土井たか子衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   3798文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   3798文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第32号(1984/06/26、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま議題となりました雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保を促進するための労働省関係法律の整備等に関する法律案について、総理並びに関係大臣に質問をいたします。(拍手)質問の第一は、女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約批准に対する政府の姿………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  4) 14回発言 114264文字発言
第102回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員  1) 14回発言 144278文字発言
第103回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  3回発言  31388文字発言
第104回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  4) 10回発言  85272文字発言

  37期通算  61回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 52 委員  9) 41回発言 375202文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            52回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 52 委員  0) 34回発言 278769文字発言

 社会労働委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  3回発言  46798文字発言

 法務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  14166文字発言

 対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  11620文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  13144文字発言

 環境委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  10705文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第101回国会)
 外務委員会理事(第102回国会)
 外務委員会理事(第103回国会)
 外務委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1983/12/28、37期)

今回の日ソ漁業交渉が例年になく厳しいというのは中曽根内閣の対ソ外交姿勢に起因しているのではないかという疑念が国民の間に大変ございます。また、ただいまも岡田議員の方からの御質問の中でございましたけれども…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1984/03/02、37期)

五十八年一月十四日に当時の内閣官房長官後藤田長官の談話がございました。また、十一月八日には交換公文が取り交わされております。そこで武器輸出三原則に変更が出てまいっておりますが、きょうは基本的なことをひ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1984/04/04、37期)

ただいまのスリランカ民主社会主義共和回との間の定期航空路の開設に関してのこの協定なんですが、これは東京―コロンボ間の定期航空路を開設するということですから、当然のことながら乗り入れの空港は成田空港とい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1984/04/18、37期)

昨日の夕刻、石橋政嗣委員長を団長にいたしました社会党の訪米団が帰ってまいりました。十日にわたる大変目まぐるしい日程でございましたが、おかげさまで元気にその全日程を終えまして帰ってくることができたわけで…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1984/04/25、37期)

最近、朝鮮半島をめぐる緊張緩和の機運ということに対して国際間でも大変注目が集まっているのでありますけれども、先日アメリカに参りました節、議会人と話をしておりましたら、一方では韓国のいろいろなあり方の中…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1984/04/27、37期)

私は、これから質問するに当たりまして、初めに少し気にかかることを二、三点聞きまして、あと基本的なことについて釈然としない問題がございますから、そのお尋ねを進めたいと思います。端的にひとつ外務省の方とし…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1984/05/11、37期)

社会党の持ち時間というのがあと十分もありません、六分そこそこですから、その時間内でというとこれは問題が非常に大きいわけですが、私自身は国際電気通信条約について質問させていただくということであります。…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1984/05/18、37期)

いよいよ国際電気通信条約をきょう審議いたしまして議了という運びになる予定でございますが、奥田敬和郵政大臣におかれましては、この外務委員会はふるさとのように思われているのではないかと思います。この条約審…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1984/06/20、37期)

きょうの委員会の冒頭に外務大臣からサミット報告をいただいたわけですが、サミットでは本当に御苦労の数々がおありになったと思います。このサミットの会議を前にして中曽根総理は野党党首と会談の場を持たれたの…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1984/08/01、37期)

本日は、我が党の石橋政嗣委員長も傍聴に見えておられますが、私ども、河上、高沢両議員とひとつ力を合わせて分担をいたしまして、それぞれ手に持ちましたことをここに持ってまいりまして、質問をさせていただくとい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1984/11/09、37期)

このたび、三たび外務大臣に御就任されました安倍外務大臣、そして有史以来、女性の外務政務次官としては初めてと思われる森山次官、お二方、これから大変な時期を迎えるわけでございますけれども、ひたすら御健闘を…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第25号(1984/07/17、37期)

私は、質問に入ります前に、一つはっきり確認をしておきたいと思うので、まず外務省の方にお尋ねしたいと思います。女子差別撤廃条約は来年批准をするということを、国会で幾たびか答弁をされ、閣議決定があるとい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第27号(1984/07/24、37期)

