中西績介衆議院議員 36期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(36期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議

本会議発言統計

  第92回国会(特別:1980/07/17-1980/07/26)  0回発言      0文字発言
  第93回国会(臨時:1980/09/29-1980/11/29)  0回発言      0文字発言
  第94回国会(通常:1980/12/22-1981/06/06)  0回発言      0文字発言
  第95回国会(臨時:1981/09/24-1981/11/28)  0回発言      0文字発言
  第96回国会(通常:1981/12/21-1982/08/21)  0回発言      0文字発言
  第97回国会(臨時:1982/11/26-1982/12/25)  0回発言      0文字発言
  第98回国会(通常:1982/12/28-1983/05/26)  0回発言      0文字発言
  第99回国会(臨時:1983/07/18-1983/07/23)  0回発言      0文字発言
 第100回国会(臨時:1983/09/08-1983/11/28)  0回発言      0文字発言

       36期通算   (1980/06/22-1983/12/17)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(36期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第92回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第93回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 14)  8回発言  67572文字発言
 第94回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員 19) 12回発言  97595文字発言
 第95回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  3)  2回発言  19770文字発言
 第96回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 21) 12回発言 117001文字発言
 第97回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第98回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  7)  3回発言  35770文字発言
 第99回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  2)  1回発言  14566文字発言
第100回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言

  36期通算 121回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 51 委員 70) 38回発言 352274文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

文教委員会
            65回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 65)  20回発言 230481文字発言

石炭対策特別委員会
            52回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 51 委員  1)  15回発言  94255文字発言

内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言  12149文字発言

議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   4871文字発言

行財政改革に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言  10518文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

石炭対策特別委員会理事(第92回国会)
石炭対策特別委員会理事(第93回国会)
石炭対策特別委員会理事(第94回国会)
石炭対策特別委員会理事(第95回国会)
石炭対策特別委員会理事(第96回国会)
石炭対策特別委員会理事(第97回国会)
石炭対策特別委員会理事(第98回国会)
石炭対策特別委員会理事(第99回国会)
石炭対策特別委員会理事(第100回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第93回国会 衆議院 運輸委員会 第7号(1980/10/28、36期)

時間がございませんので、簡単に。まず最初に、高等学校における学習体系、その時間の配置、各学校にはそれぞれの校時があるわけです。この学校校時について理想的な体系というのはどういう体系を指しておるのか。…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1980/11/13、36期)

時間が当初予定されておりましたよりも制限をされましたので、大変恐縮ですけれども、御答弁についてはできるだけ簡潔にお願いをしながら質問を申し上げたいと存じます。「産炭地域振興対策の今後のあり方について…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1980/11/20、36期)

時間が大変少ない中でございますので、簡単に質問を申し上げたいと思います。いま御説明がございました二ページの「六条市町村を中心とする多くの産炭地域」「今日なお、」云々ということでいろいろ指摘がされてお…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1980/11/26、36期)

答申がありまして以降、先般もいろいろ問題点について指摘をしながらお尋ねをいたしましたけれども、きょうは集約をいたしまして、大臣並びに事務当局にお伺いをしたいと思います。特に、産炭地域振興の実効性確保…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1980/10/21、36期)

時間の関係もございますので、簡潔に御答弁願いたいと思います。まず長官にお聞きしたいと思いますけれども、行政管理庁が五十五年九月十二日に出されております「今後の行政改革に関する基本的な考え方」、この中…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1980/11/05、36期)

先般の連合審査なりあるいは当委員会における質疑の過程の中で大方出尽くしたと思いますけれども、答弁の内容等につきましてまだまだ十分理解できない面がございますので、私は、まず放送法の関係三点についてお聞き…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1980/11/07、36期)

さきの委員会におきまして、いろいろ討論いたしてまいりましたけれども、私が質問を申し上げたまず第一の重要な問題点として指摘をいたしました放送法第四十四条三項の問題と学問研究の自由、大学の自治問題とのかか…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 文教委員会 第12号(1980/12/12、36期)

