国会議員白書トップ衆議院議員浦井洋>36期国会活動まとめ

浦井洋衆議院議員 36期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(36期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第92回国会(特別:1980/07/17-1980/07/26)  0回発言      0文字発言
  第93回国会(臨時:1980/09/29-1980/11/29)  0回発言      0文字発言
  第94回国会(通常:1980/12/22-1981/06/06)  1回発言   3329文字発言
  第95回国会(臨時:1981/09/24-1981/11/28)  0回発言      0文字発言
  第96回国会(通常:1981/12/21-1982/08/21)  0回発言      0文字発言
  第97回国会(臨時:1982/11/26-1982/12/25)  0回発言      0文字発言
  第98回国会(通常:1982/12/28-1983/05/26)  0回発言      0文字発言
  第99回国会(臨時:1983/07/18-1983/07/23)  0回発言      0文字発言
 第100回国会(臨時:1983/09/08-1983/11/28)  0回発言      0文字発言

       36期通算   (1980/06/22-1983/12/17)  1回発言   3329文字発言

本会議発言一覧

第94回国会 衆議院 本会議 第16号(1981/04/07、36期)

私は、日本共産党を代表して、原子爆弾被爆者に対する特別措置法の一部改正案について、総理並びに関係閣僚に質問をいたします。政府の提出した改正案は、医療特別手当、原子爆弾小頭症手当の創設や諸手当の引き上げを図ろうとする内容であり、確かに現行法の手直しであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(36期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第92回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第93回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  3回発言  21467文字発言
 第94回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  6回発言  41252文字発言
 第95回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言  25121文字発言
 第96回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  6回発言  32904文字発言
 第97回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第98回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  4回発言  24966文字発言
 第99回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第100回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   9619文字発言

  36期通算  69回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 69) 22回発言 155329文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

社会労働委員会
            63回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 63)  19回発言 133928文字発言

予算委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)   1回発言   9176文字発言

行政改革に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   9619文字発言

商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   2606文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第93回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1980/10/16、36期)

大臣に、まず最初の問題としてスモン患者の問題を要望したいわけであります。大臣が前に厚生大臣になられたのはちょうど十三年前。そのときに、このスモン問題というのが発生しておるわけです。それ以後スモン患者…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1980/10/30、36期)

園田大臣、私しばらく保険局長その他と数字のやりとりをしてみたいと思いますので、大臣も、もちろん御存じの数字だろうと思うのですけれども、その上で、ひとつ大臣に御意見をお聞きしたいというふうに思います。…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1980/11/07、36期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、内閣提出の健康保険法等の改正案並びに、ただいま議題となりました二つの修正案に対し、いずれも反対の立場から討論を行います。重要法案である本法案に対し、委員会で十分な…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1981/03/19、36期)

北村先生どうも御苦労さんでございます。わざわざ御出席をいただきましてありがとうございます。きょうは日赤病院の問題について少し質問をしたいと思うのですが、厚生省の方も、もちろん参考人も御存じのように、…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1981/04/14、36期)

中退金の審議、審査でありますが、私も、けさ方からずっと言われておりますように、この制度というのは中小企業に働く労働者に退職金を保障する、しかもそれに国が補助をするという点でそれなりに評価できる制度だと…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 社会労働委員会 第9号(1981/04/16、36期)

国民年金、特に最初に福祉年金の一番問題になっております老齢福祉年金の問題について、いろいろと私の意見を交えながら大臣並びに厚生省当局の御意見をお伺いしたいと私は思うのです。今度の老齢福祉年金の場合に…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 社会労働委員会 第15号(1981/05/14、36期)

医師法に関連をして、具体的に医師のモラルの問題についてちょっとお聞きをしたいのでありますが、大臣も御承知のように神戸市の北区の近藤病院の十一億六千万円に上る脱税事件、これは医師の犯罪事件として国会でも…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 社会労働委員会 第16号(1981/05/21、36期)

私は、日本共産党を代表して、まず、ただいま議題となっております原爆被爆者に対する特別措置法の一部改正案に対し、賛成の討論を行います。本改正案は、以前から要求されてきた原爆小頭症手当を創設しております…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1981/02/26、36期)

