島田琢郎衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 27)  6回発言  53452文字発言
第102回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員 30) 14回発言 124679文字発言
第103回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  8)  2回発言  17047文字発言
第104回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  5回発言  41137文字発言

  37期通算  92回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員 81) 27回発言 236315文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

農林水産委員会
            55回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 55)  20回発言 177066文字発言

予算委員会
            20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)   2回発言  29362文字発言

沖縄及び北方問題に関する特別委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  0)   1回発言   3135文字発言

決算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   3回発言  20603文字発言

外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   6149文字発言

地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第101回国会)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第102回国会)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第103回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1984/03/26、37期)

今、国民的な期待といいますか、あるいはまた地球規模の問題としてとらえてもいい緑の問題というのが大変重要な課題になっております。私は、過般予算委員会でも緑の問題、特に山づくりの問題について政府側の対応の…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1984/04/19、37期)

先般、当委員会において、私は那須の国有林交換にかかわります幾つかの問題点を提起をいたしまして、その際、資料の提出と話題の人心針暦二氏の証人喚問並びに関係者の参考人招致を委員長を通じてお願いをいたしまし…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号(1984/04/11、37期)

林野三法の審議に当たりまして、私は、保安林整備臨時措置法の関係でお尋ねをしていきたい、こう思います。この法律の幾つかの問題点を指摘するに当たりまして、きょうは、大臣、林野庁長官がおいででございますか…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第9号(1984/04/18、37期)

私は、前回、保安林整備法の質疑に当たりまして、極めて不本意ながら質問を保留いたしました。私が同日質疑をいたしました中で、大事な保安林整備法の改正に当たって重視しなければならないこととして次の点を指摘し…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1984/02/20、37期)

日米農産物問題について、まず外務大臣にお尋ねをいたします。外務大臣は先月訪米されるに当たりまして、私ども要請に参りました社会党の国会議員を前にして、これからアメリカに行って堀の深さをはかってくる、こ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1984/03/02、37期)

限られた時間ですから、非常に端的な質問になると思いますが、きょう対応いただく大臣はそれぞれみんな専門家の方ばかりですから、ひとつ正確にお答えをいただけると思いますし、私のところにも、予算委員会の質疑を…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(1985/04/17、37期)

佐藤委員の質疑の中で、五十七年に実は私が北方地域振興法の制定に当たりまして深くかかわってまいりまして、かなり細かな計算まで、百億を中心にしてやりとりをいたした経緯がございます。そのとき本多さんはどうい…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1984/12/12、37期)

今御提案のございましたように、五十二年以来の懸案でもあり、また我が国水産の関係者からも強く協定の長期化が期待されておりましただけに、大変御同慶でございます。ただ、五年を主張しておりましたが三年、実質…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1985/04/11、37期)

最初に会計検査院にお尋ねをいたします。実地検査の施行状況についてでありますが、過去五カ年間の実地検査施行率は約八%、こういう状況になっているようでございますが、五十七年度、ただいま報告のございました…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第2号(1984/12/18、37期)

時節柄、大変めぐる情勢の厳しい中で、農林大臣、御就任大変御苦労さまでございます。ひとつ大いに頑張っていただきたい。冒頭に激励を申し上げておきたいと思います。ただ、私、田中さん、松沢さんの質問を通しま…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第3号(1985/02/20、37期)

大臣の御所信を伺っておりまして、今後の農政をお進めいただく上で十分御関心とお力添えをいただく、そういう部面が幾つかございますことに私なりに気づきましたので、その点を大臣ときょうはさしでお話しさせていた…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第8号(1985/03/27、37期)

私は十時から質問に立つべく、ここに十時前から参りました。十五分もおくれたのでありますが、私は実は、今委員長から発言の指名がありましたが、結果いかんによっては、態度いかんによっては質問を保留するという立…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第9号(1985/03/28、37期)