今回のこの問題について、それぞれ文部省あるいは警察庁、総理府の方から、対策等についての説明がございましたけれども、おおよそこれを見てまいりますと、病気に対する治療を中心にした方策なりを中心に据えたよう…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1981/03/26、36期)

五十六年度石炭並びに石油及び石油代替エネルギー対策特別会計予算についてお尋ねをしたいと思います。その中でも特に、石炭勘定分について千三百八十七億四千五百万円を充てていますけれども、その内訳は原重油関…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1981/04/02、36期)

参考人の皆さんには、御意見を開陳していただき、いろいろ御教示いただきましたことに対しまして敬意を表しながら、二、三の点について質問を申し上げたいと存じます。その一つは、産炭地域は、過去約二十年間にわ…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1981/04/09、36期)

先般、参考人に意見聴取をいたしましたけれども、その間におきましても、産炭地域振興臨時措置法が制定されて以来二十年間経過をいたしておりますが、その中でも振興対策の面で何か欠陥があるのではないかということ…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1981/04/16、36期)

ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表し、その趣旨を御説明申し上げます。まず、案文を朗読いたします。産炭地域振興臨時措置法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1981/08/07、36期)

北海道地区の現地調査につきまして、派遣委員を代表して御報告申し上げます。派遣委員は、森中委員長を団長として、愛野興一郎君、楢橋進君、鍛冶清君、小沢和秋君及び私、中西積介の六名で、ほかに北村義和君、岡…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1981/02/25、36期)

先ほど私立大学の問題について出ておりまして、これらの問題とかかわりがございますが、時間が大変短うございますので、簡略に質問を申し上げますので、お答えの方も、できれば長々としていただかなくて、適宜行って…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1981/02/27、36期)

私は、先日に引き続きまして、問題になっておりました私立医科大学北里大学の問題について、二、三の点について確認をしておきたいと思いますので、お答えをいただきたいと思います。その一つは、私、先般も問題に…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1981/03/25、36期)

先ほど、午前中に山原委員の方から指摘のございました問題につきましても、文章表現は違うにいたしましても、それぞれ大臣の確認なりの中身の中には、やはり従来のような行政チェックということがあってはならないと…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1981/03/27、36期)

私は、日本社会党を代表して、国立学校設置法の一部を改正する法律案に対する修正案を提出いたします。修正案の趣旨。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1981/04/22、36期)

学校安全会と給食会、これを統合いたしまして、この健康会なるものを設置するということになっておりますけれども、その経過なり、どうしてこのような結果が出てきたのか、この点についてお答えをいただきたいと思い…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 文教委員会 第15号(1981/05/13、36期)

前回の法案審議に当たって大臣の答弁の中で問題のある発言がなされましたので、先ほど大臣の方から改めてその真意についてございましたけれども、一言だけお聞きをしたいと思います。この大臣の答弁の中に「一言補…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 文教委員会 第19号(1981/06/03、36期)

質問を申し上げたいと思いますけれども、主管の大臣である郵政大臣がお見えになっていませんが、これはどうしたことでしょう。したがって、時間の関係もございますから後に譲りますけれども、前回質問しました木島…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 行財政改革に関する特別委員会 第7号(1981/10/16、36期)

私は、公立小中学校の学級編制の標準等に関する経過措置の特例についての質問を中心にして行いたいと思います。そこで、義務教育費国庫負担制度は、憲法に保障された義務教育無償、教育の機会均等の原則を具体的に…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1981/11/13、36期)

私は、北炭新夕張鉱問題につきましては後で塚田委員の方から詳細にわたって質問を申し上げますので、これを外しまして、一般的な質問を申し上げたいと思います。そこで、まず第一は、去る八月に策定をいたしました…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1982/02/25、36期)

