岡田利春衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

29期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

29期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員 10)  9回発言  74092文字発言
第102回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  5)  7回発言  71868文字発言
第103回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  2)  2回発言  33455文字発言
第104回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員  5)  5回発言  66588文字発言

  37期通算  89回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 67 委員 22) 23回発言 246003文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            67回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 67 委員  0) 11回発言 151513文字発言

 石炭対策特別委員会
            19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  9回発言  77740文字発言

 外務委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  3回発言  16750文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第101回国会)
 予算委員会理事(第102回国会)
 予算委員会理事(第103回国会)
 予算委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1983/12/28、37期)

私は土井委員の質問に先立って、主として今次漁業協定の具体的な内容について御質問いたしたいと思います。その前提として、今次交渉が昨年に比べて非常に難航したということであります。交渉期間に三十四日間も要…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1984/05/08、37期)

サケ・マス問題の質問に入る前に、二、三外務省にお伺いいたしたいと思います。去る四月二十五日の参議院の外交・総合安保特別委員会における議員の質問に対する岡崎調査企画部長の発言が報道されておるわけであり…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1984/05/09、37期)

先般の大臣の所信表明に関連して若干お尋ねをいたしたいと存じます。所信表明に盛られておることは具体的に今年度の予算で示しておるもの、こう思うのであります。そういう意味で、今年度の石炭政策の顔はいわば特…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1984/07/11、37期)

鉱害問題で今いろいろ議論されておるわけです。去る五月九日、石炭対策特別委員会が開かれて、この委員会が終了後、朝日新聞がキャンペーンを会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1984/08/02、37期)

時間の関係がありまして、運輸省の方に先に質問をいたします。今回の第二次地方交通線の問題をめぐって、貨物取扱いの場合、四線は貨物の取扱駅廃止について特段の措置をとるということで、歌志内線、幌内線、それ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第10号(1984/11/08、37期)

きょうは、与えられた時間が余り長くありませんので、四、五点、端的に御質問いたしたいと思います。実は、中曽根総理大臣は内遊の第一号として北海道の釧路を訪れまして、釧路の漁業環境を視察すると同時に、太平…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1984/02/17、37期)

私は、政府に対して、政治姿勢、また主として外交問題を中心にして、見解をお尋ねいたしたいと存じます。特に、私の持ち時間の中で関議員が三十分間関連質問をする予定になっておりますので、委員長の方でしかるべ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1984/03/03、37期)

本予算委員会で対ソ外交について多面的な角度から質問が行われて、外務大臣からは積極的な対ソ外交の展開、いわば日ソ関係の改善についてそれぞれ答弁がなされておるわけであります。それに関連しまして初めに二、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1984/03/13、37期)

予定の質問に入る前に一、二点承っておきたいと思います。きのう、去る一月十八日に三井三池炭鉱で発生しました八十三名の死亡者を出した坑内火災の事故調査委員会の中間報告がなされたわけであります。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1985/05/13、37期)

日ソ漁業経済協力協定の経過並びに今後の政府の姿勢についてお伺いいたしたいと思います。昨年以来、日ソ間におけるいわゆる地先沖合の日ソ漁業協定、その後の実態交渉、そしてまた日ソ間の漁業協力協定、いずれも…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1985/03/29、37期)

昭和五十九年度のエネルギー情勢は、五十八年度と違って環境の変化が伴っているだろうと私は思うのです。しかし、原油価格は引き続きまた一ドル値下げが行われる、そういう非常に望ましい条件もあるわけですけれども…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1985/06/19、37期)

きょう参考人においでを願って、保安問題また石炭政策の問題について御意見を伺っておるわけですが、最近の頻発する炭鉱災害を振り返って考えてみますと、今日的保安問題というのが一体どこから発生したのか、このこ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1985/02/14、37期)

私は、本論の質問に入る前に、きのうカネミ油症訴訟の判決が行われておるわけです。これはカネミ油症訴訟の全図統一第三陣の訴訟に対する判決でありまして、ちょうど昨年の三月十六日、福岡において第一陣の控訴審の…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1985/02/23、37期)

きょうは土曜日で、亀井委員長にはお忙しいところを大変ありがとうございます。今、作業の状況について御報告をいただいたわけでありますが、最近特に国鉄監理委員会の動向について、しばしば報道も行われておるわ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1985/02/25、37期)

私は率直に質問いたしますので、簡潔に素直にひとつお答えをいただきたい、かように存じます。初めに、補助金の一割カットと、また、これに関連する若干の問題についてお伺いをいたしたいと思うわけであります。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1985/03/09、37期)

今の大蔵大臣の答弁の内容は、残念ながら了承するわけにはまいらぬのであります。と言いますのは、第五次答申というのは、これは最終答申であります。そして、答申の性格からいって、第一次に答申をされたものは、こ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1985/12/11、37期)

今臨時国会初めての石炭対策特別委員会でありますが、既に通産大臣は、第七次政策に引き続いて新しい政策についての諮問を石炭審議会に行っておる、こういう状況でありますので、これらに関連して若干質問をいたした…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1985/10/30、37期)

本来なれば私の質問は初日に終了いたしたわけですが、大変遅い時間に質問するめぐり合わせになったものでありますが、私は、主として外交問題、また中曽根さんの政治姿勢の問題、そして当面の我が国の課題である貿易…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1986/04/11、37期)

石炭問題に関する所信表明に関連して質問いたしたい、かように存じます。最近、石炭をめぐる情勢は、言うなれば円高の日照りの中で、また石油価格の急落という相反するどしゃ降りの中で、大変な環境の中にあると私…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1986/05/15、37期)

参考人の皆さん、大変貴重な御意見をいただきましてありがとうございました。与えられた時間で率直にお尋ねいたしたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。私は、まず第一点として向坂参考人に、今日の…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1986/02/18、37期)

昨年の臨時国会において、予算委員会の席上、総理が国連四十周年記念に出席をして演説をされたその内容について私は質問したわけであります。今回の総理の施政方針の演説を承って、特に相当スペースを割いて、いわば…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1986/02/20、37期)

私は、初めに外交関係の問題について二、三外務大臣に見解をただしたい、こう思います。伝えられるところによりますと、安倍外務大臣は、最近のアジア諸国の情勢、このような分析の中から外務大臣の諮問機関として…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1986/02/25、37期)

総理は、新しい年を迎えて、ことしはとら年でありますからトラにちなんだ話が随分多かったわけであります。しかし、今年のとら年は戦後四回目のとら年であります。過去三回のとら年はどういう年だったか、総理は御存…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

29期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22