大橋敏雄衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34) 10回発言  77672文字発言
第102回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員  0)  8回発言  52326文字発言
第103回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  1回発言   6807文字発言
第104回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員  0) 11回発言  51871文字発言

  37期通算  86回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 52 委員 34) 30回発言 188676文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
            85回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 52 委員 33) 29回発言 182877文字発言

 石炭対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   5799文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 社会労働委員会理事(第102回国会)
 社会労働委員会理事(第103回国会)
 社会労働委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1984/03/27、37期)

大臣、二、三日前NHKが報道いたしておりましたけれども、我が国も六十五歳以上の高齢者が総人口の九・八%になった、約一割を占めるようになったわけですね。また、二十一世紀に向けまして急テンポで本格的な高齢…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1984/04/05、37期)

本日は、軽費老人ホーム並びに血友病患者対策に関しまして、若干質問したいと思います。高齢化社会と老人ホーム、これは極めて重要な関係でつながっていくわけでございますが、特に施設の整備あるいは運営面にはき…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1984/04/24、37期)

大臣、私は、この雇用保険法の審議に当たって非常に感慨無量なるものを感ずるわけでございますが、それはやはり、十年前の審議のときにも私は参画いたしております。言うまでもないのですけれども、戦後の経済の動…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第11号(1984/05/08、37期)

私も、芳子時間をいただきまして、前回の委員会で積み残しました質問について整理をしてみたいと思っております。今も同僚議員から質問があっていたわけでございますが、高齢者の給付金問題です。これは高年齢者の…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第19号(1984/06/28、37期)

私は、厚生行政の最大の、最高の着任者である渡部大臣と、できるだけお話をしたいというように思います。実は、医療保険制度の抜本的改革という問題は、非常に古くてまた新しい問題だと思うのです。と申しますのは…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第23号(1984/07/10、37期)

先週から法案の実質審議が始まったわけでございますが、いろいろな論議が繰り返されているわけでございますけれども、きょう社会党の先生の質問のときに外務省の答弁者の態度を見ておりましたときに、何という熱意の…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第28号(1984/07/25、37期)

私は、軍人として第一線で戦争を体験した一人でございます。少年にしまして海軍を志願し、やがては特攻の華と散っていく運命にあったわけでございますが、終戦のおかげでこうして生き延びてまいりました。しかし私は…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第29号(1984/07/26、37期)

私も引き続いて年金の大改革法案を今からいろいろとお尋ねをしていくわけでございますが、この厚生省提出の改革案は、我々公明党がかねてから提案をいたしておりました、主張してまいりました国民基本年金構想、こう…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第33号(1984/10/31、37期)

私も人勧の問題を最初にお尋ねしたいと思いますが、けさの新聞報道でございますが、「公務員ベア三・三五%前後 積み残し解消三−四年で きょう閣議決定」という見出しが出ておりました。私は、この記事を見るまで…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1984/07/11、37期)

遺憾なことではございますが、私の地元筑豊地帯では、今鉱害復旧事業に関しまして大混乱が生じております。午前中にも社会党の先生から問題が提起されたと思うのでございますが、いわゆる鉱害屋問題をめぐりまして、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1984/12/18、37期)

総理を迎えての委員会の質疑は余りございませんので、私はできるだけ総理大臣とお一話をしたいと思います。適切な評価というものは正しい認識からとよく言われます。例えば、中曽根代議士は現在日本の総理大臣であ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第9号(1985/03/26、37期)

いよいよ春闘もたけなわになってまいりましたが、勤労者にとりまして賃金というものは生活に直結するものでありますだけに、そのベア率がどうなるかということに対しては最大の関心といいますか、問題視しているわけ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1985/04/12、37期)

このたび改正案が提出されたわけでございますが、先月の二十八日から実質審議に入ったわけでありますが、もう既に問題のあらゆる内容が浮き彫りになったわけであります。正直申し上げまして、私も今回の法案に対して…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第17号(1985/04/19、37期)

参考人の皆さん、本当に本日は御苦労さまでございました。非常に貴重な意見を承りましてありがたく思っております。最初に、山本参考人と阿島参考人にひとつお尋ねをしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第18号(1985/04/23、37期)

