:1980/12/22-1981/06/06)  0回発言      0文字発言
  第95回国会(臨時:1981/09/24-1981/11/28)  0回発言      0文字発言
  第96回国会(通常:1981/12/21-1982/08/21)  0回発言      0文字発言
  第97回国会(臨時:1982/11/26-1982/12/25)  0回発言      0文字発言
  第98回国会(通常:1982/12/28-1983/05/26)  0回発言      0文字発言
  第99回国会(臨時:1983/07/18-1983/07/23)  0回発言      0文字発言
 第100回国会(臨時:1983/09/08-1983/11/28)  0回発言      0文字発言

       36期通算   (1980/06/22-1983/12/17)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(36期)

30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第92回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第93回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  4回発言  22370文字発言
 第94回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  6回発言  65834文字発言
 第95回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言  11428文字発言
 第96回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 29)  7回発言  61930文字発言
 第97回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第98回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  5回発言  44263文字発言
 第99回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言    139文字発言
第100回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  2)  1回発言  17193文字発言

  36期通算  97回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員 87) 25回発言 223157文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 地方行政委員会
            62回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 62) 16回発言 174107文字発言

 石炭対策特別委員会
            25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  8回発言  31857文字発言

 行政改革に関する特別委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  0)  1回発言  17193文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 行政改革に関する特別委員会理事(第100回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第93回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1980/10/30、36期)

時間が十分ありませんので、二、三の点について御質問しておきたいと思います。いわゆる石炭六法と言われるものが、産炭地域振興臨時措置法が来年の十一月期限切れになるのと一緒に、来年度でほとんど大部分期限が…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1980/11/13、36期)

一点だけ質問しておきたい。答申が十日に出たわけでありますが、その七ページに「疲弊の著しい市町村に対する財政援助について、一層の配慮が望まれる。」こうなっておるわけです。この日本語を常識的に読みますと…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1980/11/20、36期)

笹生先生に最初にお尋ねいたしたい点は、この十日に出されました「産炭地域振興対策の今後のあり方について」という答申は、現行法の単純延長ということを描いて書かれたものなのか、あるいは何らかの法律の改正とい…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 地方行政委員会 第2号(1980/10/24、36期)

私は、消防関係、税関係、それと地方財政の三点について、その順序で若干質問をしたいと思っております。最初にお尋ねいたしたいことは、八月十六日ですか、静岡駅の地下街の爆発に基づきまして消防庁では一斉点検…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1981/04/16、36期)

最初に、通産大臣にお尋ねいたしますが、産炭地域振興答申に基づきまして十年間の延長、こういうことになりましたが、昨年の予算編成の段階におきまして、産炭地振興上重要な地方財政等の問題について大蔵原案の中で…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 地方行政委員会 第3号(1981/02/27、36期)

せんだって行われました安孫子自治大臣の所信表明について、若干の質問をしたいと思います。最初に、前任者である石破自治大臣の病気というようなことがありまして、大蔵原案が出される五日くらい前の十二月十六日…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 地方行政委員会 第5号(1981/03/17、36期)

まずお尋ねいたしたいことは、いま審議中の法律は、法三条と言われますけれども、全く三条で、その第一条が新産業都市建設及び工業整備特別地域整備のための国の財政上の特別措置に関する法律、これは昭和四十年の法…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 地方行政委員会 第10号(1981/04/14、36期)

主として地方財政計画と交付税制度について質問をいたしますが、最初にきわめて初歩的なことでございますけれども、お伺いしておきたいと思っております。それは、地方財政計画というのはどの法律のどの条項に基づ…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 地方行政委員会 第11号(1981/04/15、36期)

きょう午前中の地方行政委員会の参考人の意見聴取で、参考人から、最近、地方交付税の性格――地方団体の固有財源である、自主財源である、そういう基本的な性格がどうも薄らいできておる、崩れてきておる、こういう…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 地方行政委員会 第16号(1981/05/21、36期)

すでに地方公務員法の一部を改正する法律案につきましては、たくさんの委員の方々から、基本的な観点からあるいは具体の問題につきましてマクロの立場あるいはミクロの立場から多角的な質疑が展開されております。質…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 地方行政委員会 第3号(1981/11/12、36期)

