井上一成衆議院議員 36期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(36期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

  第92回国会(特別:1980/07/17-1980/07/26)  0回発言      0文字発言
  第93回国会(臨時:1980/09/29-1980/11/29)  1回発言   2617文字発言
  第94回国会(通常:1980/12/22-1981/06/06)  0回発言      0文字発言
  第95回国会(臨時:1981/09/24-1981/11/28)  0回発言      0文字発言
  第96回国会(通常:1981/12/21-1982/08/21)  0回発言      0文字発言
  第97回国会(臨時:1982/11/26-1982/12/25)  0回発言      0文字発言
  第98回国会(通常:1982/12/28-1983/05/26)  0回発言      0文字発言
  第99回国会(臨時:1983/07/18-1983/07/23)  0回発言      0文字発言
 第100回国会(臨時:1983/09/08-1983/11/28)  0回発言      0文字発言

       36期通算   (1980/06/22-1983/12/17)  1回発言   2617文字発言

本会議発言一覧

第93回国会 衆議院 本会議 第13号(1980/11/07、36期)

日本社会党を代表し、昭和五十三年度決算及び関連事項について、総理並びに関係大臣にお尋ねをいたします。五十三年度予算は、前年度の当初予算に比べて二〇・三%の伸び、一般の公共事業関係費は三四・五%の大幅増を示していたのであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(36期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第92回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   9745文字発言
 第93回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  6回発言  54295文字発言
 第94回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  2) 16回発言 194947文字発言
 第95回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  2回発言  28571文字発言
 第96回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  1)  7回発言  90927文字発言
 第98回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  4)  7回発言  80387文字発言
 第99回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言
第100回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  2)  3回発言  44657文字発言

  36期通算  57回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 47 委員 10) 42回発言 503529文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

決算委員会
            47回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 47 委員  0)  40回発言 494886文字発言

交通安全対策特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)   0回発言      0文字発言

予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   1回発言   1784文字発言

文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

行政改革に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   6859文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

決算委員会理事(第92回国会)
決算委員会理事(第93回国会)
決算委員会理事(第94回国会)
決算委員会理事(第95回国会)
決算委員会理事(第96回国会)
決算委員会理事(第98回国会)
決算委員会理事(第99回国会)
決算委員会理事(第100回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第92回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1980/09/04、36期)

まず、私は、昨日二十九年ぶりに中国から帰国された伊藤律氏について若干の質疑をいたしたいと思います。外務省にお尋ねをしたいのですけれども、帰国に至るまで伊藤律氏に事情聴取をされた事実経過について、ここ…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 決算委員会 第1号(1980/10/15、36期)

まず、私は官房長官に。今回、小倉簡裁の判事であった安川元判事、いわゆる罷免訴追を逃れるために、福岡県の久山町長選に出馬をした、このことは、内閣もそうでしょうが、国民感情として何か割り切れないものがあ…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1980/10/20、36期)

来年は国際障害者年ということであります。障害者に対する差別をなくし、障害者の経済的自立を奨励していく、そういうことによって障害者の社会的地位が向上されていく。私は、社会を構成するそれぞれの人がその能力…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1980/11/04、36期)

官房長官に私は、会計検査院の機能強化、権限強化という意味で院法の改正が再三にわたって論じられてきたわけでありますが、この院法改正についての内閣のいままで取り組んでこられた経緯並びにこれからの取り組みに…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1980/11/11、36期)

余り時間がありませんが、まず、せんだって日銀が公定歩合を引き下げたわけです。これに関連して、消費者物価にどうはね返っていくかということですが、アメリカがレーガン氏の圧倒的勝利で終わって、それがドルの復…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 決算委員会 第5号(1980/11/13、36期)

まず私は最初に、農林水産省に対して、いわゆる総予算の一制あるいは一割以上を、構造対策なり生産増強対策なり価格政策あるいは所得政策、そういうことに取り組むことが農林水産省の所期の目標である、こういうよう…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1980/11/20、36期)

まず最初に、新聞で報じられるところですが、四十六兆五、六千億円にしたいという来年度の概算数字が出たわけです。非常に財政事情が厳しいという中で、今後のいろいろな公共事業に対する取り組み等について、まず大…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 決算委員会 第1号(1981/03/03、36期)

まず、官房長官に私は確認をしておきたいと思うのですが、衆議院の委員会先例集に「決算等の審査」、詳しく明記されているのですが、当然この明記されたことについては十分尊重し、かつそれを守る立場を明確にされて…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1981/03/19、36期)

私は、質疑に入る前に特に委員長に、午前中よりわが党は、委員会審議に当たっては定足を十分足るに配慮していただきたいということを強く要望しておきました。貴重な時間、私に与えられたすべての時間を質問すること…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1981/03/24、36期)

