青木正久衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

31期本会議 - 32期本会議 - 34期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  2回発言   1089文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   1089文字発言

本会議発言一覧

第104回国会 衆議院 本会議 第20号(1986/04/15、37期)

ただいま議題となりました国立学校設置法の一部を改正する法律案につきまして、文教委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、国立大学の学部の改組、新設等を図るものでありまして、その主な内容は、会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第24号(1986/04/25、37期)

ただいま議題となりました両法律案につきまして、文教委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。まず、プログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

31期委員会 - 32期委員会 - 34期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員 24)  0回発言      0文字発言
第102回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員 19)  2回発言   4851文字発言
第103回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  8)  1回発言     90文字発言
第104回国会 22回出席(長 14 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  0)  1回発言     93文字発言

  37期通算  97回出席(長 14 代理理事 0 代理 0 理事 32 委員 51)  4回発言   5034文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文教委員会
            65回出席(長 14 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 51)  0回発言      0文字発言

 物価問題等に関する特別委員会
            32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 32 委員  0)  4回発言   5034文字発言


委員会委員長経験

 文教委員会委員長(第104回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 物価問題等に関する特別委員会理事(第101回国会)
 物価問題等に関する特別委員会理事(第102回国会)
 物価問題等に関する特別委員会理事(第103回国会)
 物価問題等に関する特別委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第102回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第8号(1985/07/04、37期)

参考人の皆さん、御苦労さまでございます。いわゆる豊田商事の問題は大きな社会問題となっており、これまで全国各地で、民事訴訟あるいは会社の解散請求の申し立てあるいは捜査当局による強制捜査が始まっておりま…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第9号(1985/09/10、37期)

豊田商事問題について、まずお伺いいたします。この問題につきましては、きょうの午前中に被害者弁護団の弁護士の方からいろいろお話を伺いまして、特に被害者の切実なる声を交えた訴えを聞きまして、今さらながら…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第1号(1985/10/14、37期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、委員長に竹内猛君を推薦いたしたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第1号(1985/12/24、37期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、委員長に阿部未喜男君を推薦いたしたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 34期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22