今審議を進めております当法案の政府案は、初めから終わりまで、これは見れば見るほど問題だらけでありまして、これに対しての審議をやり始めたら、とどまるところを知らずという格好に恐らくなるだろうと思うのです…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第12号(1984/04/20、37期)

きょうは、一時間という質問時間が与えられたわけですから、その中で少し論点を絞ってお尋ねを進めてみたいと存じます。まず、父系優先血統主義、現行国籍法がその立場をとっているわけですが、この父系優先血統主…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1985/03/26、37期)

久しぶりで、当外務委員会の国際情勢についての質問の機会がきょうあるわけでありますが、前回当委員会を開きまして以後、外務大臣は、故コンスタンチン・チェルネンコ・ソ連共産党書記長の国葬に参列をされました。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1985/04/10、37期)

きょうは、IAEAの関係条約について質疑をさせていただく日でありますが、外務大臣は、きょうの夕刻日本を立たれましてOECDの会議に臨まれます。その場所でアメリカのブッシュ副大統領とも会見をされるという…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1985/04/17、37期)

大臣、五分ばかり後ろの方で時間をとっていただいて結構です。その間、質問を始めることを待ちます。土井たか子君。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1985/04/19、37期)

前回に引き続き、国際原子力機関憲章についての質問をさせていただきたいと思います。一九七六年に我が国は、核兵器不拡散に関する条約に参加をいたしました。当時の国会論議というのは、私も鮮明に覚えているわけ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1985/04/24、37期)

私は、これより三条約についての質問をいたしますが、まず、千九百七十九年の海上における捜索及び救助に関する国際条約、いわゆるSAR条約についてお尋ねをいたします。SAR条約は、外務省のお出しになった資…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1985/05/10、37期)

外務大臣は、サミットから後、ヨーロッパへの歴訪を終えられてお帰りになって初めての外務委員会ですが、お疲れであったと思います。今回のサミットは第十一回のサミットであったはずなんですが、先日、外務省の方…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1985/05/17、37期)

今回のこの条約に対して、加盟予定国はそれぞれの国の特殊性、それぞれの国のよって立つ立場がございますが、御案内のとおりに日本は武器輸出三原則がある国でございます。今回の条約をずっと見てまいりました限りで…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1985/05/22、37期)

きょうは大きく三点にわたって質問をさせていただきたいと思うのですが、まずホットなところからお伺いいたしたいと思います。ニュースによりますと、昨日イスラエルの門田大使がイスラエル外務省の高官に会われま…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1985/05/24、37期)

世紀の条約と私はこれを申し上げたいと思うのですが、女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約についてただいまから、本日はまず皮切り質問でございますから、入り口のところを私は質問をさせていただくこ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1985/05/29、37期)

関連して。ただいまの問題についてちょっと関連で申し上げますが、今の小林議員の御質問に対する答弁というのは、非常にいいかげんな答弁なんです。文書で提出していただくにいたしましても審議中でないと意味をなし…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1985/05/31、37期)

今の質疑応答を承っておりまして、まず私は、抽象的なことじゃなくて具体的なことでひとつ総理大臣の御認識を伺わせていただきたいと思うのです。総理大臣、御存じだと思いますが、ゴルフ場の中で女性を締め出すゴ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1985/06/04、37期)

この条約審議を始めました二十四日の初めの質問で、私は、この女子に対するあらゆる形態における差別を撤廃する条約に関連する国際条約がどれくらいあるかという質問をし、かつ、中身に対しても質問を進めました。き…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1985/06/19、37期)

きょう、私は数点にわたって質問を申し上げたいと思いますが、まず、この十一日にアメリカの上院本会議で可決されました対日防衛要求決議案と一般に言われておりますあの決議について、あらましの概要を御説明願いた…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1985/04/12、37期)