前回に続いて、国土庁長官に私は関西新空港建設について関連してお尋ねをしたいと思います。航空審の答申を尊重するという意思は前回確認をしたわけでありますが、さらにここで、新空港建設については周辺整備は本…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 決算委員会 第5号(1981/03/26、36期)

まず、環境庁所管の五十三年度決算の質疑に際して、数点にわたって私から質問をいたします。鯨岡長官とは、公私にわたって御指導いただいておるわけでありますけれども、お互いの立場に立っていかに環境行政を充実…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1981/04/07、36期)

私は、まず日米関係について防衛庁長官にお尋ねをしたいと思います。さきに外務大臣が訪米をされて、レーガン大統領、ヘイグ国務長官、ワインバーガー国防長官との一連の会談をなされたわけでありますが、その報告…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 決算委員会 第7号(1981/04/09、36期)

私は、まず昨今、行政改革がその中心的な政治の課題に入ってきたわけです。もちろん適材適所、むだのない行政を推し進めていくということについてはもう論を待たないわけでありますが、法務大臣に、とは言うものの法…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1981/04/14、36期)

私は、行政管理庁の主管の質疑に入る前に、一つ中曽根長官に伺っておきたいと思うことがあります。代理着席〕会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 決算委員会 第9号(1981/04/17、36期)

私はまず、厚生省が常に社会福祉のかかわりの中で、大臣を中心に一生懸命御苦労いただいておる、そのことについては心から多とするものであります。戦前は、御承知のように富国強兵、強い軍隊を持つことが国が富む…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 決算委員会 第10号(1981/04/20、36期)

私は、まず冒頭に、敦賀原発の事故にかかわる問題について質問をいたします。政府は、先般の敦賀原発の事故の原因あるいは現在までの調査の経過等も踏まえて、まずは報告を願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 決算委員会 第11号(1981/04/27、36期)

まず私は、理事会でも申し上げておりましたように、社会党に与えられた一時間四十二分の質疑の中で通産大臣にじかに答弁をしていただきたい分がありますので、前もって通産大臣の出席を要求しておきます。まず大蔵…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 決算委員会 第12号(1981/05/13、36期)

まず私は労働大臣に、労働大臣の所信表明に「労働行政がまず第一に取り組むべき課題は、この高齢化社会に対応する施策の推進」である、こういうことを申されているわけです。まさに高齢化社会の中にあっての行政が第…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 決算委員会 第14号(1981/06/03、36期)

財政再建という厳しい情勢の中で、社会資本の充実、公共事業の促進、あらゆる面で建設省が御苦労いただいているということについては十分認識をし、その御苦労を多としたいと思います。そこで、私は最初に、関西新…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 決算委員会 第15号(1981/07/21、36期)

私は、まず、学校教育上きわめて重要な役割を持つ教科書問題について質疑をしたいと思います。まず、教科書の検定の法的根拠、さらには具体的な要領についての説明を願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 決算委員会 第16号(1981/08/04、36期)

私は、まず冒頭に、政治資金について少し大臣に見解をただしておきたいと思います。すでにけさの新聞で政治資金収支報告が公表されているわけです。かねてより政治資金については、その明瞭化を強く求められている…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 決算委員会 第17号(1981/09/08、36期)

まず私は、通産大臣が就任以来各地域に行かれて、大変通産行政に熱心に取り組んでいらっしゃることについては、まずはその御苦労をねぎらっておきたいと思います。わが国の経済が対中東地域との相互依存関係を今後…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1981/02/04、36期)

私は、武器輸出の問題について二、三触れて質問をいたします。まず、堀田ハガネの韓国に対する武器部品の輸出についてですが、このことについてはクレームがつき、再加工をして日本から再輸出をされているわけです…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 決算委員会 第1号(1981/10/16、36期)

私は、常々、世界のすべての国からなくすべきは核と差別であり、守るべきは平和と人権であるということを強く訴えてまいりました。ところで今日、強いアメリカを志向するレーガン大統領に比べて、世界における人権…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1981/10/22、36期)

私は、大臣に、今国会が行革国会と言われるほど、いわゆるむだのない行政、さらには社会全体がむだのない社会をつくり出そう、とりわけわれわれは国民に対する負担をこれ以上押しつけてはいけない、そういう国民の負…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1982/04/19、36期)

フランス共和国のミッテラン大統領が今回わが国を訪問いたされました。今回のミッテラン大統領の訪日をどのようにお受けとめになっていらっしゃるか、まずは外務大臣からお答えをいただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1982/05/12、36期)

まず私は、大蔵大臣に、去る六日、伊藤防衛庁長官が、国民は国、内閣、政府などを行政主体として、甘え、ゆすり、たかりの対象としか見ていない。国に対して求めるのは、ゆすり、たかり、おねだりのようなことばかり…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1982/05/13、36期)

私は、沖縄復帰十年を目前に控えたきょう、沖縄の空の問題について事実を追って質問をいたします。まず、今日のわが国の航空管制はどのように行われているのか、管制業務の種類はどのようなものがあるのか、この点…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1982/07/07、36期)

