中馬弘毅衆議院議員 36期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(36期)

34期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議

本会議発言統計

  第92回国会(特別:1980/07/17-1980/07/26)  0回発言      0文字発言
  第93回国会(臨時:1980/09/29-1980/11/29)  0回発言      0文字発言
  第94回国会(通常:1980/12/22-1981/06/06)  2回発言   8649文字発言
  第95回国会(臨時:1981/09/24-1981/11/28)  0回発言      0文字発言
  第96回国会(通常:1981/12/21-1982/08/21)  0回発言      0文字発言
  第97回国会(臨時:1982/11/26-1982/12/25)  0回発言      0文字発言
  第98回国会(通常:1982/12/28-1983/05/26)  0回発言      0文字発言
  第99回国会(臨時:1983/07/18-1983/07/23)  0回発言      0文字発言
 第100回国会(臨時:1983/09/08-1983/11/28)  0回発言      0文字発言

       36期通算   (1980/06/22-1983/12/17)  2回発言   8649文字発言

本会議発言一覧

第94回国会 衆議院 本会議 第10号(1981/03/07、36期)

私は、新自由クラブを代表して、昭和五十六年度予算案に対し、反対の討論を行うものであります。わが国の政治は、依然として政権交代のないまま、自民党単独の政権が二十五年以上も続いているわけでありますが、その中にあって、ここ数年は与野党伯仲という事態を踏まえ、国会審議では原案を修正するなど、野党の意見も取り………会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第25号(1981/05/15、36期)

鈴木総理には、年初のASEAN五カ国訪問に続き、このたびはアメリカ、カナダと積極的に訪問外交を展開されていることの労をねぎらうとともに、国際的友好関係の中でしか生きていけないわが国の立場からして、その外交重視の姿勢を評価するものであります。もちろん、訪問すること自体に意義はあるものの、しかし問題は、………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(36期)

34期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第92回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第93回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  8回発言  26977文字発言
 第94回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23) 10回発言  44187文字発言
 第95回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言   3281文字発言
 第96回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  8回発言  42744文字発言
 第97回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第98回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  6回発言  27969文字発言
 第99回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
第100回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  3回発言  13371文字発言

  36期通算  97回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 97) 36回発言 158529文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

運輸委員会
            51回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 51)  20回発言  80510文字発言

安全保障特別委員会
            27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  10回発言  36741文字発言

予算委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)   3回発言  26852文字発言

建設委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言

内閣委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   2回発言   8789文字発言

地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   5637文字発言

外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

行財政改革に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第93回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第3号(1980/10/27、36期)

最近、防衛論議が大きく高まっていることは大いに結構なことだと思うのです。ただ、まだその議論が十分でないままに、少し実行面のことが先に走り出しているように思うのですね。五十六年度の予算の防衛庁概算要求も…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第4号(1980/11/05、36期)

日本の大方の国民の感情というのは、憲法九条があろうがなかろうが、ソ連に向かって日本が攻めていきたいだとか、あるいは朝鮮征伐をしたいだとか、大東亜共栄圏の主導権を求めるために日本の自衛隊を出していきたい…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第5号(1980/11/10、36期)

時間の割り当てが少のうございますので、答弁は手短かにお願いしたいということを御要請しまして、質問に移ります。まず第一点、前回この安全保障特別委員会で問題になりました北朝鮮潜在脅威論、これが、議論がち…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1980/10/15、36期)

きのう新任の大臣が、所信といいますか、あいさつをされたわけですが、その中で、限られた財源での効率的な投資ということをおっしゃったわけで、これは非常に私たち評価をするわけでございますけれども、その効率的…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1980/10/17、36期)

もう何回かこの国鉄再建計画というのは出されて、その都度目標は達成されていないわけです。またまたこういうことで出てきているわけでございますけれども、それこそオオカミ少年じゃございませんが、また達成は無理…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1980/10/24、36期)

