佐藤観樹衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   4869文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   4436文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   9305文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第38号(1985/06/24、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、自由民主党・新自由国民連合提出による二人区創設を含みます公職選挙法改正案、いわゆる六増・六減案に反対、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合、社会民主連合四党による公選法改正案、野党統一案に賛成の立場から、議員定数是正問題につき、基本的な重要課………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第11号(1986/03/08、37期)

私が本院に議席を得たのが、一九六九年十二月。当時は佐藤内閣でした。ほぼ二年後に田中内閣、そして三木、福田、大平、鈴木といずれも二年ずつ政権を担当し、今四年も続いた中曽根内閣が終わろうとしています。戦後四十一年の中で、この中曽根内閣の四年間はどう評価されるべきでしょうか。平和憲法のもとで軽武装、経済重………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 21回出席(長 10 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  2回発言  13340文字発言
第102回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 20)  2回発言  46912文字発言
第103回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  4)  1回発言     92文字発言
第104回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員 17)  7回発言  64098文字発言

  37期通算  76回出席(長 10 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 52) 12回発言 124442文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 41)  6回発言 100179文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
            13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員  0)  4回発言  10923文字発言

 災害対策特別委員会
            11回出席(長 10 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

 法務委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  0回発言      0文字発言

 逓信委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  13340文字発言


委員会委員長経験

 災害対策特別委員会委員長(第101回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 災害対策特別委員会理事(第102回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第102回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第103回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第15号(1984/07/11、37期)

六時七分過ぎで皆さん大変御苦労さんでございます。たくさんの課題がございますけれども、私は、電電公社を民営化する、そのために政府の保有株を売却するという問題についてお伺いをさせていただきたいと思うわけ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第18号(1984/07/19、37期)

私は前回の委員会で、いやしくも国民の共有財産と言われる電電公社の資産というものを、途中は除きますけれども、政府の保有株として売却をする限りは、民営化するに当たって、いやしくも利権が発生をしないように、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1985/02/14、37期)

今私は、日本経済というのは三重苦を持っているんじゃないかと思っているわけであります。一つは何といっても財政の問題であります。もう一つは個人消費と印しましょうか、家計が大変苦しいという問題。そして三つ目…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1985/02/22、37期)

大臣のいろいろな時間があるよ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1985/10/14、37期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、三原朝雄君を委員長に推薦いたしたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1985/12/24、37期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、三原朝雄君を委員長に推薦いたしたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1986/03/05、37期)

新しく自治大臣になられた小沢さんは、閣内でも一番若い大臣であり、また議院運営委員長という、議会の運営につきましてはベテランとして自治大臣になられたわけでございます。また、森政務次官も、昨年は定数是正…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号(1986/05/16、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま委員長から趣旨説明がございました公職選挙法の一部を改正する法律案の起草案、いわゆる議長調停に基づく定数是正案につき、意見表明を行います。そもそも民主主義…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1986/02/12、37期)

きょうから六十年度補正予算の質問に入るわけでございますが、それに先立ちまして、昨日、東伊豆町の熱川温泉大東館で二十四名の死亡、行方不明を出すという大変痛ましい事故があったわけでございますので、この問題…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1986/02/21、37期)

きょうはお手元に一般質問の項目を配らせていただきましたけれども、「六十一年度の経済運営について」、一ドル百七十円、あるいはそれを割るのではないかというような新しい時代に入った日本経済の運営について、日…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1986/02/25、37期)

きょうは税制、財政問題の集中審議でございますので、私は主に、サミットに向かって日本の経済運営がこのままの状態で果たしてサミットは成功するんだろうか、そのための経済運営として内需拡大ということは言います…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1986/03/08、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表し、一九八六年度政府予算三案及び日本共産党・革新共同提出の同予算三案の組み替え動議のそれぞれに反対する討論を行います。政府予算案は、今日我が国が直面をしている経済、社…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22