横山利秋衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  2回発言   3808文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   3808文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第9号(1984/03/09、37期)

ただいま議題となりました昭和五十五年度決算外二件につきまして、決算委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。初めに、各件の概要を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第24号(1984/05/10、37期)

ただいま議題となりました各件について、決算委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。まず第一に、予備費等について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 18回出席(長 18 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
第102回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員  1) 14回発言 159639文字発言
第103回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  2回発言  28814文字発言
第104回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  3回発言  27600文字発言

  37期通算  55回出席(長 18 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員 13) 19回発言 216053文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員  1) 16回発言 188453文字発言

 決算委員会
            18回出席(長 18 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

 運輸委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  3回発言  27600文字発言


委員会委員長経験

 決算委員会委員長(第101回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 法務委員会理事(第102回国会)
 法務委員会理事(第103回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第102回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1984/12/18、37期)

最近、裁判の判決につきまして、社会的に非常に問題といいますか評価といいますか、あるいは批判といいますか、さまざまな渦が沸き上がってまいりました。これは、最高裁判所を初めとする裁判所及びその判決について…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1985/02/20、37期)

ただいま法務大臣から所信表明がございました。拝聴をいたしまして、本国会における法務大臣の所信の重要な点がよくわかりました。とにかく今国会における法務省提出法案のうち、大臣の非常な御努力で登記特別会計が…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1985/02/22、37期)

朝からずっと続いておりまして、大臣初め政府委員の皆さんも、委員長もまことに御苦労さまでございますが、ひとつ気分を変えて質問をいたしたいと思いますから、御協力をお願いをいたします。まず、最高裁にお伺い…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1985/02/26、37期)

各委員の質問を全部聞いておったわけではございませんけれども、私を初め各委員の質問を通じてひとつ最終的にただしたいことがございます。本法案は極めて簡単な法案で、裁判官を若干名ふやし、書記官等を二名減員…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1985/03/08、37期)

供託法の一部を改正する法律案について質問をいたします。まず第一に、供託法第一条を見ますと「法令ノ規定二体リテ供託スル金銭及ヒ有価証券ハ法務局若ハ地方法務局又ハ其支局若ハ法務大臣ノ指定スル出張所カ供託…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1985/03/27、37期)

最初に、この間本委員会において答弁のございました、平沢貞通の再審請求及び恩赦出願のいずれもがなされていなかった日数について、政府側から答弁の訂正が申し入れられておるそうでありますが、いかなることであり…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第9号(1985/03/29、37期)

先般、同僚諸君と一緒に渋谷と板橋の登記所に行きましたが、大臣は両方ともごらんになったのですか。現在、不動産の所有形態が大分変わってまいりまして、大げさに言えば国民が全部所有者だというような状況になっ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1985/04/02、37期)

参考人の皆さんには大変示唆に富むお話をいただきましてありがとうございました。時間の関係もございますので、端的に二、三の点をお伺いいたしたいと存じます。まず、植村参考人にお伺いをいたします。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第17号(1985/04/19、37期)

熱心な各委員の質疑応答がございましたが、いよいよ私をもって質問が終わる予定でございます。その意味合いでは多少ふくそうするかもしれませんが最後の詰めというつもりで、各委員の質疑応答の結果を含めまして、確…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第19号(1985/05/17、37期)

質疑に先立って、五月十四日、本委員会で稲葉委員の質問に答えて法務大臣から御説明がございました指紋の問題について、緊急に政府の意見をただしたいと思います、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第20号(1985/05/24、37期)

本法案は議員提案として国会に提出をされたのでありますが、この際、郵政省にお伺いをいたします。有線テレビ放送というものが今後非常に発展をする可能性があると思います。有線テレビ放送というものは、株式会社…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第21号(1985/06/05、37期)

五月二十四日、当法務委員会の理事会におきまして各党理事諸君と懇談をいたしましたところ、問題が生じました。その原因は、五月十七日当法務委員会におきまして、指紋押捺を拒否している人から登録済証明書の交付申…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第22号(1985/06/19、37期)

三人の参考人から貴重なお話、大変感銘をいたしました。短い時間でございますが、まず、私の気持ちを申し上げてなんでございますけれども、こういう近代社会にあって私ども政治家として考えますことは、いかにして人…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第24号(1985/09/06、37期)

久しぶりに委員会が開かれましたので、私を初め同僚諸君いろいろ多岐にわたるわけでございますけれども、時間が余りございませんので端的に数点に限って御質問をしたいと思います。まず最初に、法務大臣にいわゆる…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 法務委員会 第1号(1985/11/20、37期)

短い時間で意を尽くせないかもしれませんけれども、まず最初に、世界基督教統一神霊協会の問題についてお伺いをしたいと思います。私の手元にこれだけの手紙が来ておるのであります。この手紙は一様に基督教神霊協…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1985/11/27、37期)

お二人のお話を聞きまして、まことに胸の迫る思いがいたします。私ども国会議員としても従来各委員会で取り上げて政府に迫ってきたものの、九十分でなかったことを反省されるし、あるいはまたお二人のこれからの御要…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1986/03/05、37期)

私は先年決算委員長をいたしておりました。それで運輸委員になりました機会にもう一度会計検査院による運輸省の決算の状況を調べてみたわけであります。五十七、五十八、五十九年度、大臣、これだけあるのです。運…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 運輸委員会 第9号(1986/04/11、37期)

関連してちょっと聞きますが、「法律案について」という委員会調査室でやってもらったデータが出ております。「国鉄余剰人員対策の概要一覧表」ですね。「六十二年度首の在籍職員約二十七万六千人」とありますね。こ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1986/04/15、37期)

質問をするに先立って官房長官にお伺いをいたします。まことに奇怪なことでございます。もう質問をするのも本当にばかばかしいような政府の大失態でございます。我々は今この六十一年度において緊急に講ずべき特別…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  1本提出

質問主意書一覧

平和相互銀行に対する監査のあり方に関する質問主意書
第104回国会 衆議院 質問主意書 第9号(1986/03/10提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22