吉原米治衆議院議員 36期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(36期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第92回国会(特別:1980/07/17-1980/07/26)  0回発言      0文字発言
  第93回国会(臨時:1980/09/29-1980/11/29)  1回発言   1906文字発言
  第94回国会(通常:1980/12/22-1981/06/06)  0回発言      0文字発言
  第95回国会(臨時:1981/09/24-1981/11/28)  0回発言      0文字発言
  第96回国会(通常:1981/12/21-1982/08/21)  0回発言      0文字発言
  第97回国会(臨時:1982/11/26-1982/12/25)  0回発言      0文字発言
  第98回国会(通常:1982/12/28-1983/05/26)  1回発言   2606文字発言
  第99回国会(臨時:1983/07/18-1983/07/23)  0回発言      0文字発言
 第100回国会(臨時:1983/09/08-1983/11/28)  0回発言      0文字発言

       36期通算   (1980/06/22-1983/12/17)  2回発言   4512文字発言

本会議発言一覧

第93回国会 衆議院 本会議 第11号(1980/11/04、36期)

今日まで審議を進めてまいりました日本国有鉄道経営再建促進特別措置法案に対して、私は、日本社会党を代表し、そして、いま、全国で廃止が予定されている特定地方交通線を抱え、悩み、そして不安にさらされている多くの沿線利用者の立場から、強く政府原案に反対の意見を表明するものであります。(拍手)反対理由の第一は………会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第16号(1983/04/15、36期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま議題となりました日本国有鉄道の経営する事業の再建の推進に関する臨時措置法案の原案及び修正案に対し、反対の討論を行うものであります。まず最初に、私は、国鉄経営が今日のごとく破局的危機を迎えざるを得なかった原因を考えるとき、歴代自民党内閣の責任はきわめて重かつ大なるも………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(36期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第92回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第93回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  0)  2回発言  24773文字発言
 第94回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員  0)  5回発言  39938文字発言
 第95回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第96回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員  1)  6回発言  39773文字発言
 第98回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  4)  5回発言  29325文字発言
 第99回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   6506文字発言
第100回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  1回発言   4461文字発言

  36期通算  61回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 53 委員  8) 20回発言 144776文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

運輸委員会
            53回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 53 委員  0)  18回発言 133688文字発言

災害対策特別委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)   1回発言   6506文字発言

内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   4582文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

運輸委員会理事(第92回国会)
運輸委員会理事(第93回国会)
運輸委員会理事(第94回国会)
運輸委員会理事(第95回国会)
運輸委員会理事(第96回国会)
運輸委員会理事(第98回国会)
運輸委員会理事(第100回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第93回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1980/10/14、36期)

ただいま大臣の方からごあいさつがございましたが、そのごあいさつの中で触れられております一番大きな課題は国鉄再建法の課題でございますが、この再建法についての質疑は明日集中的にやらしていただきますので、き…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1980/10/15、36期)

引き続き国鉄再建法につきまして、同僚議員の後を継ぎまして、主として私はローカル線を中心に質問を行いたいと存じます。と同時に、国鉄の経営のあり方、あるべき姿というものについて、ローカル線に関連をさせなが…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1981/03/20、36期)

私は、今回の日航法の改正に当たりまして、以下大きく四点にわたって申し上げる理由に基づきまして、その改正の必要はないんじゃないか、そういう観点から質問を行います。むしろいま必要なことは、日航の会社の経営…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1981/03/24、36期)

いまのHSSTの話でございますが、国鉄とどちらが早く実用化されるかという質問でございますけれども、少なくとも私が承知しておる限り、日航の方がかなり遅くから研究を開始されて、技術面では一歩リードされてお…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1981/04/17、36期)

大臣に最初にお尋ねをいたしますが、連合審査の過程でも、このセンター法は組織法だから云々というお答えをしばしばされ続けてきておるわけでございますが、私は単なる組織法じゃないのではないかという気がしてなら…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 運輸委員会 第11号(1981/05/13、36期)

