坂井弘一衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   4351文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   4351文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第20号(1985/04/11、37期)

私は、公明党・国民会議を代表して、さきに政府が決定いたしました対外経済対策につきまして、総理並びに関係大臣に質問するものであります。一昨日、対外経済対策を決定しました直後の総理の記者会見をテレビで拝見いたしまして、厳しいこの日米貿易摩擦に対応しようとする総理の努力を多としながらも、その一方ではもう一………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 20回出席(長  8 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  0回発言      0文字発言
第102回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 10)  6回発言  51087文字発言
第103回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  2)  1回発言   9981文字発言
第104回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 10)  1回発言  16537文字発言

  37期通算  57回出席(長  8 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員 34)  8回発言  77605文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 建設委員会
            19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  2回発言  14038文字発言

 交通安全対策特別委員会
            19回出席(長  8 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  0)  5回発言  47030文字発言

 大蔵委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  0回発言      0文字発言

 対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  1回発言  16537文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 交通安全対策特別委員会委員長(第101回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 交通安全対策特別委員会理事(第102回国会)
 交通安全対策特別委員会理事(第103回国会)
 対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第102回国会 衆議院 建設委員会 第5号(1985/03/06、37期)

最初に国土庁長官にお伺いしたいのでございます。国土庁が発足しまして昨年で十周年を迎えましたが、これまで国土庁の行政機能についていろいろな議論があり、またいろいろの評価があるわけですが、そうした指摘の…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1985/06/12、37期)

最初に電柱の地中化についてちょっとお尋ねしておきたいと思います。歩道の真ん中を安心して歩いていまして電柱にぶつかった、笑うに笑えぬようなことが今しばしばあるようでございまして、健常な歩行者がそういう…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第3号(1985/04/17、37期)

最近の事故増加の原因の一つに、残念ながら交通社会人全般のマナーの低下、安全意識が非常に低い、自己中心の運転、それから無謀運転、そういうことが非常に事故増加につながっていると私思うのでございまして、この…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第5号(1985/05/15、37期)

私は、シートベルトの着用を推進するという立場から、今回の法制化に対して若干お尋ねしていきたいと思いますが、その前に、この法律によって義務づけるということに対して非常に根強い反論といいますか、あるいは反…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第6号(1985/06/06、37期)

二つの例を挙げます。一つは、千葉県のある高校生が二輪車の免許を取りまして車を購入いたしました。そうしまして、その車を実は他人に貸したわけでございますが、借りた人が事故を起こしました。車を貸しました高…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第9号(1985/08/28、37期)

最初に、亡くなられた方々の御冥福をお祈り申し上げます。報道によりますと、山下大臣は、一つ、今回の事故は人災だ、それから二つ目、日航の企業体質にも遠因がある、首脳陣は一新を図るべきである、三つ、日航の…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第2号(1985/11/27、37期)

最初に日航機墜落事故の問題、次に航空企業の新しい運航体制の問題、それから最後に警察庁の交通安全対策、以上三点につきまして順次お尋ねをしていきたいと思います。ちょうど今から七年前の昭和五十三年の六月に…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会 第2号(1986/04/23、37期)

経済協力は我が国の対外政策の非常に大きな柱であると私は思っておりますし、今回いわゆるマルコス不正蓄財疑惑、このことによってこの柱が大きく揺らぎ始めた。このことは我が国の外交にとりまして極めてゆゆしき事…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22