多賀谷真稔衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   1007文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   3211文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   4218文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第4号(1984/02/08、37期)

ただいま院議をもちまして、永年在職議員として御丁重な表彰の決議をいただきました。まことに身に余る光栄であり、感激にたえません。(拍手)この栄誉は、ひとえに先輩、同僚各位の御指導、特に郷土福岡県の皆さんの多年にわたる温かい御支援のたまものであり、また全国各地からの同志の声援のおかげでありまして、心から………会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第14号(1985/03/15、37期)

ただいま議長から御報告のありましたとおり、本院議員田中六助君は、去る一月三十一日、東京女子医大病院において心筋梗塞のため逝去されました。自由民主党幹事長であられた田中さんは、昨年九月十九日自民党本部の放火事件が起こった際、病床より直ちに現場に駆けつけ陣頭指揮をとられたのでありますが、結局この無理がた………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員 33) 12回発言  89196文字発言
第102回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 24) 10回発言 113589文字発言
第103回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  4)  3回発言  21393文字発言
第104回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員 19)  5回発言  57680文字発言

  37期通算 106回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 26 委員 80) 30回発言 281858文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
            63回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 63) 18回発言 179522文字発言

 石炭対策特別委員会
            26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 26 委員  0) 10回発言  65909文字発言

 予算委員会
            17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  2回発言  36427文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 石炭対策特別委員会理事(第101回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第102回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第103回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1984/04/24、37期)

まず大臣に、今日の日本の雇用情勢並びに今後の展望、これをひとつ具体的にお聞かせ願いたい。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1984/05/15、37期)

法技術的な問題ですけれども、例の「再就職手当」、これは五十六条の二に書かれております。五十六条というのとは類型が非常に違うのですね。五十六条よりも前の条文というのは、これは労使の保険料に政府の補助金、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第16号(1984/06/19、37期)

ただいま河野委員から、精神薄弱者の問題、殊に本法の雇用率から除外をされておりますから、今後の問題、あるいはまた身体障害者の訓練の問題、さらに、身障者を非常に多く使っている企業、あるいは助成金をもらって…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第21号(1984/07/05、37期)

患者もまた医者も疑義を持っておる点について、質問いたしたいと思います。この診療支払基金から審査会を経て減点をされた金額ですけれども……(私語する者あり)会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第27号(1984/07/24、37期)

私は、本法律案の質問に当たりまして、女性差別撤廃条約の批准並びに男女雇用平等法の制定に向かって努力をされた関係者の皆さんに、非常な敬意を表する次第です。婦人局長の赤松局長も大変努力をされました。またO…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第31号(1984/08/02、37期)

小山先生、橋本さん、平石先生、皆、前からよく存じておる方ばかりで非常に懐かしく思っておるのですが、さて、殊に小山先生と橋本先生は今度の法案審議については大変貢献をされた方でありますから、その点について…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1984/03/16、37期)

今回の三池有明鉱の大災害は、我が国最大の出炭規模を誇る三池炭鉱において、しかも最も近代的設備を持ち、保安優良鉱といわれた有明鉱において死者八十三名、重傷者十六名の罹災者を出したことは、単に三井の労使だ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1984/04/20、37期)

伊木先生から冒頭に、長い間採鉱学を専攻しながら炭鉱の開発、保安の面についていろいろ努力をしてきた、そこで災害というものは本当に自分としてはショックを受ける、しかも優良な有明炭鉱において災害が起こったと…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1984/05/09、37期)

今中西委員から鉱害について質問がございました。私も最近は地元に帰る機会が多かったものですから、いろいろ鉱害の問題についてよからぬうわさを耳にしました。また、ある新聞は鉱害問題を連続して十三回もキャンペ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1984/07/11、37期)

大臣、四月の初めから実は筑豊においては鉱害問題が毎日、新聞に出ないことはないんですよ。もうスクラップだけでもこんなにある。そうして毎日胸を痛めるような思いがしておるわけですけれども、そこで、大臣はこの…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1984/08/02、37期)

主として筑豊炭田をめぐるいわゆる鉱害屋と称する問題について、本委員会で二回にわたって質疑をしたわけでありますけれども、きょうは総括的な意味において、今まで検討されました通産省の対応についてひとつお聞か…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第10号(1984/11/08、37期)

まず第一に、今の中西さんの質問…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1984/12/13、37期)

今度の年金の改定は、四十年後の日本経済を見通して、その間の過程を展望しながらつくられたものであります。それだけに、今後の日本経済がどうなるかということは非常に大きな問題が潜んでおるわけです。そこで、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第9号(1985/03/26、37期)