きょうは、運輸省並びに大蔵省、労働省三省に来ていただきまして、交通事故の後遺障害の等級の認定について、限られた時間でございますが、質問をしたいと思います。短時間ですから、質問も簡潔にやりますから、答弁…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1981/05/26、36期)

いま政府挙げて行政改革に取り組んで、鈴木総理はそのことに政治生命をかけるとまで言われております。そうした現在、このような法案が提案されること自体不可解千万、提案者の良識をさえ疑いたくなるわけでございま…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1982/03/19、36期)

同僚小林議員とできるだけ重複をしないように、引き続いてこの旅行業法の改正案について質問を続けたいと思います。いま政府側委員の御答弁を聞いておりますと、どうしても不可解な点がございます。特に、労働省職…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1982/03/23、36期)

前回の質問で若干漏れた点がございますので、三十分の間にお尋ねをしたいと思います。最初に、添乗員に関する問題について二つほどお尋ねをしたいと思いますが、添乗員の資質を向上させるため、あるいは研修の内容…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 運輸委員会 第7号(1982/03/24、36期)

同僚議員、大幅に時間を使ってもらいましたので、私はあと三十分余りしかございません。したがって、きょうは日本航空機製造株式会社の問題を集中的にお尋ねをしたいわけでございます。その前段に、佐世保重工の火災…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1982/04/06、36期)

今回の法律改正について、過般の委員会で大臣からの提案理由の説明がございました。最初に、この大臣の提案理由の説明について、肝心な視点が抜かっておるのじゃないかと思って、あえて私は聞かしていただきたいわけ…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 運輸委員会 第12号(1982/04/09、36期)

四人の参考人の方にそれぞれ、持ち時間三十分しかございませんので、簡潔にお尋ねをさせていただきますが、きょうは大変御苦労さまでございました。午前中に四人の参考人の方の御意見を聞かせていただいたわけでご…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 運輸委員会 第15号(1982/04/21、36期)

昨年の七月六日に運政審答申が発表されましてから約十カ月経過したわけでございますが、この間は言うに及ばず、全国的にもさまざまな波紋をこの運政審答申はもたらしておるわけでございます。代表的な例としては、…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1983/02/22、36期)

最初に、大臣の所信表明についてお尋ねをいたしたいと存じます。大臣は所信表明演説の中で、第一に日本国有鉄道の事業の再建についてお触れになっていらっしゃいます。午前中同僚小林議員が国鉄問題についてかなり…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1983/03/25、36期)

最初にお尋ねしたい点は、今回の日本国有鉄道の経営する事業の再建の推進に関する臨時措置法案、大変長い名称の法律でございますが、ちまたでは国鉄再建の監理委員会法というのが俗称的に言われておるわけでございま…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 運輸委員会 第9号(1983/04/13、36期)

私は、日本社会党を代表して、日本国有鉄道の経営する事業の再建の推進に関する臨時措置法案の原案及び修正案に反対の立場から討論を行います。まず第一に、本案の目玉である監理委員会の設置とその役割りでありま…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1983/04/27、36期)

質問時間が三十分ということになっておりますので、お答え願う政府委員の皆さん、ひとつ簡潔に、要領よくお答え願いたいと思います。私は、船員の雇用の促進に関する特別措置法の一部を改正する法律案について、数…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 商工委員会 第14号(1983/05/10、36期)

私は、今回提案の外国事業者による型式承認等の取得の円滑化のための関係法律の一部を改正する法律案、この法案の中の道路運送車両法の一部改正について重点的にお尋ねをいたしたいと存じます。最初にお尋ねをした…会議録へ(外部リンク)

第99回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第3号(1983/08/04、36期)

昭和五十八年の七月集中豪雨に伴いまして被災をされた方々に心からお見舞いを申し上げますとともに、特に亡くなられた百十二名の方々の御冥福をお祈りしたいと存じます。また、今回の災害が発生しまして、とかく政…会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1983/10/05、36期)

ただいま議題となりました本法案についてでございますが、せっかくの提案でございますけれども、私どもはどうしても納得いかない、賛成するというわけにまいらない法案でございます。したがって、時間の制約はござい…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(36期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員
データ更新日:2019/02/20