最初に、行管の八木管理官いらっしゃいますか。――いま参議院で終盤を迎えております行革関連臨時特例法の中に、地域特例によって補助負担のかさ上げが行われておるわけでありますが、それを削減する、こういう部分…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1982/02/25、36期)

私は、主として十九日に答申が出されました産炭地域振興問題についてお尋ねしたいと思います。昨年、法律が十年延長になりまして、関係の各道県で産炭地域の発展計画、こういうものの作成をしておるわけでございま…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第9号(1982/03/25、36期)

一点だけお尋ねしたいと思います。松田参考人から海底鉱害についての対策のことが最後に言われました。その助成の問題でございますけれども、お尋ねいたしたい点は、最初に加藤先生に、この答申の中に、山林原野及…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第10号(1982/04/01、36期)

時間が十分ございませんので、簡潔に問題点を質問したいと思いますから簡潔にお答えをいただきたいと思います。せんだって参考人について意見を聴取した際に出たことでございますけれども、有明海における海底の採…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 地方行政委員会 第9号(1982/04/08、36期)

私は、当面する地方財政あるいは交付税制度、そういう問題につきまして、きわめて素直に質問をいたしたいと思いますので、大蔵大臣も素直な答弁をしていただきたいと思います。まず第一番に、おととい、きのう、き…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 地方行政委員会 第11号(1982/04/13、36期)

加藤委員の質問に関連して、若干の質問をさしていただきたいと思います。私は去る八日、渡辺大蔵大臣に質問をいたしたわけであります。その翌日の九日の閣議で大蔵大臣は、私が申し上げた六ないし七%という数字を…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 地方行政委員会 第14号(1982/04/20、36期)

いま協力関係の法律について、すでにもう質問者が大分質問しておりますし、範囲の狭い問題ですから、かなり重複するというか繰り返しになるかと思いますけれども、二、三問題を明らかにするために御質問したいと思い…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 地方行政委員会 第16号(1982/04/23、36期)

最初にお尋ねいたしたい点は、趣旨説明もお伺いしたのでありますけれども、警備業法の一部を改正する法律案、法律ができて約十年になるわけでありますから、この時期がある程度見直しの時期だろうということはわかり…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 地方行政委員会 第2号(1983/03/03、36期)

質問に入る前に、委員長に対する要望も含めて申し上げて、お願いしたいことがあります。自治大臣兼国家公安委員長の所信表明の中で、かつて警察出身である自治大臣が、警察行政のことについては、最近新聞をにぎわ…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 地方行政委員会 第5号(1983/03/24、36期)

最初にお尋ねいたしますが、いまここで審議しておる地方税法以外の他の法律で、地方税の増減にかかわる法律案があるはずでありますけれども、どういうものがあるのか、まずお答えいただきたいと思います。ただ、い…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 地方行政委員会 第8号(1983/04/25、36期)

御多忙の中、きょう大蔵大臣が恒例によりましてこの委員会においでいただきましてありがとうございます。大蔵大臣は顔色が白いのですけれども、私はちょっと選挙に専念いたしましたので、少し選挙ぼけをした質問にな…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 地方行政委員会 第10号(1983/04/27、36期)

自治大臣にお尋ねいたします。それぞれの考え方をそれぞれの省が主張するのは当然なことですけれども、たとえば総理大臣の諮問機関である地方制度調査会、自治大臣の諮問機関である地方財政審議会、大蔵大臣の諮問…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 地方行政委員会 第11号(1983/05/13、36期)

けさ十一時から、この委員会でいま扱っている法案についての委員と自治省当局とのやりとりをお聞きして、一体この法案は何をねらっているのか、全くわからない。何のために連合会をつくるのか、これもわからない。言…会議録へ(外部リンク)

第99回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1983/07/18、36期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 行政改革に関する特別委員会 第6号(1983/09/30、36期)

最初に行管長官、けさ、ずいぶん厚い資料をいただきました。その資料によりますと、八条機関の法律事項と政令事項で、審議会等の数は二百十三あるわけでありますが、そのほかに三つばかり第二臨調で答申されておりま…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(36期)

30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22