川崎寛治衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   3591文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   3141文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   6732文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第22号(1984/04/27、37期)

厳しい国際競争とたばこ需要の停滞の中で、安くてうまくて安心して吸えるたばこの安定供給と、明治以来八十年のたばこ専売制度の中で果たしてきた国や自治体の財源確保という役割が、ただいま提案されたたばこ事業法案を初めとする専売公社改革法案によって満たし得るものか、疑問なきを得ません。私は、日本社会党・護憲共………会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第20号(1985/04/11、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、日米経済摩擦をめぐる政府の対外経済政策について緊急質問を行うものであります。(拍手)そもそも、アメリカ議会の対日非難決議は不名誉な話であります。それが一月、中曽根総理とレーガン大統領との日米首脳会談後、日たたずしてのことでありますから、なおさらと言えましょう。私………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員 30)  8回発言  70429文字発言
第102回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員 26)  7回発言  70635文字発言
第103回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 12)  3回発言  28587文字発言
第104回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 19)  2回発言  34680文字発言

  37期通算 104回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員 87) 20回発言 204331文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
            66回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 66) 13回発言 136186文字発言

 予算委員会
            18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  2回発言  34680文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
            18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  1)  3回発言  23585文字発言

 災害対策特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言   9880文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第101回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第102回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第103回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(1984/06/29、37期)

安倍外務大臣が大変精力的に世界各国を走っておられます、その努力には敬意を表したいと思います。ただ、この長い通常国会の中で延長国会まで外務大臣が本委員会に担当大臣として出席ができなかったということは大変…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第6号(1984/06/28、37期)

まず最初に、お礼を申し上げたいと思います。大変お忙しい中を、稲村長官御一行また当委員会の佐藤委員長初め委員の皆さんが現地を視察いただきましたことに、県民にかわりまして心からお礼を申し上げたい。また、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1984/03/21、37期)

久しぶりに質問をやるのですが、残念ながら大蔵大臣がいないというのは大変調子が悪いですね。しかし、大蔵委員会の審議のあり方だということではしょうがない、こういうことですから、権威のある堀之内次官の臨検で…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1984/03/23、37期)

まず冒頭に、竹下大蔵大臣の御尊父様の御逝去に対して心から弔意を表したいと思います。そして、政治家は大変非情なものだということで、悲しみをこらえて任務についておられますことに、心から敬意を表したいと思い…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第15号(1984/04/17、37期)

百億円国債と言われた高橋財政、そしてまた今日は百兆円国債という大変な時代に入っておるわけでおりますが、私はこの問題を詰めてまいります前に、基本的な姿勢として、これは政府税調の問題でも少し議論したところ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1984/05/08、37期)

お二人の参考人には、お忙しいところを本当にありがとうございます。後ほどお願いします。財確法のときにも、私は、大蔵省の立法の仕方というものについて指摘をいたしました。つまり特別立法であったやつを一本に…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第30号(1984/07/06、37期)

八十年来のたばこ専売の制度を変えるという大変大きな転換の時期にあるわけですので、葉たばこ耕作者、それから小売店、そして本体であります工場労働者並びに関係者という百万に及びます国民の暮らし、そして約一兆…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第36号(1984/07/27、37期)

先ほども沢田委員から円安の問題について御質問ございました。私は、円安、それから累積債務、またコンチネンタル・イリノイ銀行の経営危機、国家管理に近い経営再建、そういう問題がたくさんあるわけでありますが、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第5号(1985/04/22、37期)

安倍外務大臣の創造的外交論というのにときどきお目にかかるわけであります。あなたが対談をされておるものも一、二読みました。そして創造的外交論、つまり新しいというか、今日のこういう混迷した時代の中で軍縮、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1985/03/06、37期)

それでは、大蔵大臣が参りますまでの間、中村次官並びに政府委員の皆さんにお尋ねをしたいと思います。まず最初に、それでは順序を逆にしまして、厚生省、見えていますね。――それでは、厚生省が見えておりますの…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1985/03/29、37期)

大武参考人、また坂本参考人には特に年度末の大変忙しいときに急な御出頭を願いまして、本当にありがとうございました。心からお礼を申し上げたいと思います。それから他の参考人の先生方も本当にありがとうございま…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第15号(1985/04/02、37期)

補助金一括削減法案の大変重要な法律の審議でございますが、私は、本題に入ります前に、当面しております大変重要な課題について、総理に二点お尋ねをしたいと思います。第一点は、日空電信電話株式会社がきのう発…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1985/04/12、37期)

それでは、自治大臣の御都合もあるようですし、参議院の地方行政との関係もあるようですので、まず自治大臣にお尋ねしたいと思います。今回、義務教育費国庫負担法から教材費と旅費を削除したわけでありますけれど…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第28号(1985/05/31、37期)

竹下大蔵大臣は、これまでサミットに四遍行かれておりまして、日本の大臣といたしましては大変多くの経験をされておるわけでありますので、サミットの感想を少し伺いたいと思うのです。それは、この五月の初めのサ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第30号(1985/06/12、37期)

金融先物取引というのがシカゴの商品取引所で一九七二年に始められたと言われておるわけでありますが、このシカゴの商品取引所というもののルーツは、探ってみれば我が日本の大阪の堂島の米市だ、こういうふうに言わ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(1985/12/11、37期)

まず最初に、沖縄の問題をお尋ねしたいと思います。これは質問通告してありますから当然お読みになっておると思いますが、沖縄県民の意識調査を総理府がやっております。この総理府の調査を見ますと、基地に対して…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第2号(1985/12/06、37期)

私は、きょうは桜島の活動火山対策の問題について絞ってお尋ねをしたいと思います。この委員会の冒頭、杉岡局長の方から報告がございました。実は四百十五回という御報告でございましたが、けさまた爆発をいたしま…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1985/11/26、37期)

共済年金法の審議に入ります前に、瞬間的に一ドル二百円の大台を超す事態も生まれておりますし、この円高の方向の問題は、これからの財政運営、経済運営にも大変大きな課題でございますので、少し時間をとりまして御…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第10号(1986/02/17、37期)

まず最初に総理にお尋ねをいたしたいと思いますのは、フィリピンの大統領選挙は全世界から大変注目をされました。そしてアメリカも大変苦悩していると思います。このことは東南アジア全体にも響く問題でありますし、…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1986/02/21、37期)

文部大臣、御苦労さんです。文部大臣が一番早くお見えになりましたから、後の方でしたが一番最初にまず……。先般、総理に対する総括質問の際に、私、四十人学級の問題、ニューヨークの問題と一緒にあわせていろい…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  2本提出

質問主意書一覧

国家石油備蓄の財政見通しに関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第49号(1984/08/08提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

国家石油備蓄の貯油状況及び財政見通しに関する質問主意書
第104回国会 衆議院 質問主意書 第19号(1986/04/18提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22