時間が、後の方が大臣のいらっしゃる時間が短くなりますので、三十分程度になってしまいましたから、はしょって申し上げます。したがって、答弁は簡潔にお願い申し上げたいと思います。そこで、まず第一点として、…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1982/02/26、36期)

議会等がある中で、大変多忙な中できょうこうして参考人としておいでいただきましたことに対しまして、心から敬意を表すると同時に、また、大変多くの問題を抱えておりますだけに、私たちもこの点についていろいろお…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1982/03/11、36期)

私は、先般産炭地振興問題について質問いたしましたけれども、時間の関係もございまして途中で打ち切りましたので、先般お答えいただいたことに補足をしながら質問を申し上げたいと存じます。そこで一番問題は、こ…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1982/03/19、36期)

鉱害復旧法及び賠償法の二法について十年の延長ということでありますので、いろいろな角度から政府の意見なりをただしたいと思っています。そこで、まず私は大臣に二、三の点について質問を申し上げたいと存じます…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第9号(1982/03/25、36期)

本日は、参考人の皆さんには大変お忙しい中をこうして時間を割いていただき、いろいろな御意見を開陳していただくことに対しましてお礼を申し上げながら、大変時間が制限されておりますので、簡単にお答えをいただき…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第10号(1982/04/01、36期)

ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1982/04/07、36期)

さきの当委員会におきまして、同僚の佐藤委員の方から平和教育について質問がなされました。その中で、特にまた理解を深めるためにと思いまして、二、三の点につきまして質問を申し上げたいと存じます。そこで、先…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 文教委員会 第10号(1982/04/16、36期)

私は、この質問をするに当たりまして、時間の関係もございますので、専修学校の問題等につきましては質問をする時間をとることができないぐらいたくさん問題がございますので、これは後の方に譲るといたしまして、き…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1982/04/21、36期)

いまの答弁を聞いておりますと、先般から論議されてまいりました点について、特にいま大臣の釈明がございましたけれども、教科書検定第二次訴訟の最高裁判決に対する初中局長の答弁が「不十分」なためと、こういう表…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1982/04/28、36期)

参考人の皆さんには、大変御多忙の中に、こうしてわれわれ御意見を聴取するに当たりましておいでいただきましたこと、心からお礼を申し上げます。時間がございませんので、きわめて限られた内容になってくるわけであ…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 文教委員会 第15号(1982/05/14、36期)

時間が制限をされておりますから、大変短い時間で、参議院なり、さらにまた従前から討論をしてまいりました点等について、なる部分もあるかと思いますけれども、質問を申し上げたいと存じます。さきの第九十四通常…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 文教委員会 第20号(1982/08/20、36期)

本日は、教科書にかかわる問題で大変国際的にも大きな問題になっておりますだけに、本来ならば外務大臣あるいは総理まで要請をして開くべきであるということを主張してまいりましたけれども、残念ながら実現ができて…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1983/03/23、36期)

大臣の所信表明の中にも、重要な事項として私学の振興について述べられています。特にその中におきましても、「わが国の高等教育において約八割を占める私立大学の質的向上に配慮する等、私立学校の教育研究条件の維…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1983/04/27、36期)

先般、九州産業大学問題について質問をいたしておりましたけれども、途中で時間が参りましたので、きょうは引き続いてこの問題について質問を申し上げたいと存じます。そこでまず第一に問題になっておりました不正受…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1983/05/13、36期)

先般、私は、予算分科会の際に、識字学級問題についてわずかでありますけれども確認をしたことがございます。それは、二年前、田中文部大臣が国会答弁におきまして、字を知らない人の存在は国の恥であり、早急になく…会議録へ(外部リンク)

第99回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1983/07/27、36期)

先般七月四日であったかと思いますけれども、国士館大学におきまして殺人行為が行われたという不祥事が発生をいたしました。この案件につきましては、国士館問題につきましては、私自身も五十三年十月における質問、…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(36期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12