私も先週に引き続きまして若干お尋ねをしてみたいと思いますが、この労働者派遣事業法を制定しようというその動きにつきましては、いわゆる背景については、既に労働者派遣事業に関するいわゆる調査会あるいは研究会…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第19号(1985/04/25、37期)

初めに援護法関係で若干質問したいと思いますが、総理府の方、来ていますね。戦後処理問題の一環といたしまして極めて重要な事柄が取り残されているのではないかなということで、私は去る三月八日、予算の第一分科…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第20号(1985/05/14、37期)

ただいま議題となりました労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律案に対する修正案につきまして、自由民主党・新自由国民連合、公明党・国民会議及び民社党・国民連合を代表…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第21号(1985/05/21、37期)

私も、ただいま議題となっております労働基準監督署と公共職業安定所等についての再編整理に関しまして、若干お尋ねをしたいと思うのです。昭和六十年度の計画は労働基準監督署が五カ所、職業安定所が十五カ所とな…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1985/12/10、37期)

本日は、労働一般の質問の時間をちょうだいいたしまして、二、三お尋ねしたいと思いますが、まず初めに、今、社会で大きな話題になっておりますが、我が国の野球界に初めて労働組合が結成され、その会長さんにはジャ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1986/02/25、37期)

先般、労働大臣が所信表明をなさったわけでございますが、その中で我が国の雇用失業情勢についてもお述べになっているわけでございます。特に業種あるいは地域にばらつきがある、いまだに非常に不安定な状況下にある…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1986/03/06、37期)

厳しい財政難の中でとかく福祉関係の後退が取りざたされているわけでございますが、私はせめてこれだけは緊急に前進的措置を講ずる必要があると考えまして、次の七項目の柱を立てまして政策要求として求めました。…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1986/03/20、37期)

私は、年金福祉事業団法及び国民年金法等の一部を改正する法律案について若干お尋ねをしたいと思いますが、まず法案の具体的な質問に入る前に、厚生行政の基本にかかわる問題点につきまして若干お尋ねをしたいと思い…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1986/03/25、37期)

引き続いて質問を申し上げますが、中高年齢者等の雇用促進法の改正案の主なねらいというものは、六十歳代前半層、いわゆる六十五歳未満に対する雇用拡大を目指したものと私は思うのでございますが、今回のその対策の…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1986/03/27、37期)

先週に引き続きまして、年金関係法案に対して質問したいと思います。重複する点があると思いますけれども、明確に答えていただきたいと思います。私は、先週、大蔵省がことしの一月に提出しました「中期的な財政事…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1986/04/02、37期)

私も春闘問題につきまして若干お尋ねしたいと思うのですが、今週から来週にかけまして八六年春闘の最大の山場を迎えることになるわけでございますが、まず春闘を取り巻く環境といいますかそういう状況認識が、私と労…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第11号(1986/04/10、37期)

私がただいまから質問申し上げる問題は、もう既に過去二回委員会で取り上げた問題でございます。初めは昨年の三月八日、総理府所管の事項として予算第一分科会で、二度目は昨年の四月二十五日、約一カ月半後でござい…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1986/04/15、37期)

私は、初めに最近における労働災害の発生状況についてお尋ねしたいと思うのですが、発生件数、総体的にはどのような水準で推移していっているか、これをお願いしたいと思います。ちなみに昭和六十年の数字を申し上…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1986/04/17、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合、日本共産党・革新共同及び社会民主連合を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。案文を朗読して説明…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1986/04/22、37期)

行政のむだを省いて効率化していこうという行革の基本的な考え方について反対する者はいないと思うのです。当然、政府の行革方針について我が党は賛成でございまして、きょうの承認案件の内容も、行革の内容にはなっ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第15号(1986/04/24、37期)

私は、まず初めに、我が国の医療費の増高現象というものは異常的だということを申し上げたい。毎年約一兆円ずつのふえ方でございます。現在は総医療費は十六兆円を超えてしまった。これを押し上げている大きな要因は…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22