正木良明衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  3回発言   4776文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  3回発言   4776文字発言

本会議発言一覧

第104回国会 衆議院 本会議 第12号(1986/03/20、37期)

ただいま議題となりました交通安全施設等整備事業に関する緊急措置法の一部を改正する法律案につきまして、交通安全対策特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、近年、交通事故の発生が再び増加傾向会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第13号(1986/03/25、37期)

ただいま議題となりました踏切道改良促進法の一部を改正する法律案につきまして、交通安全対策特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、最近における踏切事故の発生件数及び死傷者数は年々減少傾向を示しておりますが、この種事故は、一たび発生すると人命にかかわる重大な結果をもたらすもの………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第23号(1986/04/22、37期)

私は、公明党・国民会議を代表して、中曽根総理の訪米報告及び関連する当面の諸問題について質問するものであります。先進国首脳会議が七年ぶりに東京で開催されます。サミット発足以来十二年、世界情勢も大きく変化いたしました。サミットの性格も、それにつれて変わり、政治的色彩が一段と強くなっているとはいえ、私は、………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言  24050文字発言
第102回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言  19806文字発言
第104回国会 17回出席(長  7 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  1回発言  19950文字発言

  37期通算  32回出席(長  7 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  4回発言  63806文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  3回発言  55521文字発言

 交通安全対策特別委員会
             7回出席(長  7 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   8285文字発言


委員会委員長経験

 交通安全対策特別委員会委員長(第104回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1984/04/13、37期)

委員外でございますが、きょうは差しかえで質問のチャンスを与えていただきましてありがとうございました。さて、二月の十六日に衆議院の予算委員会で、この関西国際空港問題について数点の質問をいたしましたが、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1984/02/16、37期)

最初に、我が国並びに政府を代表して故アンドロポフ書記長の国葬に参加された安倍外務大臣がお帰りになりました。本当に御苦労さまでございました。そこで、今回この国葬を機といたしまして一年三カ月ぶりにグロム…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1985/02/07、37期)

それでは、質問通告の項目を書いてございますが、最初に、今問題になっておる大型間接税問題から入りたいと思います。午前中の質疑応答を聞いておりましたけれども、大方一時間かかって余り内容がはっきりしない。…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1986/02/07、37期)

昭和六十一年度以降の財政経済運営関連の質問の前に、二、三お尋ねをいたします。まず第一に、運輸大臣にお願いしたいのですが、国鉄再建問題については法案が提案されてから本格的な論議が行われるでありましょう…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  1本提出

質問主意書一覧

レコードの物品税に関する質問主意書
第104回国会 衆議院 質問主意書 第24号(1986/05/20提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22