鈴切康雄衆議院議員 36期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


衆議院本会議(36期)

31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第92回国会(特別:1980/07/17-1980/07/26)  0回発言      0文字発言
  第93回国会(臨時:1980/09/29-1980/11/29)  1回発言   3138文字発言
  第94回国会(通常:1980/12/22-1981/06/06)  0回発言      0文字発言
  第95回国会(臨時:1981/09/24-1981/11/28)  1回発言   4013文字発言
  第96回国会(通常:1981/12/21-1982/08/21)  1回発言   3323文字発言
  第97回国会(臨時:1982/11/26-1982/12/25)  0回発言      0文字発言
  第98回国会(通常:1982/12/28-1983/05/26)  0回発言      0文字発言
  第99回国会(臨時:1983/07/18-1983/07/23)  0回発言      0文字発言
 第100回国会(臨時:1983/09/08-1983/11/28)  2回発言   6119文字発言

       36期通算   (1980/06/22-1983/12/17)  5回発言  16593文字発言

本会議発言一覧

第93回国会 衆議院 本会議 第12号(1980/11/06、36期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、鈴木内閣の行政改革に取り組む姿勢及び今回議題となりました臨時行政調査会設置法案について、鈴木総理並びに中曽根行政管理庁長官にお伺いをいたします。近年、国際経済社会の歴史的転換期の中にあって、わが国の経済社会は大きく変容し、低成長経済の中にあって、今後急激に高………会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 本会議 第6号(1981/10/06、36期)

私は、公明党・国民会議を代表して、ただいま議題となりましたいわゆる行革関連特例法案に関し、総理並びに関係大臣に質問をいたします。さきの第二臨調答申にもあるとおり、行政改革とは「行政の在り方を大きく改めることを通じ、国家と国民を合わせた国全体の歩み」を変えることであると言われている以上、そのあるべき方………会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第10号(1982/03/09、36期)

私は、公明党・国民会議を代表して、ただいま議題となりました昭和五十七年度政府予算三案に対し、反対討論を行います。(拍手)反対する第一の理由は、所得税減税に関し、今回の衆議院議長見解に裏づけされた与野党合意が成立したものの、実は政府の五十七年度当初予算においては、切実な国民的要求であります所得税減税が………会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 本会議 第6号(1983/09/20、36期)

私は、公明党・国民会議を代表し、ただいま趣旨説明のありました行革関連五法案に対し、総理並びに行管庁長官に若干の質問をするものであります。今国会は、新憲法下にあって百回目を迎えた意義ある国会であります。また、中曽根総理は、みずから行革国会と銘打ち、意義づけされておられます。しかし、提案された法案の内容………会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 本会議 第9号(1983/10/11、36期)

私は、公明党、国民会議を代表して、ただいま議題となりました国家行政組織法の一部を改正する法律案につきまして、修正及び修正部分を除く原案に賛成、国家行政組織法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整理等に関する法律案外四法案に対し、賛成の討論を行うものであります。(拍手)さて、第二臨調は、二年間五………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(36期)

31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第92回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   8290文字発言
 第93回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員  0)  6回発言  55991文字発言
 第94回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員  0)  8回発言  67701文字発言
 第95回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員 10)  4回発言  29238文字発言
 第96回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  4)  7回発言  69101文字発言
 第97回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第98回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員 11)  7回発言  50849文字発言
 第99回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言
第100回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  9)  3回発言  33015文字発言

  36期通算  95回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 60 委員 35) 36回発言 314185文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
            56回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 39 委員 17) 27回発言 241633文字発言

 予算委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  0)  1回発言   2572文字発言

 安全保障特別委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  0)  2回発言  11598文字発言

 行財政改革に関する特別委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  3回発言  25367文字発言

 行政改革に関する特別委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  3回発言  33015文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 内閣委員会理事(第92回国会)
 内閣委員会理事(第93回国会)
 内閣委員会理事(第94回国会)
 内閣委員会理事(第95回国会)
 内閣委員会理事(第96回国会)
 予算委員会理事(第96回国会)
 内閣委員会理事(第97回国会)
 安全保障特別委員会理事(第97回国会)
 安全保障特別委員会理事(第98回国会)
 安全保障特別委員会理事(第99回国会)
 安全保障特別委員会理事(第100回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第92回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1980/07/24、36期)

人事院総裁、御苦労さまです。例年八月の初旬から中旬にかけて、人事院は一般職国家公務員の給与の改定について国会並びに内閣に勧告を行っておるわけでありますけれども、その時期はもうわずかの間に近づいており…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1980/10/16、36期)

中曽根長官に対する質問はしばらく時間を置いていただきまして、先ほども岩垂先生から公務員の給与問題についてお話がありましたけれども、中曽根長官は、所管の委員会でない、このようにおっしゃいましたので、所管…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1980/10/28、36期)