きょうは酪農部会が開かれておりまして、既に開会されております。例年は、諮問案は同時に当委員会に配られることになっておるのです。ことしは、なして配らぬのですか。きのうの畜産の諮問案といい、きょうの酪農の…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号(1985/04/02、37期)

参考人の皆さん大変御苦労さまです。お話を伺っておりまして、それぞれ大変御苦労をされておられますことに心から敬意を払いたいと思います。そこで、少しお尋ねをしてみたいことがございますので、私の場合は並ん…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第13号(1985/04/17、37期)

農災法の審議に先立ちまして、先ほど果樹振興法が成立をいたしました。御同慶でありますが、ただ一つ、大臣、この際私、念を押しておきたい。さっき御決意が述べられましたが、附帯決議中、私が最も懸念をしており…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号(1985/04/18、37期)

前段は鯨問題で質疑をいたしたいと思います。まず捕鯨問題ですが、マスコミなんかではもう既に決着がついたかのような印象を持ちます報道が続いておりまして、一般的にも鯨にはもう勝負あったなどというようなあき…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第19号(1985/05/21、37期)

年金は、今当委員会に提案されて審議が行われている農業者年金法に限らず、他の共済年金等についても、これは大変国民の高い関心事でございまして、性格が違うとか、あるいはよって立つ基盤が異なるとか、出発のとき…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第20号(1985/05/22、37期)

ただいま提案をされました件について若干の質疑を行うものでありますが、ただ、私ども委員会の扱いとしては、提案をされてすぐ質疑に入るというのは異例な措置でございまして、これは慣行化されるべきものでないこと…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第28号(1985/07/09、37期)

米価が今最高の局面を迎えて、非常に熱気に満ちているこの永田町かいわいでありますが、この米の問題にすっかり気持ちがとらわれているというそのすきを縫ったように、アクションプログラムの追加発表があった。これ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第29号(1985/10/08、37期)

質問に入ります前に大臣に、先月の豊かな海づくり大会は非常に成功裏にこれを終えることができました。大臣もせりかく私の地元の湧別町にもおいでいただきまして、この成功に御協力いただきましてありがとうございま…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 農林水産委員会 第1号(1985/11/13、37期)

今国会の大きな政治課題といいますか、国会の論議の重要な問題となっております四つの共済年金制度、この法改正がいよいよ本格的な論議に入ったわけでありますが、昨日の国会論議、大蔵、地行両委員会の審議の模様を…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 農林水産委員会 第3号(1985/11/21、37期)

きょうは林業問題についてお尋ねをしていきたいと思います。特に、去る十月十八日には、国有林の合理化の一環として強く林政審や行革審から迫られておりますことを理由にして、営林署の九つの箇所づけが発表になり…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第1号(1986/02/19、37期)

農林大臣、御就任おめでとうございます。大変厳しい情勢の中での御就任でございますから、大変期待も大きいし、またその任務の重さは当然御自覚になっていることだと思いますけれども、ぜひ頑張っていただきまして、…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第8号(1986/03/27、37期)

まず私は、昨日の畜産物価格並びにけさの乳価の政府諮問は極めて不当であり、これを撤回を求めるものです。撤回を求める理由についてはこれからるる質問の中で明らかにしていきたいと思うのですが、その撤回の意思が…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号(1986/04/09、37期)

この法案の審議に入ります前に、先ごろ六十一年度の乳価、畜産物の価格あるいはその他の対策が決定をいたしました中身に若干触れたいと思います。たまたま、けさの日本農業新聞に、昨日閣議決定されました農業白書…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第11号(1986/04/15、37期)

大臣、どうも御苦労さまでした。しかし、結果はまことに惨たんたるありさまでありまして、現地では非常にがっくり参っております。また同時に、なすすべもない状態に置かれているということを考えますと、この先が非…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第19号(1986/05/21、37期)

羽田農相が実現をいたしまして初めての国会が事実上きょう、あすで終わりますので、きょうの農林水産委員会の質問がこの国会の最後、こういうことになります。私は冒頭で余り羽田農相を持ち上げ過ぎたものですから…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12