古川雅司衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

32期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   3368文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   3623文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   6991文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第18号(1985/04/02、37期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、ただいま議題となっております昭和六十年度の財政運営に必要な財源の確保を図るための特別措置に関する法律案、いわゆる財確法外二法案について、総理並びに大蔵大臣に質問を行うものであります。我が国の財政は、六十年度末で百三十三兆円の国債残高を抱え、さらに毎年多額の国………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第12号(1986/03/20、37期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、ただいま議題となりました国の補助金等の臨時特例等に関する法律案について、総理並びに関係大臣に対し質問を行うものであります。中曽根内閣は、発足以来、一貫して財政再建の公約を掲げてまいりました。しかし、今日に至ってもその見通しすら全く立たない実情にあります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

32期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員 11) 12回発言  49875文字発言
第102回国会 33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 32)  8回発言  53620文字発言
第103回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  0回発言      0文字発言
第104回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  5回発言  35143文字発言

  37期通算  87回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員 68) 25回発言 138638文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
            52回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 52)  9回発言  61856文字発言

 外務委員会
            19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員  0)  8回発言  32486文字発言

 建設委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  5回発言  20651文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  11453文字発言

 社会労働委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  12192文字発言

 地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第101回国会)
 外務委員会理事(第102回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1984/04/04、37期)

ただいま議題になっております両脇定に関連をいたしまして、大臣の御所見を中心に若干お伺いをしてまいります。今回の中曽根総理の訪中につきまして、新聞等の報道で承知する限り非常に異例な歓迎ぶりで首相をお迎…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1984/04/13、37期)

ただいま議題になっております三件に関連をいたしまして若干質問を進めさせていただきます。最初に、出版物の国際交換に関する条約をA条約として、公の出版物及び政府の文書の交換に関する条約、これをB条約とし…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1984/04/27、37期)

ただいま議題となっております民間航空機貿易協定附属書の改正について御質問を申し上げます。最初に、関連をいたしまして次期民間航空機の開発についてお伺いをしてまいります。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1984/05/11、37期)

ただいま議題になっております三件の中で、私は、日本・マレーシア郵便為替約定並びに国際電気通信条約及び関係議定書、この二件について若干の御質問を申し上げます。最初に、郵便為替約定の方でございますが、万…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1984/05/18、37期)

内閣総理大臣に若干の質問をいたします。従来、我が国は軍事大国にならない、平和外交に徹すると内外に表明をしてまいりました。昭和五十一年十一月に閣議決定をした防衛費は当面GNPの一%以内とする、この方針…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1984/07/18、37期)

安倍外務大臣に若干の質問をいたします。端的に御答弁をいただきたいと思います。ポスト中曽根の資格を十分お持ちになる自民党のニューリーダーのお一人として、安倍外務大臣は二十回を超える一連の外遊に一段落を…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1984/11/09、37期)

安倍外務大臣に若干の御質問を申し上げます。第二次中曽根内閣の発足に伴いまして、連続三期目の外務大臣のポストにおつきになったわけでございますが、安倍大臣の基本姿勢でいらっしゃる日本外交の幅を広げようと…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 建設委員会 第3号(1984/03/09、37期)

去る二月二十二日の本委員会におきまして、両大臣の大変御立派な御所信をお伺いしたわけでございますが、若干御質問を申し上げたいと思うわけでございます。殊に建設大臣の御所信では、冒頭から、最近の我が国の経…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 建設委員会 第5号(1984/04/04、37期)

建設省からいただきました公共土木施設災害復旧事業費国庫負担法の一部改正についてという説明の文書でございますが、洪水等の異常な天然現象によって被災した公共土木施設について、本法によってその速やかな復旧を…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 建設委員会 第8号(1984/05/18、37期)

建設行政にかかわる問題点について、短時間で多岐にわたりますが、若干の質問をいたします。初めに、第二電電に関連をいたしまして、建設省は電気通信事業の自由化に対応して、同事業に積極的に進出をする方針を決…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 建設委員会 第9号(1984/07/11、37期)

私は河川環境の管理に関しまして若干の質問をいたします。昭和五十六年三月に、建設大臣が河川審議会に対しまして、治水と利水との調和のとれた望ましい河川環境のあり方の今後の方向について諮問をされました。同…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 建設委員会 第10号(1984/07/27、37期)

建設大臣に若干の質問をいたします。来年度の予算編成をめぐり、公共投資拡大の是非が議論を呼んでおるわけでございます。繰り返しになりまして大変恐縮でございますが、大臣は大変御苦労をされ、この点御努力を続…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1984/12/12、37期)

私は、米原子力空母カール・ビンソンの横須賀寄港問題に関連をいたしまして、安倍外務大臣に若干の質問をいたします。カール・ビンソンの横須賀入港断行は、日米軍事協力関係の緊密化を一層鮮明にしたと思います。…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第22号(1985/05/23、37期)

ただいま議題になっております法案に関連をいたしまして、厚生大臣に若干の質問をいたします。被爆四十周年という非常に大事な節目の年でございまして、厚生省はことしの秋、十年ぶりに懸案の死没者調査を初めて実…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1985/02/22、37期)

ただいま議題になっております法人税法、租税特別措置法及び所得税法のそれぞれを改正する法律案に関連をいたしまして質問をいたします。大臣が御出席可能な時間が二十数分ということで限られておりますので、質問が…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1985/03/08、37期)

私は、公明党・国民会議を代表して、ただいま議題となっております法人税法の一…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第12号(1985/03/26、37期)

ただいま議題になっております二法案の中で、関税暫定措置法の一部を改正する法律案に関連をいたしまして私は若干の質問を進めさせていただきます。本法案が、昨年の対外経済対策において決定された東京ラウンド合…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第15号(1985/04/02、37期)

本日は総理大臣が御出席でございますので、せっかくでございますから、議題になっております法案に触れる前に、一、二当面する課題についてお伺いを進めてまいりたいと思うのです。最初に、市場開放要求、日米通商…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第28号(1985/05/31、37期)

ただいま議題になっております昭和六十年度の財政運営に必要な財源の確保を図るための特別措置に関する法律案、国債整理基金特別…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第29号(1985/06/04、37期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、ただいま議題となっております三法案について、昭和六十年度の財政運営に必要な財源の確保を図るための特別措置に関する法律案及び国債整理基金特別会計法の一部を改正す…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第11号(1986/04/10、37期)

引き続きまして、ただいま議題になっております原子爆弾被爆者に対する特別措置に関する法律の一部を改正する法律案に関連いたしまして、厚生大臣並びに厚生省に対し若干の質問をしてまいりたいと存じます。各委員…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1986/03/07、37期)

ただいま議題になっております租税特別措置法の一部を改正する法律案につきまして、若干の質問をするものであります。この法律案の内容につきましては、提案理由の説明によりますと、四つの柱がございまして、第一…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1986/03/24、37期)

ただいま議題になっております関税定率法及び関税暫定措置法の一部改正案に関連をいたしまして若干質問をしてまいりたいと思います。最初に、税関行政の問題点について少しお伺いをしたいのでありますが、申すまで…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1986/05/07、37期)

私は公明党・国民会議を代表して、ただいま議題となっております昭和六十一年度の財政運営に必要な財源の確保を図るための特別措置に関する法律案及びただいま提案された修正案に対し、反対の立場から討論を行うもの…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1986/02/19、37期)

私は、当面の課題から数点にわたりまして関係各大臣に順次質問をいたしたいと思います。最初に、外務大臣にお尋ねをするわけでございますが、さきの米ソ首脳会談につきまして中国がこれをどう評価しているか、ある…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

32期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22