有島重武衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 23 委員  7)  4回発言  45703文字発言
第102回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 24)  7回発言  49297文字発言
第103回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  0回発言      0文字発言
第104回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  3回発言  32741文字発言

  37期通算  82回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員 57) 14回発言 127741文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文教委員会
            61回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員 36) 13回発言 111518文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
            17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言  16223文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 文教委員会理事(第101回国会)
 文教委員会理事(第102回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1984/03/23、37期)

百一国会における文部大臣の所信に対しまして、質問をさせていただきます。愛野委員長のもとに私たち文教委員会、実質的にはきょうが初めてでございます。文部大臣にはもう二月以来、衆参の予算委員会を初め、今教…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第12号(1984/05/09、37期)

けさの朝刊を見ますと、各紙とも一面のトップに真っ黒なすごい見出しが出ておりまして、戦争でも始まるんじゃないかというショッキングな表現でございました。ソ連がロサンゼルスのオリンピックをボイコットするとい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1984/05/11、37期)

日程の都合上で、とかく内閣提出の法案の審査に偏りがちな国会の中で、こうして議員立法の審査をいたしますことは大変欣快にたえないところであろうと思っております。提案者に対し、またこうして大幅に時間をとって…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1984/02/25、37期)

百一国会の予算委員会に総括質問の時間をいただきまして、喜んでおります。閣僚の皆様方には、きょうは特別にまた早朝からお集まりをいただきまして、本当に御苦労さまでございます。きょうは教育のことについて大…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1985/03/29、37期)

第百二国会における文部大臣の所信に対して質疑の時間を与えていただいて感謝をいたしております。私どもも教育の改革につきまして考えたことがございまして、一冊の本にまとめましたので、この本は中曽根総理大臣…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1985/04/19、37期)

国立学校設置法の一部を改正する法律案、この審査に当たりまして、基本となるべき高等教育の計画的整備についてただしておきたいと存じます。「昭和六十一年度以降の高等教育の計画的整備について」、昭和五十九年…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第9号(1985/04/24、37期)

九月以来の臨教審の岡本会長また石川会長代理ほかの先生方の熱心な御努力に敬意を表したいと存じます。そこで、本日「審議経過の概要(その2)」というのが発表されまして、先ほどその御説明も承ってございます。…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第14号(1985/05/29、37期)

養護教諭と事務職員の配置ということにつきましては、これは文部当局におかれましても、また学校の現場におきましても、望ましいことである、一様にこれも努力してまいりたい、こういった認識は共通である、その上に…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1985/06/05、37期)

きょう私は、報道されておりますいじめの問題、これを主要テーマとして質問したいと思います。そのほか放送大学の問題、また専修学校の問題にも触れていきたいと思っております。最初に、いじめのことでございます…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第18号(1985/06/14、37期)

日本体育・学校健康センター法案、議題となっておりますこの法案についての審査をさせていただきます。初めに、この提案理由の御説明によりますと、「臨時行政調査会の答申に沿って、特殊法人の整理合理化を図るた…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第21号(1985/06/27、37期)

去年九月五日の総理大臣の諮問、これを受けましての臨時教育審議会の第一次の答申ということで、昨日発表のこの冊子をいただきました。短期間に一つの形にまとめられるということは大変な御苦労であったのだろう、そ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1986/03/28、37期)

昭和六十一年度、第百四国会における文部大臣の所信に対しまして、質疑と提言の機会を与えていただきまして、私は欣快に存じております。総括的に当面の諸問題に触れておきたいと思います。なるべく簡潔にいきたいし…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第10号(1986/04/25、37期)

公明党の有島でございます。本日は質疑の機会を与えていただいて喜んでおります。臨教審におかせられては、昭和五十九年の九月に発足なさって、去年六月に第一次答申、引き続いて今度第二次答申ということで、なか…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1986/05/09、37期)

初めに、時事問題を二つ、一つは入試の問題、一つは体育協会のアマチュア規定の問題をやりたいと思います。入学試験については、大学改革の一環としてこれを位置づけなければいけない、私はそう思っておる。また、…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22