私は、国鉄の労働問題について質問したいと思います。御存じのように、国鉄は今非常に厳しい情勢下に置かれております。言うならば、こういうときこそ労使相携えて、そうして協力をしながら外部のいろいろな圧力を…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1985/04/02、37期)

先般からの質問を聞いておりますと、どうも明確でない言葉があります。それは、発言者も答弁者もどうもはっきりしてないんじゃないかという問題が今度の大きな問題の一つの交付金の問題。今までは負担金であって、今…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第16号(1985/04/18、37期)

昭和三十四年に国民年金法が提出されたときに非常に大きな論議がありました。それ以前に我が社会党は三度にわたって国会において五つの法案を提案をしておるわけであります。最近年金の問題が出ると、国民年金に社会…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第17号(1985/04/19、37期)

将来の新自由クラブを背負って、しかも将来政界のいわばニューリーダーとして嘱望されております山口労働大臣に質問をいたしたいと思います。今、日本という国が世界の政治、経済の中でどういう位置を占めておるか…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第20号(1985/05/14、37期)

労働者供給事業について、昭和二十七年二月に職業安定法施行規則の改正がありました。その際、その及ぼす影響が極めて大というので、いよいよ施行になりました当時、私ども、当時は労働委員会と言いましたが、労働委…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第21号(1985/05/21、37期)

労働基準監督署及び公共職業安定所、さらにその出張所の設置について承認案件がかかっておるわけですが、労働基準法施行以来、日本の監督署は一体どのくらいふえたのか減ったのか。それから監督署の職員はどういうよ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第26号(1985/06/20、37期)

カネミ油症事件について質問したいと思います。既に昭和四十三年にPCBによりますこの油症患者が出ましてから、昭和四十三年ですから十七年たっておるわけであります。その間、被害を届けた者が一万三千名、認定…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1985/05/29、37期)

最近における炭鉱災害、しかもこの災害は極めて多くの死傷者を生み、さらにこれらの炭鉱が非常に優良な炭鉱である。高島炭鉱は確かに江戸時代から開発された炭鉱でありますけれども、ほかの有明鉱にいたしましても南…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1985/06/19、37期)

田中参考人は経済専門家ですから、お聞きいたしたいと思います。第一次から第七次まで答申がございました。撤退に次ぐ撤退という話がございました。これらの答申の中で、殊に第四次政策の前、それから七次政策の前…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1985/12/03、37期)

非常な時間の制約の中で質問をするわけですから、簡単に御答弁を願いたいと思います。私は、国鉄再建委員会が、当面の赤字対策にのみ終始して将来の総合交通の展望を欠き、さらに地域経済、地域格差を一層拡大をす…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1985/12/10、37期)

労働大臣にお尋ねいたしたいのですが、私最近大変憂慮しておる問題に、要するに日本の働きバチの慣行が長い間つくってきましたヨーロッパの民主主義、労働慣行を破壊しつつあるのではないかということを感ずるわけで…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1985/12/11、37期)

第八次政策の答申に先立ちまして、今岡田委員から質疑がございましたが、国内炭存在の意義については私も同感であります。そこで私は、最近いろいろな国の石炭政策を調べておるわけですけれども、日本の場合は先ほ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1986/04/15、37期)

労働基準法は昭和二十二年、同じく労働災害保険法も同じ時期に公布されたわけですけれども、今日まで調整がなされていないというのはどういうわけです。と申しますのは、基準法の場合は最初は給付が同じだったわけで…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1986/04/22、37期)

まず、本承認案件から質問をいたしたいと思います。戸畑公共職業安定所が分室に降格する理由はどういう理由であるか。この点は、北九州市議会からも存続を求める意見書が出ておるわけであります。一体どういうよう…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1986/05/15、37期)

参考人の先生方、大変御苦労さんでございます。鋭意検討されました検討小委員会の中間報告を見まして、「国内炭の生産コスト」というところで「従って、海外炭との競争条件の改善は見込めない。」こう書いてありま…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1986/02/08、37期)

国鉄問題に関して、亀井委員長を初めといたしまして国有鉄道再建監理委員会の皆さんが長い間かかりまして非常に検討を願いまして、私は感謝にたえません。何といいましても、明治四十年、西園寺内閣以来の大改革であ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1986/02/19、37期)

今国鉄の職場では、自分の身の振り方をどうするかという大変動揺が起こっておる。それに加えて、今度国鉄共済年金がこの六十一年の四月一日から改正になります。一般の公務員の場合は、職域加算があるだけでなくて、…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22