国会議員白書トップ衆議院議員河野正>37期国会活動まとめ

河野正衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   4238文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   4238文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第18号(1984/04/17、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表いたしまして、ただいま提案されました国民年金法の一部改正法案に対しまして、中曽根総理初め関係閣僚に対しましてそれぞれ若干の質問を行わんとするものであります。年金制度というものは、国民が安心をして老後生活を営んでいく上で極めて重要な柱であります。特に人口構造の高齢化が進………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 45) 12回発言 121506文字発言
第102回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  5回発言  73730文字発言
第103回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  4回発言  27868文字発言
第104回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  4回発言  59047文字発言

  37期通算  85回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 85) 25回発言 282151文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
            70回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 70) 20回発言 240489文字発言

 決算委員会
            15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  5回発言  41662文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1984/03/26、37期)

今、環境庁長官の方から趣旨の御説明がございました。また、会計検査院の方からは、五十六年度決算については大して異常はないということでございましたが、私はやはり、環境庁もそうでございますけれども、一般的に…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1984/04/13、37期)

今、単身赴任の問題について、いろいろ井上委員からも御質問があったところでございますが、きょうは私の本論ではないわけですけれども、そのやりとりを承っておりまして、実は非常に失望したわけです。というのは、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1984/04/19、37期)

きょうは法務省関係ということでございますから、私の場合は、主として今いろいろな点で問題になっております人権問題をめぐっての問題を取り上げていろいろ所見をお伺いしたい、こういうふうに思うのでございます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 決算委員会 第11号(1984/05/09、37期)

我が国の治安というものは国際的にも高く評価されておるところでございます。しかし、最近諸外国の治安も非常に厳しい状況をもたらしてまいりました。そこで、国民が日夜安心をして生活をするためには、やはりこの警…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 決算委員会 第18号(1984/11/21、37期)

この夏健康保険法が成立いたしまして、その際に非常にいろいろな問題があったのでございますが、一つは政管健保に対しましての組合健保、組合健保はもとよりずっと黒字指向であったわけですが、日雇いは別でございま…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1984/03/29、37期)

きょうは、厚生の第一弾ということでございますから、渡部厚生大臣の厚生行政に対します。そういった姿勢について、若干質疑を行いたいと思います。行政はいずれもそうですけれども、特に厚生大臣としては、非常に…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1984/04/12、37期)

若干時間の制約もあるようでご…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1984/05/09、37期)

残り時間ですからあれもこれもというわけにもまいりませんので、基本的な点をお尋ねして御見解を承りたいと思います。そこで、藤田先生が御出席でございますし、たまたまお答えの中で社会保障という問題等が出てま…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第16号(1984/06/19、37期)

本案の審議に入るわけでございますが、やはり何といっても雇用促進法は身体障害者の福祉に通じていかなければならぬわけですから、そういった意味で私どもまだいろいろ内容的には問題があると考えておるわけですが、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第24号(1984/07/12、37期)

私は、四月の委員会で御質問申し上げた経過もございますから、その後委員会の審議の状況を見てまいりまして痛切に感じますのは、仄聞するところによれば、大臣は既に大学時代から政治の道を探求しながら、そして政界…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第28号(1984/07/25、37期)

きょうの法案の改正の趣旨が、御案内のように今までの補助金制度が交付金制度に変わる、それが大きな柱ですが、そのことが今後の保健所の運営にどういった影響を及ぼしていくのか。御案内のように、今日の保健所は…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第34号(1984/11/20、37期)

午前中の厚生大臣の所信の中にもございましたが、今や日本も高齢化社会で、高齢化社会というものが重要な意義を持ってまいるわけでございますが、人生八十年、こういう情勢の中で、もしがん対策が解決するならば人生…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1984/12/06、37期)

質疑に入ります前に、まず国民年金に対する政府の基本的な姿勢についてお尋ねをいたしたい、こう思います。そこで、もう大臣御承知のように、今度の国民年金法等の改正に当たっての提案理由の説明がここに書いてあ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1985/03/07、37期)

せっかくの機会でございますので、まず第一点として、各種審議会がございますが、行政とその審議会との関連について大臣の御見解をひとつ承っておきたいと思います。私どもがそのお尋ねをいたしますゆえんのものは…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1985/04/02、37期)

職業訓練法の一部改正について若干の質疑を行いたいわけでございますが、具体的に法案の審議に入る前にひとつ大臣に基本的な点についての御見解をお聞かせいただきたいと思います。そこで、今回の法案の提案理由の…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第24号(1985/06/06、37期)

児童手当を含めてでございます…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第26号(1985/06/20、37期)

大変時間が制約されておりますので、私どもの御質問も簡明率直に申し上げますので、お答えする方もひとつぜひそういう方向でお答えをいただきたいと思います。そこで、問題が二、三点あるわけですが、まず第一番に…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 社会労働委員会 第1号(1985/11/14、37期)

時間がございませんので、余り多岐にわたって申し上げるわけにはまいりませんが、一言だけ。午前中の審議の経過を承っておりまして、全く政府側の無定見といいますか、ある意味においては、国会で真剣な審議が行わ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1985/11/21、37期)

今回の医療法の改正は、提案理由に示されておりますように三つの柱がございます。その第一が、目的として、病院、診療所の開設及び管理に関し必要な事項を定めるということですね。それから第二が、医療計画というこ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1985/11/28、37期)

時間がございませんので、単刀直入に御質問いたします。いろいろ聞きたいことはございますけれども、私の方から申し上げますので、それらを含めてお答えを願いたい。そこで、今度の医療法改正につきましては、御案…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1985/12/03、37期)

非常に時間が制約されておりまして、率直に申し上げますならば質疑を申し上げる意義があるのかないのか、そこまで感じておるわけでございますが、ただ、先月の十八日、失対制度調査研究会の答申が出る前に、私ども党…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1986/03/06、37期)

実は今日まで医療行政のゆがみといいますか、そのゆがみはいろいろな形でゆがみがあるわけですが、きょうの新聞でも、新宿の国立病院医療センターにおける検査ミス、七百万円で示談、こういうような報道もなされてお…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1986/03/25、37期)

今回、審議をいたします法律案は、中高年齢者の雇用の促進に関するものということであります。もちろん、我が国の人口の高齢化が急ピッチで進んでまいっておるわけですから、そういう情勢に対応する施策を早急に行う…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1986/04/15、37期)

法案の審議に入るわけですが、まず最初に、これら労災法に取り組む大臣の姿勢、そこから逐次入っていきたいと思います。基本はやはり改正に対します姿勢でございますから。人間というものはいつ災害に遭遇するかわ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第18号(1986/05/15、37期)

質疑に入ります前に、一言御見解を承りたいと思うわけです。これはマスコミの報道するところでございますけれども、吉村次官は、今国会は老人保健法の成立は断念をした、ただ、次の国会もこれあることだから審議だ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22