上原康助衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   4671文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   4671文字発言

本会議発言一覧

第104回国会 衆議院 本会議 第13号(1986/03/25、37期)

私は、ただいま提案されました安全保障会議設置法案について、日本社会党・護憲共同を代表し、総理並びに関係閣僚に若干の質問をいたします。法案に関する具体的質問に入る前に、中曽根首相誕生以降の政治姿勢と、その政治手法の欺瞞性を指摘してみたいと思います。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  9回発言 124171文字発言
第102回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  7回発言  68787文字発言
第103回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  3回発言  28106文字発言
第104回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 17)  5回発言  69666文字発言

  37期通算  71回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 67) 24回発言 290730文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

内閣委員会
            51回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 51)  14回発言 197634文字発言

沖縄及び北方問題に関する特別委員会
            17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 13)   7回発言  77252文字発言

決算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   2回発言   6979文字発言

法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   8865文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(1984/04/25、37期)

最初に長官にお尋ねをしたいと思います。せんだって、沖縄開発庁長官に御就任をなされて、沖縄及び北方問題に関する長官の所信が述べられたわけです。きょうは沖縄問題に限ってお轟ねするのですが、既に御就任なさ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(1984/06/29、37期)

今の川崎先生の質問とちょっと関連してお尋ねするのですが、外務大臣の御答弁を聞いても、審議官あるいは条約局長の御答弁を聞いても、非常に矛盾するわけですよ。これでは国民も納得しないし、恐らくここで聞いてお…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第5号(1984/07/27、37期)

まず最初に、二次振計と六十年度予算案の関係についてお尋ねをさせていただきたいと存じます。きょうは、この百一国会での本委員会においての沖縄問題については、あるいは最後になるかもしれないと思いますので、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1984/03/27、37期)

大分遅くなっているので、できればきょうは質問を遠慮したかったのですが、委員長が三時間ぐらい頑張ってくれということですから、おつき合いをさしていただきたいと思います。そこで、せっかく総務長官もおいでを…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第7号(1984/04/12、37期)

質問に入る前に、委員長に一言苦言と要望を申し上げておきたいのです。私の質問時間は、二時間なんですね。きょう、本会議もありますし、ちょうどいろいろ関連するので、途中でとぎれても質問がやりづらいし、調査…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第10号(1984/04/24、37期)

恩給法の一部改正で既にいろいろ審議がなされたようでありまして、これまでおやりになった先生方の御質問なりあるいは御指摘と相当重複する面もあろうかと思うのですが、私なりにまず恩給問題から若干お尋ねをさせて…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1984/05/10、37期)

お尋ねする点がいろいろ重複する面もあろうかと思うのですが、一応郵政省なり電電公社と関連する問題についてお尋ねをさせていただきたいと存じます。法案につきましては、今回の改正案は名称変更という簡単なとい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第17号(1984/06/28、37期)

質問の順序としては、法案なり教育基本法のかかわりからお尋ねをしたいわけですが、官房長官がどうしても時間的制約があるということでございますので、また、お忙しいと思いますから、先に官房長官に二、三点お尋ね…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1984/04/17、37期)

私は、本委員会のレギュラーのメンバーじゃないのですが、今御審議をいただいております国籍法の一部改正につきまして非常な関心を持っておりますので、委員長初め各党の理事のお計らいで発言をさしていただく機会を…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(1985/03/28、37期)

午前中のお二人の御質問とも若干重複する面もあるかと思うのですが、きょうは、せんだって行われました河本開発庁長官の所信に対しての質問でございますので、まず沖縄の振興開発というか、経済、産業問題について主…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第6号(1985/06/12、37期)

先ほどのお二人の御質問とも関連を若干いたしますが、まず私も最初に、前々から取り上げてきたことであり、開発庁のお考えなりあるいは姿勢というものについては大方理解をし、また問題指摘あるいは提起もしてまいり…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1985/04/19、37期)

できれば、せっかくの機会ですので、五九中業や「防衛計画の大綱」について、長官に少しお考えなりいろいろ議論をしたかったわけですが、わずかの時間しかいただけませんので、きょうは一、二点だけお尋ねをして、も…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1985/05/29、37期)

労働大臣に余りお目にかかる機会が少ないものですから、きょうはこの委員会を借用させていただいて、わずかな時間ですが、主に沖縄の労働雇用問題について少しお尋ねをさせていただきたいと思うのです。その前に一…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1985/03/07、37期)

もう既に、退手法案については同僚議員の方からいろいろお尋ねになったようでありますから、一、二点だけ確かめておきたい点がありますので、まず法案関係からお尋ねをさせていただきたいと思います。今回のこの退…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1985/04/23、37期)

できれば防衛庁長官も一緒に議論をしたかったのですが、いろいろ申し合わせの日程があったようで、その点は大変残念に思います。外務大臣、連日御苦労さまです。昨日も沖縄北方委員会でも外務大臣、日ソ関係あるい…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1985/05/30、37期)

最初に少しお断りをしておきたいのですが、若干法案についても冒頭にお尋ねをする予定にしているわけですが、きょうはどうしてもお尋ねをしなければいけない案件がありますので、後で時間に余裕があれば法案関係につ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(1985/11/20、37期)

午前の御質問とも若干重複する向きもあろうと思うのですが、改めて新しい藤本長官に、大体似たり寄ったりの質問、いつも同じようなことを聞いているみたいで聞く方も何か気乗りしないものもあるのですが、国会はある…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1985/11/26、37期)

いわゆる規制緩和一括法案の最終質疑の段階に入ったわけですが、きょうは総理がわざわざおいでをいただいたことを、一応敬意を表したいと思います。そこで、せっかく首相の御出席をいただきましたので、法案に関連…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1985/12/10、37期)

午前中のお尋ねとも少し重複する面もあろうかと思うのですが、最初に給与についてお尋ねをさせていただきたいと思います。官房長官、お忙しいところたびたびおいでをいただいてありがとうございます。一、二点官房…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(1986/03/28、37期)

古賀開発庁長官の所信についてのお尋ねになるわけですが、初めての質問でもありますので余り最初からかたい話をしてもどうかと思うので、長官、泡盛はお好きですか。なぜこのことを冒頭聞いたかというと、確かに総…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 内閣委員会 第9号(1986/04/10、37期)

在外公館の設置に関する一部改正案ですが、この法案につきましては私どもも賛成をしておりますし、また、既に同僚議員の方からいろいろお尋ねもありましたので、一応時間があれば後ほど法案に関しては一、二点要望を…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1986/04/22、37期)

いわゆる安全保障会議設置法案の中身についてお尋ねをさせていただきたいわけですが、既に本会議でも大筋のことについてはお尋ねをしましたし、また、せんだってこの委員会でも、後藤田官房長官から改めて法案の趣旨…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1986/04/24、37期)

大分時間がたちつつありますが、厚生大臣、お若いのだからあとしばらく頑張ってください。法案について一、二点お尋ねをさせていただきますが、提案理由なり趣旨説明を見ればわかることではあるのですけれども、「…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1986/05/08、37期)

総理もお疲れのところもあろうかと思いますが、いよいよ提案されました安全保障会議設置法が、私どもにとっては極めて不十分な審議期間であって、まだまだ解明をしなければいけない問題点が多いと思うのですが、諸般…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  1本提出

質問主意書一覧

沖縄の米軍基地内の未契約者所有者の土地に対する強制使用に関する質問主意書
第102回国会 衆議院 質問主意書 第19号(1985/03/11提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12