いま非常に大きな問題になっております三K赤字の一つが国鉄であるわけでございますけれども、三Kいずれをとりましても、やはり根本的な制度そのものを改革していかなければ解決にならないと思うのですね。少々の手…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 運輸委員会 第7号(1980/10/28、36期)

このところ交通面の時代的な背景がずっと大きく変わってきているわけです。高度成長時代のように利用者がどんどんふえるわけでもなければ、あるいは道路も山奥まで整備されて、農家の自動車の保有率はほぼ一〇〇%と…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 運輸委員会 第8号(1980/10/31、36期)

私は、新自由クラブを代表して、政府提案に係る日本国有鉄道経営再建促進特別措置法案並びに加藤六月君外三名提出の同修正案に賛成、久保三郎君提出の修正案に反対の討論を行います。わが日本国有鉄道の財政が赤字…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第3号(1981/04/13、36期)

今回の事件は大変遺憾なことでございますし、日本の今後の対応が非常に大事になってこようかと思います。先ほどからの御答弁によりますと、事実関係については大体、御答弁の趣旨はわかりましたけれども、しかし単…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第4号(1981/04/20、36期)

外務大臣が途中で退席されるようなので、少し脈絡がおかしくなりますが、外務大臣に先にお尋ねしたいと思います。今回の原子力潜水艦の衝突事故につきましては、日米安保体制に非常に問題が出てくる、日本人のアメ…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第6号(1981/05/08、36期)

今度の有事法制についてでございますが、自衛隊はその任務を遂行するために、一つのそういう有事の場合の研究をされることはもちろん当然でございますし、これが三年半もかかったということ自体が、遅きに失したよう…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第9号(1981/07/15、36期)

防衛庁長官の訪米、訪欧についての御報告を受けましたが、正直申しまして非常に失望したというか、内容にしましても非常に大ざっぱでございますし、数字的な詰めも余りできておりませんし、また同時に、この中身がも…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1981/03/24、36期)

日本航空株式会社法の一部を改正する法律案の審議が続いているわけでございますが、この法案が提案されたそもそもの経緯を考えますときに、これは五十五年の十二月二十九日、今後の行政改革の推進についての閣議決定…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1981/03/27、36期)

公団は十五年間にわたりましてバースの建設に取り組んでこられたわけで、四十六年、四十七年、四十八年くらいを事業費のピークとして現在ずっと少なくなってきております。今後の状況を見たときに、事業費はずっとこ…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 運輸委員会 第8号(1981/04/10、36期)

まず、厚生省にお尋ねをいたします。生活水準の高度化によって一般家庭の廃棄物は発生量が増大いたしますし、産業廃棄物もGNPの増大につれてふえてくるわけでございまして、その捨て場が問題になっていることは…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1981/04/17、36期)

日米関係の緊密さを損なわないためにも、余りアメリカに遠慮する必要はないと思うのですね。だから、軍事機密まで立ち入って調べる必要はないですけれども、しかし海難事故としての徹底した原因の究明はすべきだと思…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1981/05/26、36期)

私は、新自由クラブを代表して、このたび加藤六月議員外九名の提出に係る全国新幹線鉄道整備法の一部を改正する法律案に対し、反対の討論をするものであります。御高承のとおり、現在は財政再建、国鉄再建の途上で…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1981/02/10、36期)

まず、今回の補正予算に関連して、総理に一言、確認をとっておきたいと思います。政府・与党は、財政再建を重要課題として増税と値上げの路線を進んでおられるわけでございますけれども、それにもかかわらず、さき…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第2号(1981/11/09、36期)

外務大臣は先月、十月二十二、二十三日、総理とともにメキシコ・カンクンにおける南北サミットに出てこられたわけでありますけれども、この南北関係について少し日本の安全保障の問題からお尋ねをしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第3号(1982/04/12、36期)

まず、外務大臣にお尋ねしたいと思います。日本の安全保障にかかわる最近の国際情勢についての政府の姿勢を少しお聞きしたいと思うのですが、国際的な経済停滞で、各国とも多くの困難な国内問題を抱えております。…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1982/02/23、36期)