今回の政府提案のこの法案を見ますと、見れば見るほど一体政府はどういう感覚でこういう法案をお出しになったのか、理解に苦しむのですね。一片の人間としての常識があるならばこの法案というのは恐らく速やかに撤回…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1985/11/08、37期)

運輸省、御出席でいらっしゃいますね。昨日、日航機がサハリン沖で航路を大変外れて約一時間飛んで、ソ連側は緊急発進をするという状況があったというニュースが報道されまして、私どもはびっくり仰天したわけであ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1985/11/27、37期)

外務大臣、まず私は、今月の十九、二十、二十一日にジュネーブで行われました米ソ首脳会談について、少しお尋ねを進めたいと思います。今回の首脳会談は六年半ぶりなんですね。お互いがいろいろと相手に対して、悪…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1985/12/06、37期)

まず、フィリピン問題についてお尋ねをいたしたいと思います。非常に新しいところなんですが、私どもはある意味では予想していたものの、実はびっくり仰天をしたのが、十二月二日の例のアキノ氏暗殺事件に対する判…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1986/02/19、37期)

外務大臣、ことしは五月の東京でのサミットは言うまでもなく、大分外交日程が込んでおります。外務大臣御自身も大変誌忙しいだろうと思うのです、ヨーロッパにもやがて行かれますし。そういう中で、仄聞するところ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1986/02/26、37期)

ただいまのお二方からの御報告を受けました上で、質問を二、三させていただきたいと思います。外務大臣は既に正式の談話を、フィリピンにある日本大使館を通じてアキノ大統領の方に届けられたということであります…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1986/04/09、37期)

海外経済援助、わけても二国間の経済援助というのは、相手国の民生安定のためであり福祉の向上に役立つものでなければならない、これは当然のことでありまして、外務大臣は繰り返し繰り返しこれを言われてきた。きょ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1986/04/25、37期)

ただいま河上議員から御質問がございました点に重複することを避けながら、私は質問させていただきたいと思います。まず、今回二件ございますILOの、百二十二号条約について申しますけれども、二十年間ほったら…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1986/05/07、37期)

外務大臣、今回のサミットは第十二回目であったと思うのですが、東京では第二回東京サミットということに相なるかと思います。このサミットの中で、政治討議では国際テロ対策というのが中心テーマになったと巷間伝え…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1986/05/14、37期)

本日は、大変お忙しい中を参考人ふして御出席をいただきました田中直毅参考人、竹内宏参考人に、まずお礼を申し上げたいと思い童す。ありがとうございました。それで、お話承っていても、これなかなか難しい問題な…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1986/05/16、37期)

今委員長のおっしゃったとおり、扶養義務の準拠法に関する条約について質疑をさせていただくわけですが、外務省から出していらっしゃる説明書を見ますと、「概説」というところで、まずこの条約自身は、昭和元号で書…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 環境委員会 第4号(1986/05/09、37期)

当環境委員会には久しぶりでお時間をちょうだいいたしまして、きょう質問をさせていただくことになりましたが、従来私は、大阪国際空港の公害対策ということで当委員会で幾たびか御質問を継続してやってまいりました…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会 第2号(1986/04/23、37期)

今、参議院の本会議から急ぎ駆けつけられました外務大臣に、まずお尋ねをいたしたいと存じます。安倍外務大臣は、従来から一貫して経済援助というのは民生安定のために役立つものでなければならないということを言…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1986/02/13、37期)

私は、ただいまから一時間にわたりまして女性に関する問題で質問をさせていただきたいと思うのですが、その問題に入ります前に一問ちょっとお尋ねをしたい件がございます。それはほかでもございません、二月の七日…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  2本提出

質問主意書一覧

旧ポルトガル領東チモールに関する質問主意書
第104回国会 衆議院 質問主意書 第8号(1986/03/07提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

旧ポルトガル領東チモールに関する再質問主意書
第104回国会 衆議院 質問主意書 第22号(1986/05/09提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22