防衛の論議に入る前に、官房長官がおいでになっていますので、昨日十月二十七日に安保委員会におきます中馬委員に対する岡崎参事官の答弁に関しまして政府の統一見解が出ましたので、それについて少々お聞きを申し上…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 内閣委員会 第7号(1980/11/04、36期)

鈴木総理、文民統制、いわゆるシビリアンコントロールの重要さというものはいまさら申し上げるまでもないと思います。シビリアンコントロールの最高機関は国会であり、そして国会と政府のシビリアンコントロール、政…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 内閣委員会 第8号(1980/11/06、36期)

人事院総裁にお伺いいたします。人事院がことし二月二十七日に行いました国家公務員災害補償法の改正についての意見の申し出の中で、遺族補償年金の給付水準の改善について、「遺族の人数区分に応じたそれぞれの支…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 内閣委員会 第9号(1980/11/11、36期)

先般本会議で第二臨調の設置に対して趣旨説明がありまして、私も本会議で質疑をさせていただきましたが、本日委員会に付託をされました。そういうことから、本会議でいろいろお聞きできなかった問題についてきめ細か…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1980/11/27、36期)

十月二十八日に公務員の給与改定に関する取り扱いについて内容が示されております。その中で、閣議決定の中で、「特に人件費の累増を極力防止するため、次の各般の措置を行う。」として、一つは「勤務成績本位の人事…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1981/03/24、36期)

今回の恩給法の改善の問題について若干御質問を申し上げます。最近の経済情勢にかんがみまして、恩給の改善措置を講ずるための恩給法の一部改正が提案されたわけでありますけれども、恩給を大枠に大別をいたします…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1981/04/07、36期)

外務大臣、当面する外交の政治課題について約一時間くらい御質問申し上げて、それからまた本会議が終わりましてから一時間くらいということでございます。まずお聞きしたいことは、五月に入りますとレーガン大統領…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 内閣委員会 第8号(1981/04/21、36期)

福井県の敦賀市の原発事故は、調査が進むにつれまして、大変に管理のずさんさからこういう大きな事故につながったということがわかってまいりまして、それだけに世間に大きなショックを与え、住民の不安をつのらせて…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 内閣委員会 第9号(1981/04/23、36期)

きょうは定年法の審議でございますけれども、大臣がちょっと所用があってお留守にしておりますので、けさ方有事法制の研究についての御報告がありましたので、こちらの方から先に入らしていただきます。まず第一に…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1981/05/12、36期)

今回、政府は退職手当を削減するいわゆる退職手当カット法案を出してこられたわけでありますけれども、この法案を提出するに至った経緯とか背景とか、あるいはどういう理由で退職金をカットしなければならないという…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1981/05/21、36期)

公務員二法の質疑について衆議院においてもいよいよ大詰めの段階を迎え、鈴木総理大臣においでを願って総括的な質問をすることになったわけでありますが、公務員二法については、定年制の導入そしてまた退職金のカッ…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1981/06/05、36期)

委員長並びに委員会のお取り計らいによりまして、今回、旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請願について若干の質問をさしていただきますことにつきまして、厚く御礼を申し上げます。かつて日本の国民は、戦争への道を…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 内閣委員会 第16号(1981/08/18、36期)

中曽根行管庁長官にお伺いいたします。七月十日に第二臨調から第一次答申が出されました。先ほど御報告のあったとおりでありますが、わが党は、再三にわたって、国民の立場、とりわけ社会的に弱い立場にある人たち…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 行財政改革に関する特別委員会 第5号(1981/10/13、36期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、行政改革に関しまして総理並びに関係大臣に質問をするものであります。私はまず鈴木総理に、行政改革は国家百年の大計であり、そしてその目指す方向は、国内にあっては…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 行財政改革に関する特別委員会 第9号(1981/10/27、36期)

公明党・国民会議の鈴切康雄でございます。本日は、第二臨調の土光会長及び圓城寺会長代理に御出席をいただきまして、ありがとうございます。臨調発足以来、わずか四カ月という短期間に精力的に審議をされまして、…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 行財政改革に関する特別委員会 第10号(1981/10/28、36期)

私は公明党・国見会議を代表して、ただいま議題となりましたいわゆる行革関連特例法案に賛成の討論を行います。賛成する理由の第一は、国民的要求である行財政改革を着実に進めるためには、部分的に問題があるとし…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1981/11/12、36期)

人事院勧告の取り扱いにつきましては、衆参の行財政改革に関する特別委員会等においても相当論議がされてまいりました。政府の答弁は、大変に財政難であるということを理由にして明確な答弁というものを避けておりま…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1981/12/21、36期)