私は、日本中央競馬会が、種馬の輸入に関して数多くの疑惑がその中にあるというそういう観点から中央競馬会の種馬購入にかかわる問題にしぼって質問をいたしたいと思います。まず、私と週刊宝石のスタッフが、五十…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 決算委員会 第7号(1982/08/10、36期)

私は、まず最初に、教科書問題について触れておきたいと思うのです。すでに何回か本院でも議論が尽くされているわけでありますけれども、いまや教科書問題は国内問題というよりも外交問題に発展をしている。さらに…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 決算委員会 第9号(1982/09/21、36期)

国益を考えるときに、外交問題の処理ということは大変重要であると私は思います。一つ間違えば国際的に孤立化をしてしまう、あるいは紛争、戦争への中に立たされてしまう、そういうことから考えますと、外務省の仕事…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 決算委員会 第10号(1982/10/12、36期)

まず、私は、最初に防衛庁長官に、人勧の凍結なりあるいは社会保障予算が切り詰められるという逼迫した今日の財政状況を、閣僚の一員としてどのように受けとめていらっしゃるか伺っておきたいと思います。ちなみに…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1983/03/22、36期)

私は、最初に、今回、原油の基準価格一バレル当たり五ドル引き下げの二十九ドルに決定された、このことについては世界経済に与える影響は大であると思います。まず経企庁長官に、今回の原油引き下げは世界経済にど…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1983/03/23、36期)

中曽根内閣が誕生して、いち早く中曽根総理は韓国を訪問し、引き続いてアメリカ訪問と、いわゆる一連の外交日程の消化、あるいはまた予算委員会等での答弁等、国民の多くはいま中曽根内閣の持つタカ派的、軍事的なき…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1983/03/25、36期)

私はまず最初に、臨調の答申を受けた行革、その行革に伴って削減される労働者、特にそのしわ寄せが高齢労働者に加わるのではないだろうか、この点についての大臣の見解。さらには人勧が持つ意味。本来、人事院勧告…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 決算委員会 第5号(1983/05/11、36期)

まず私は、優生保護法の改正の問題について尋ねておきたいと思います。優生保護法第十四条第一項四号の「経済的理由」を削除しようとする動きがあります。しかしこの改正には、次のような重要な問題があるわけです…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1983/05/19、36期)

まず、中曽根総理は就任以来、韓国訪問、引き続いての訪米、さらにはせんだってのASEAN訪問と大変御苦労さまでございます。なお引き続いて、国会終了後サミットに出かけられるわけでありますけれども、サミッ…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1983/07/07、36期)

私は、いま人権保障の国際的水準が強調されている折であり、さらには国際人権規約等にうたわれている人権尊重、内外人平等の原則等に照らした中で、わが国に在留する外国人の人権を尊重することはもとよりであります…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 決算委員会 第9号(1983/07/08、36期)

まず最初に私は、国道四百二十三号の延伸についてですが、この点については従前から建設省に強く要望いたしておるわけでありますけれども、百七十一号以北への延伸計画がどのようになっているのか、地方道整備とあわ…会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 決算委員会 第1号(1983/09/29、36期)

まず、私は、昨年の七月七日の当委員会で、外国産の種牡馬の購買に関する具体的な疑惑について指摘をしました。その指摘をした問題、さらには、競馬会に対して私が指摘をした購入馬以外に対する疑惑解明の努力をする…会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1983/10/06、36期)

秋たけなわ、文化を叫ぶきょうこのごろです。文化の日が近づくにつれて文化論が台頭してくるわけですけれども、私は、まず最初に、国際理解を深める、そういう意味では国際文化交流のさらなる一層の努力がいま必要で…会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 行政改革に関する特別委員会 第9号(1983/10/06、36期)

むだのない行政、国民のための効果ある行政を推し進めていく、これはまさに行政改革の中心的課題であるわけであります。経済不況の長引く中で国家財政が逼迫する。そういう中で、歳入欠陥さらには歳入捻出の一つの議…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(36期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 36期(1980/06/22〜)  5本提出

質問主意書一覧

武器輸出に関する質問主意書
第94回国会 衆議院 質問主意書 第3号(1980/12/23提出、36期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

特殊鋼輸出商社「株式会社堀田ハガネ」の武器半製品輸出に関する質問主意書
第94回国会 衆議院 質問主意書 第5号(1981/01/08提出、36期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

関西新空港並びに大阪国際空港に関する質問主意書
第95回国会 衆議院 質問主意書 第19号(1981/11/27提出、36期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

人事院の体質に関する質問主意書
第99回国会 衆議院 質問主意書 第3号(1983/07/21提出、36期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

インドネシアアサハン開発プロジェクトに対する我が国の経済協力に関する質問主意書
第99回国会 衆議院 質問主意書 第16号(1983/07/23提出、36期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12