国会議員白書トップ衆議院議員堀昌雄>37期国会活動まとめ

堀昌雄衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  1回発言    997文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言    997文字発言

本会議発言一覧

第103回国会 衆議院 本会議 第9号(1985/12/03、37期)

ただいま私は、永年勤続議員として、院議をもって表彰していただきました。本院議員として、この上もない光栄でございます。謹んで御礼を申し上げたいと思います。(拍手)私を今日まで支えていただいたたくさんの皆様方に対しても、心から御礼を申し上げたいと思います。私は、この間、財政、経済、選挙法を専ら勉強をして………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 33)  8回発言 111949文字発言
第102回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  2回発言  40840文字発言
第103回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  1回発言  11686文字発言
第104回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  6回発言  76900文字発言

  37期通算  84回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 84) 17回発言 241375文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
            53回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 53) 14回発言 188849文字発言

 予算委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  2回発言  40840文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  1回発言  11686文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1984/03/21、37期)

最初に、厚生省にお伺いをいたします。今度酒の税金が上がるわけでありますけれども、酒というのは世界のすべての人々にとって欠くことのできない重要な嗜好品であります。私も出身が医者でありますから、たばこは…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第11号(1984/03/30、37期)

最初に、今もアメリカの問題の話が出ておりましたが、この間終了したアドホックの二回目の会合での経過の対応をひとつ大蔵省側から答えてください。アドホックの作業部会第一回目は先月の二十三、二十四日行われま…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1984/04/13、37期)

先般、大蔵委員会の金融証券小委員会に澄田日銀副総裁その他の皆さんをお招きをいたしまして、当面問題になっておる日米間の金融市場の開放と自由化の問題について参考人の意見を伺いました。これを下敷きにしながら…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第17号(1984/04/20、37期)

本日は、参考人の皆さん大変御苦労さまでございます。最初に宮崎参考人にお伺いいたします。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第20号(1984/04/27、37期)

きょうは、財源確保法の私が最後の質問者でございますが、今、同僚の藤田委員が、昭和五十年の国債大量発行以来、予算委員会あるいは大蔵委員会でこの問題に大変熱心に取り組んでこられて、それらの経験の上に立って…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1984/05/09、37期)

時間が少し経過をいたしましたが、株券等の保管及び振替に関する法律案について質疑を行いたいと思います。私は、昭和三十五年の一月から大蔵委員会に参ったわけでありますが、たしか四月ごろだと思うのであります…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第34号(1984/07/13、37期)

昭和四十六年の二月八日、今から約十三年ぐらい前になりますけれども、この二月八日の予算委員会で、私は佐藤総理との間で、実はこのたばことがんの問題について論議をいたしました。私が、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第35号(1984/07/20、37期)

本日は、経済企画庁長官にも御出席をいただいて、当面する日本経済の今後の問題についてお伺いをいたしたいと思います。最初に、現在の日本の経済状況の現状認識ということを、企画庁長官と大蔵大臣からお伺いをし…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1985/02/04、37期)

私は国会に大変長く籍を置かしていただいておるのでありまして、予算委員会にはたびたび出席をして総括質問をやらしていただいておりますが、ことし初めて正規の予算委員となりまして、きょうはその正規の予算委員と…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1985/02/20、37期)

本日は、この集中審議に税制調査会長の小倉さんに御出席をいただきまして、今から三十七分という大変短い時間でございますけれども、先般、二月四日にこの総括審議の中でいろいろと問題を提起いたした問題について、…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号(1985/12/11、37期)

私は、昭和三十五年に当公職選挙特別委員会の委員となりまして、中間で少しは抜けた時間もありますけれども、終始一貫公職選挙の問題をこの国会の場で論議をさせていただいてまいりました。既に五十一年、五十八年、…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1986/03/25、37期)

医療というものの概念の規定の仕方が私非常にあいまいになっていると思う。医療というのは、医師が診断書を発行して、それに伴って行われる行為は全部医療だと私は思うけれども、これは国税庁が答弁というのも本当は…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第15号(1986/04/18、37期)

ただいま提案になりました天皇陛下御在位六十年記念のための十万円及び一万円の臨時補助貨幣の発行に関する法律案について質疑を行います。まず最初に、貨幣の問題について非常に現状にそぐわない法律がある。明治…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1986/05/07、37期)

きょうは、財源確保の法律に関連をいたしまして、現在の日本の置かれておる金融の状態というものが非常に低金利の時代に入ってまいりました。そこで、実は資金運用部、かつては預金部資金と言っていたこの制度の問題…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第19号(1986/05/09、37期)

ただいま三人の参考人から意見陳述がございましたが、実は、大体私どもの大蔵委員会における法案審議というのは、まず最初に私どもが政府との間にその法案についてのいろいろな問題点について論議をいたしまして、そ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第20号(1986/05/14、37期)

最初に、投資顧問法の方をちょっと締めくくりをしておきたいと思います。この資料を、この間ちょっと読み上げてやってありますから、ほかの方はいいのですが、大蔵大臣にもお渡しします。きょうここで、三十分で二…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1986/05/16、37期)

オフショア勘定の質問に入ります前に、本日の朝刊、新聞の報道でありますから、どこまでが真実であるかどうかは必ずしも正確でありませんが、だれかが何かを言わなければこういう記事にならない性格のものであります…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22