鈴切康雄衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   1695文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   1695文字発言

本会議発言一覧

第104回国会 衆議院 本会議 第27号(1986/05/09、37期)

私は、公明党・国民会議を代表して、ただいま議題となりました安全保障会議設置法案に対し、反対の討論を行うものであります。(拍手)一国の安全保障政策は、単なる軍事面の問題だけでなく、平和への外交努力や経済、文化、資源、エネルギー、食糧等、幅広い視野と長期的展望に立った総合的なものでなければなりません。そ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  6回発言  56980文字発言
第102回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  6回発言  43020文字発言
第103回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  3回発言  22037文字発言
第104回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  3回発言  33364文字発言

  37期通算  69回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 69) 18回発言 155401文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
            65回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 65) 17回発言 151638文字発言

 商工委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 科学技術委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 建設委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   3763文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 建設委員会 第4号(1984/03/23、37期)

公明党の鈴切康雄でございます。奄美群島振興開発特別措置法及び小笠原諸島振興特別措置法の改正に伴いまして、きょうは時間の関係がございますので、小笠原問題に絞って御質問申し上げたい、このように思っており…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1984/03/01、37期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、在勤法の質疑をさせていただきますが、その前に、防衛庁長官に若干御質問を申し上げたいと思います。けさ方、防衛庁長官から、今回去る二月二十七日、自衛隊員が訓練中…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1984/04/03、37期)

総務長官まだおいでになっておりませんけれども、やはり宮内庁の担当大臣として御出席を願って、きょうは参議院との関係がございまして約三十分ぐらいしか出席がないということでございますが、そういうことで、総務…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第9号(1984/04/19、37期)

きょうは官房長官お忙しいところ御苦労さまです。恩給法の一部改正の法案に入る前に、このところ靖国神社の公式参拝ということが大変に話題になっております。私はそういうことをまず初めにお聞きをいたしまして、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1984/06/22、37期)

きょうは文部大臣に、臨時教育審議会の設置法案について具体的にお聞きをしたいと思うわけであります。この臨時教育審議会というのは要は器でありまして、中身についてはいろいろ専門家の文教委員の先生方もおられ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第24号(1984/08/21、37期)

公明党の鈴切康雄でございます。まず初めに、政府は、国家公務員の給与改定に当たってこのところ三年間というもの、連続して人事院勧告を無視をいたしました。凍結とか抑制とかということで不完全実施をしてきたこ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1984/12/13、37期)

人事院から八月十日に人勧が内閣及び国会に提出された。それを見ますと、アップ率は六・四四%であるわけでありますけれども、政府は十月三十一日に「公務員の給与改定に関する取扱いについて」という閣議決定を行っ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1985/02/26、37期)

国家公務員退職手当法の一部を改正する法律案につきまして、いろいろと御質疑を申し上げるわけでございますが、その前に少しお伺いをしておかなければならない問題は、やはり人勧の問題であります。人勧については…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 内閣委員会 第10号(1985/04/16、37期)

恩給法等の一部を改正する法律案についてでございますが、事柄の性質上、事務的な答弁が多くなるだろうと思いますけれども、せっかく総務庁長官が出席でおられますので、大臣に若干御質問申し上げて、恩給法に入りた…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 内閣委員会 第11号(1985/04/18、37期)

ただいま議題となりました自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合及び日本共産党・革新共同の各派共同提案に係る附帯決議案につきまして、提案者を代表して、その趣…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 内閣委員会 第16号(1985/06/06、37期)

国家公務員災害補償法の一部を改正する法律案の審議に入る前に、人事院総裁に、本年の春闘の妥結状況をどのように把握をしているか、また本年の民間企業調査のスケジュールがどのようになっているか、その点をまずお…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 内閣委員会 第18号(1985/08/20、37期)

本日の委員会は、人事院勧告を受けて公務員給与の審議を行うことになっておりましたけれども、日航ジャンボ機の墜落事故、また八月十五日の閣僚の靖国神社公式参拝と、国政全般にわたる重要な問題が出てまいりました…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1985/11/21、37期)

今問題になっております衆議院の定数是正に関連いたしまして、総務庁の所管である国勢調査についてお伺いを申し上げます。国勢調査は、総務庁の統計局で企画から調査結果の公表まで一連の指導監督に当たっておられ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1985/11/26、37期)

公明党・国民会議を代表いたしまして、総理にお伺いいたします。十一月十九日、二十日の両日にわたってジュネーブで開かれました米ソ首脳会談は、前文と共同声明十三項目から成る共同声明を発表して終了いたしまし…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1985/12/10、37期)

政府は、八月七日の人事院勧告を受けまして、十一月八日閣議を開き、公務員の給与改定を七月一日から人事院勧告どおり行うことを決定し、本法案を提出されたわけでありますけれども、なぜ実施時期を七月一日からとし…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1986/03/06、37期)

総務庁は内閣委員会の所管でございまして、きょう初めて総務庁長官に御質問をする機会があったわけでございますが、ほかの委員会は大体その所管の大臣が所信表明をされてその所信表明に対しての質疑が行われるという…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 内閣委員会 第7号(1986/04/03、37期)

外務省設置法の審議に入るわけでございますけれども、まず法案の方で若干お聞きしましてから、次の問題に移りたいと思っております。今回の在外公館名称位置給与法案は、スペインのバルセロナに日本国総領事館を新…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1986/04/24、37期)

安全保障会議設置法に入る前に、防衛庁長官の方にいろいろとお聞きしたいと思って…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22