人事院の給与勧告の取り扱いについては、政府は、財源がないことを主たる理由にして、一部凍結や実施時期の繰り延べ等の措置をとり、完全実施というものを見送ってしまいました。よき慣例を政府みずから取り崩してし…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1982/03/18、36期)

今回の法案の内容につきましては、在アンカレジ領事館を総領事館に昇格をする、そして、在アルバニア日本国大使館の新設、こういう問題については、これはもう対外的な問題であるだけに一刻も早くこの法案を通してあ…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1982/03/23、36期)

このところ内外ともに山積する政治問題がありますが、なかんずくこれから、現在を含め中長期的な問題として、高齢化社会というものが急速に進展をしてきているということ、これに対処するために今回職業安定局に高齢…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 内閣委員会 第7号(1982/03/30、36期)

総務長官は、きょうは参議院で日切れ法案の採決があるということで、五十分にはここをお立ちになるというお話でありますが、その間時間の許す限り総務長官にお伺いしてまいりたいと思っております。私がきょうぜひ…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1982/04/20、36期)

昨今の大変に厳しい財政状況の中にあって、この財政問題をどうするかということは、これは多くの国民の関心の的であります。なかんずく臨調の会長である土光さんが、増税なき財政再建を目指してということで、七月を…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 内閣委員会 第18号(1982/07/08、36期)

宮沢官房長官、大変にお忙しいところ御苦労さまです。どうしてもきょうは官房長官に来ていただいて質問を申し上げなければならない問題点は、去る六日の日に鈴木総理が参議院の内閣委員会で、鈴木内閣では防衛費は…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1982/02/16、36期)

総理、民社党、新自由クラブ・民主連合の欠席のもとに開かれた不正常な委員会は、一にかかってF4ファントムの改修問題に対する自民党の相次ぐシビリアンコントロールの形骸化と、そしてまた、それに対するシビリア…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第3号(1983/05/12、36期)

まず、自衛隊機の墜落事故について御報告が防衛庁長官からございましたので、そのことに関連しまして一言二言質問を申し上げます。四月の十九日、小牧の航空自衛隊輸送航空団第一輸送航空隊の六機編隊のC1型輸送…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第4号(1983/05/16、36期)

私は、総理だけで御答弁いただけばいいと思います。総理が今回ASEANを歴訪されまして最終的に締めくくられた演説の中で、専守防衛を貫き、軍事大国にはならない、これは単なる政策でなく過去への厳しい反省に…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1983/03/03、36期)

在外公館に勤務する公務員及び外国における邦人の生活面における最大の問題は、何といっても教育と医療にしぼられるのではないかと思うわけであります。また、そのことの基盤が整ってこそ、外国における生活に耐え得…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1983/04/12、36期)

農林水産省設置法の一部を改正する法律案についての概要は、附属機関の農業技術研究所と植物ウイルス研究所を廃止して、農業生物資源研究所と農業環境技術研究所を設置するものでありますけれども、なぜ前の研究所ま…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 内閣委員会 第7号(1983/04/19、36期)

今回提案された恩給法の一部を改正する法律等の一部を改正する法律案についてでありますが、五十八年度の恩給改善について政府のとった基本的な考え方をまずお伺いを申し上げます。昭和五十八年度予算における恩給…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 内閣委員会 第8号(1983/04/26、36期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、恩給法の一部を改正する法律等の一部を改正する法律案に対し、賛成の討論を行うものであります。近年、恩給法は毎年改正され、国家公務員給与の改定に基づき、恩給年額…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 内閣委員会 第9号(1983/04/28、36期)

臨時行政改革推進審議会設置法案が現在審議されているわけでありますけれども、この法律案は、臨調の第四次答申を受けて、臨調の任務終了後の行政改革推進体制として総理府に設置することという内容になっております…会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 行政改革に関する特別委員会 第2号(1983/09/26、36期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、今回提案されております行革関連法案及び行政改革全般にわたって、総理並びに関係大臣に質問をしてまいります。私たち公明党は、真の国民のための行政改革を実現するた…会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 行政改革に関する特別委員会 第4号(1983/09/28、36期)

総理、一昨日、私、公明党を代表いたしまして、総括でこの場所でやらしていただきました。時間の都合等がございましたけれども、きょうは幸いにして二時間ばかりの時間をちょうだいいたしました。何といっても、この…会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 行政改革に関する特別委員会 第7号(1983/10/03、36期)

公明党・国民会議の鈴切康雄でございます。本日は、土光会長及び瀬島委員に御出席をいただきましてありがとうございます。私どもは、土光会長を初め臨調の委員の皆様方の二年間にわたる御努力に対し、深く敬意を表…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(36期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22