国会議員白書トップ衆議院議員田辺誠>37期国会活動まとめ

田辺誠衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

29期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   5995文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  1回発言   7811文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言  13806文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第38号(1985/06/24、37期)

日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合、社会民主連合、以上四党共同提案に係る公職選挙法の一部を改正する法律案につきまして、提案の趣旨及び内容の概要を御説明申し上げます。選挙権は、国民の政治参加を保障する基本的権利であって、議会制民主主義の根幹をなすものであります。この基本的権利が著………会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 本会議 第2号(1985/10/16、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表し、我が国が当面をする重点的政治課題について、中曽根総理に質問を行います。質問に先立ち、過日の日本航空の事故により亡くなられた方々とその遺族の皆様に哀悼の誠をささげ、負傷された方々に心からお見舞い申し上げると同時に、このような事故の絶滅を期すよう政府に強く求めるもので………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

29期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  2)  2回発言  34401文字発言
第102回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  36410文字発言
第104回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  32956文字発言

  37期通算   7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  6)  6回発言 103767文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  6回発言 103767文字発言

 懲罰委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 懲罰委員会理事(第101回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1984/02/13、37期)

最初に、ソビエトのアンドロポフ書記長が死去されました。心から弔意を表したいと思います。ソビエトに対して政府は、今までとり来った外交のあり方についてはいろいろと意見があるところでございまするけれども、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1984/02/14、37期)

いまの総理の発言によりまして、防衛費対GNP比一%の歯どめについては、これを中曽根内閣は守る方針を確認をされました。今後いろいろな事態の変化がございましょうし、給与改善等の措置が講ぜられる予測もござ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1985/01/31、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、当面する政治課題について総理に質問をいたしたいと思います。質問に入る前に、この時期にはいつもマスコミをにぎわす事故が起こるのでございまして、大変悲しいことでござ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1985/02/04、37期)

一月三十一日の私の質問は、今総理から答弁がありました前半の五十一年における三木内閣の閣議決定の方針を今日まで歴代の自民党政府はこれを遵守してきたわけであります。そして、この三木内閣の閣議決定以来十年間…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1986/02/03、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表いたしまして、当面する重要な政治課題について中曽根総理以下閣僚に質問をいたしたいと思います。時間が限られておりまするから、私も一昨年、昨年と当委員会で質問をさせていた…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1986/02/05、37期)

私の質問に対していろいろと御協議をいただきまして、ありがとうございました。しかし、今運輸大臣から答弁があり、そしてまた手元に政府からの資料が届きましたけれども、これは私がさきに指摘をいたしました資料…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

29期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22