まず、委員長にちょっとお願いしたいのですが、大臣にお見せする数字の表をちょっと私、渡させていただきたいと思うのです。早速、具体的な問題に入りますけれども、まず第一の問題は、いまいろいろ取りざたをされ…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1981/10/22、36期)

まず大臣にお尋ねしたいのですが、大臣もよく御承知だと思うのですが、現行の老人医療無料化制度、これはどうやってできたか、私はこう思うのです。一九七〇年代の初めにいろんな立場の方々が、もうお年寄りやらお…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1981/10/29、36期)

どうも大臣、御苦労さまです。前回に引き続いて保健、ヘルスの方の問題について質問をしたいと思うわけです。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1982/04/01、36期)

まず最初に大臣に、きょうの昼ごろ報道があったのですけれども、注目されておりました日本医師会の会長選挙の結果がわかりました。大方の予想を裏切って、激戦の末花岡という人が次の日医の会長に就任をするというこ…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1982/04/06、36期)

大臣の所信表明に対する一般質問ということでございます。まず最初に、今春闘でも、各労働団体いずれも、労働時間の短縮というのを運動の柱の非常に大きなものにしておるわけでありまして、労働時間問題についてお…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1982/04/13、36期)

朝から大分いろいろ議論がございまして、多少私も重複するかとも思うのですけれども、この法案についていろいろ疑問点を大臣以下労働省の幹部の諸君にお伺いをしたいのです。まず、当初、昭和三十年代から、労働者…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1982/04/15、36期)

私は、日本共産党を代表して、国民年金法等の一部を改正する法律案に反対、五野党共同提案の修正案に賛成の立場から討論を行います。現在年金受給者は千五百万人余にも及び、年金は、お年寄りや障害者など経済的に…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 社会労働委員会 第11号(1982/04/27、36期)

私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となっております原爆被爆者に対する特別措置法の一部改正案に反対、野党五党の提案に係る原子爆弾被爆者等援護法案を実現させる立場で討論を行います。本改正案は、医療…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1982/08/09、36期)

まず最初に委員長に申し上げておきたいのです。定例口外というよりも、水曜日とか金曜日にやったことはあるけれども月曜日にこういうことをやるというのは異例中の異例、ハプニングだ。そういう点で私は委員長に、…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1983/03/03、36期)

単刀直入にお聞きをしたいのですが、二月一日から老人保健法が実施をされて、その直前に診療報酬改定、特に老人特掲診療料というものが設けられて、そこでここ数日間新聞をにぎわわせておるのですが、入院中の老人の…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1983/03/24、36期)

午前中同僚委員から、この改正案についていろいろ御批判があったので、余りダブるところは省略をいたしますけれども、肝心の障害年金だとか遺族年金、こういうものの引き上げが見送られておるわけですね。去年一カ月…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1983/05/19、36期)

まず最初に、森井委員にお尋ねをしたいのです。私も社労になって足かけ八年になるのですが、原爆二法が通常国会に提出をされなかったというのは、少なくとも私が社労になってから今回が初めてであります。今回は、…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1983/04/27、36期)

二十分足らず時間をいただきまして、この法律の中の薬事法改正案の部分について厚生省にお尋ねをしたいと思うのです。のっけからもう法案の内容に入りますけれども、私は、この法改正をきっかけにいたしまして、薬…会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 行政改革に関する特別委員会 第9号(1983/10/06、36期)

私は、最初にちょっと委員長に申し上げたいのですが、各委員にお配りした質問要旨を見ていただいてもわかるように、「増税なき財政再建」についてということで、政府の意図を酌んでいまいろいろと増税の具体策を練っ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(36期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 36期(1980/06/22〜)  1本提出

質問主意書一覧

老人保健法の施行に伴う老人の歯科治療及び歯科診療報酬改定に関する質問主意書
第98回国会 衆議院 質問主意書 第19号(1983/04/15提出、36期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員
データ更新日:2019/02/20