大臣の所信表明に対する質問をさせていただきます。運輸大臣は、今回の所信表明の重点事項の第一として、国有鉄道の再建の問題を挙げておられます。大臣が、はからずもか、買って出られたか、それはともかくといた…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 運輸委員会 第8号(1982/03/30、36期)

わが国は、御存じのように貿易立国でございます。ほとんどの輸出入品目を海外、そして船に依存しているわけですが、海上運賃に大きく負うことは、日本の国民生活にまでそれが響いてくるわけでございまして、やはりそ…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 運輸委員会 第11号(1982/04/07、36期)

今回の道路運送車両法の一部を改正する法律案ですが、これは行政改革論議の中から出てきているわけでございます。一昨年、中曽根長官が、国民の要望も受けてこれに取り組むということを表明されて以来ずっと審議が続…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 運輸委員会 第12号(1982/04/09、36期)

午前中からずっと長時間御苦労さまでございます。私が最後でございますので、ほとんどの方が重要なことをお聞きになりましたので、簡単に御質問だけしてみたいと思います。ずっと聞いておりますと、今回の法改正に…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1982/04/14、36期)

私は、新自由クラブ・民主連合を代表して、政府提案になる道路運送車両法の一部を改正する法律案に対し反対、修正案に賛成の討論を行うものであります。いわゆる車検延長問題は、行政改革の一環として、自動車の技…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 文教委員会 第12号(1982/04/23、36期)

法案の中身に入る前に、基本的なことを少しお伺いさせていただきたいと存じます。わが国ではいわゆる私学助成が制度化されておりますけれども、私学といいますものは、国の公的な教育のほかに、一つの宗教的な理念…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1982/02/24、36期)

鈴木総理は、行政改革に政治生命をかけるとおっしゃっております。これは、日本の二十一世紀を目指した経済社会の活力を大きく飛躍させる意味におきましても、私たちはこれを大いにバックアップしたいと思っているの…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第4号(1983/05/16、36期)

限られた時間でございますので、こちらの要望も含めまして総理に三点ほど基本的な御見解をお伺いしておきます。ASEANをずっと御歴訪なさいまして御苦労さまです、こう申し上げますが、韓国、米国そして東南ア…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1983/02/23、36期)

大臣に対する基本的なお考えをお聞きいたしますので、原則として大臣が直接お答えいただきたいと思います。余り細かい問題はここではお尋ねいたしません。むしろ運輸行政を今後進めていかれる、また、政策立案をされ…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1983/03/25、36期)

遅きに失したとはいいましても国鉄が民営の方向に動き出した、その緒についたということを私たちは評価したいと思っています。私たちは六年前、その前には党はなかったのですが、そのときに私も本会議でやりましたが…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1983/04/05、36期)

それぞれの参考人の方々、それぞれのお立場からの御意見ありがとうございました。まず、雨宮参考人にお伺いいたします。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 運輸委員会 第9号(1983/04/13、36期)

いまからちょうど六年前になります。国鉄の例の運賃法定制を撤廃する法案が出てまいりました。議事録を見ますと五十二年四月十二日ですから、本当にちょうど六年前なんですけれども、このとき私どもが、国鉄はいずれ…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1983/03/08、36期)

わが会派の楢崎委員の質問において、通産省と外務省の見解が違うということで問題になり、きょう政府統一見解が冒頭になされたわけでございます。いわゆる武器輸出の問題でございます。そこで、山中通産大臣は、本…会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1983/10/05、36期)

行政改革の法案も出てまいっておりまして、それに関連いたしまして運輸省は組織の再編をされます。これも長年私もこの場でも口を酸っばくして言ってきたことでもございますが、運輸省というのは局あって省なしだ、し…会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1983/10/06、36期)

大分夜も更けてまいりまして、長官も長時間お疲れでしょうから、余り細かい問題ではなくて、資料もなく率直にお答えいただいたらいいような問題を少しお尋ねさせていただこうかと思います。これも細かい問題が大事…会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1983/10/11、36期)

与えられた時間が十分しかございま…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(36期)

34期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12