稲葉誠一衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  1回発言   7810文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   7810文字発言

本会議発言一覧

第103回国会 衆議院 本会議 第2号(1985/10/16、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、総理の所信に対し質問を行います。本会議の質問とか答弁というものが非常に形骸化をいたしておりまして、何と申しますか、どういうふうに言ったらいいんでしょうか、結局、形骸化と言う以外にないのでしょうけれども、それではいけないというふうに私は思います。ですから、答弁につ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員 19) 11回発言 117992文字発言
第102回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 23 委員 12) 10回発言 108262文字発言
第103回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  5)  2回発言  13845文字発言
第104回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員 11) 10回発言  84310文字発言

  37期通算 109回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 62 委員 47) 33回発言 324409文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

予算委員会
            63回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 45 委員 18)   8回発言 128034文字発言

法務委員会
            42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員 25)  23回発言 188166文字発言

対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   2回発言   8209文字発言

商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

法務委員会理事(第101回国会)
法務委員会理事(第102回国会)
予算委員会理事(第102回国会)
予算委員会理事(第103回国会)
予算委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1984/03/02、37期)

大臣の所信表明をお伺いいたしておりましても、保険をめぐるいろいろな犯罪あるいは金融関係ですね、サラ金のことを直接書いてありませんけれども、そういうふうな問題が近ごろ非常に多いわけですね。そこで、私は二…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1984/03/09、37期)

質問はいろいろあるわけですけれども、きょうは裁判所職員定員法の質問ですし、一般質問の日ではありませんので、その点は守って質問したいというふうに思います。ただ、もうさっき質問が出ました中で、法務省の刑…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1984/04/03、37期)

国籍法及び戸籍法の一部を改正する法律案について第一回目の質問をいたします。この法案につきましては、大変法務省当局が御苦労をされたことは私もよく存じておりまして、その点については敬意を表する次第でござ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1984/04/04、37期)

最初に国税庁の方にお伺いをいたします。二月十四日だと思いますが、東京の渋谷の神南にありますハッピーワールドというところを調査されたと聞いておるのですけれども、そのことに関してできるだけ詳細にお答えを願…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1984/04/11、37期)

きょうは、時間も余りありませんし、私が常日ごろ疑問に思っておりますこと、そのことに関連をしてお尋ねいたしたいというふうに考えるわけでございます。これは大臣も聞いていていただきたいと思います。ある程度ま…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1984/04/18、37期)

大臣、当委員会におきましては、特に奥野さんが法務大臣であったころ、憲法の問題、そして靖国神社の問題等非常に活発な論議が行われまして、奥野さんは自分の信念に基づいて率直な話をしてくださったわけです。そう…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第12号(1984/04/20、37期)

この法案に対する最後の質問でございますので、要点だけを質問させていただきます。第一の質問は、この前もちょっとお話をしたのですけれども、刑法の四十一条で「十四歳ニ満タサル者ノ行為ハ之ヲ罰セス」こうある…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第14号(1984/07/11、37期)

今、私も松山事件の再審の判決をテレビで見ておったわけですが、お兄さんが外へ出てこられまして最初に言われた言葉は、捜査当局が証拠を隠さないでいてくれればもっと早く無罪になったのだ、こういう意味のことを言…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第15号(1984/08/01、37期)

最初に刑事局長にお尋ねをいたしますが、東京地検の特捜部でやっております告訴事件で、船が沈没してそれで詐欺をという事件があるわけですが、この事件の現在の進行状況について差し支えない範囲でお答えを願いたい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1984/02/18、37期)

予算委員会の今までの質問をずっと聞いておりまして、私の質問するところというか、聞きたいところはほとんど出ちゃったわけです。後になると損だなとしみじみ思うのだけれども、なもんですから、私自身が聞きたいと…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1984/03/01、37期)

通産大臣、訪問販売法が昭和五十一年にできましたね。今度国民生活審議会ですか、ここで約款取引委員会と取引多様化問題委員会というのを設けまして、訪問販売、通信販売等、店舗外の消費者取引の適正化についていろ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第1号(1984/12/14、37期)

きょうは、本来といいますか、裁判官の報酬と検察官の俸給の審議の日ではございますけれども、十二月中に一般質問の日もないということもありまして、一般質問的な要素を加味してもよろしいという理事会の協議でござ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1985/03/27、37期)

先刻、拘禁二法についての質問がございまして大臣から御答弁があったわけですが、私のお聞きをいたしたいことは、まず刑事施設法が今度提案されなかったということによって実際に収容者に対してどういうような差異が…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第12号(1985/04/09、37期)

法案について質問いたします。パイロット・システム評価委員会というのが、東北大学の幾代先生を会長にして、「評価委員会の活動状況及び中間報告における評価の内容について」というのを出しておられて、第一準備…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1985/04/10、37期)

少年の犯罪に関連をしてお聞きをするわけですけれども、刑訴法の三百十七条ですか、「事実の認定は、証拠による。」というのがありますが、これは少年法に適用になるわけですか、ならないわけですか。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第18号(1985/05/14、37期)

きょうは法案の審議の日ですけれども、その他の一般質問もやってもいいというのですか、それを中心にやるというのですかどっちですか、いずれにしても法案の審議に入る前にいろいろお聞きいたしたいと考えているわけ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第22号(1985/06/19、37期)

最初に、警察の方にお尋ねをいたしたいわけです。きょう、「投資ジャーナル」の中江氏、そのほかが警視庁に逮捕されたとかというニュースも流れているわけですが、現在の状況においての確定した点、状況について御…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第24号(1985/09/06、37期)

法務大臣という立場ですか国務大臣という立場ですか、両方にかかわると理解していただいて結構だと思うのですけれども、憲法の二十条がどういう経過からできたのか、その必要性というものについてどういうふうにお考…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1985/02/07、37期)

最初に、戦後政治の総決算ということについて、私は質問主意書を出したわけですけれども、それに対してお答えもありましたので、その関係でお聞きをいたしていきたいというふうに考えております。私の質問は、戦後…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1985/02/20、37期)

きょうは財政、経済、税制についての集中審議でございますので、その趣旨に沿って御質問を申し上げたいというふうに思います。最初にお聞きいたしたいのは、総理にお聞きしたいわけですが、この前、岡田利春さんの…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1985/03/09、37期)

いよいよ締めくくり総括に入ったわけですけれども、総理にお伺いをいたしたいのは、第一議員会館がありますね、入りまして左側の会議室がいっぱいあるところに自民党の憲法調査会の部屋があるわけでしょう。そこに大…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1985/12/10、37期)

法案について質問をいたすわけでございますが、私が最初にお聞きをいたしたいのは、例えば今提案説明にも「人事院勧告の趣旨等にかんがみ、」と、こうあるわけですが、裁判官の場合は、人事院勧告というものに拘束さ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1985/12/11、37期)

私は、今問題となっておりまする最高裁の定数訴訟に関します違憲判決について、若干法律的なことをお尋ねいたしたいというふうに思います。まず第一に、これは事情判決と称されるものですけれども、事情判決という…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会 第1号(1986/04/11、37期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまでの間、委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会 第3号(1986/05/13、37期)

今御報告をいただいたわけですが、そこでお聞きをいたしたいのは、コミッションというものが具体的にどの程度のものなのかということが一つです。それから、一体だれからだれに払われたのか、そこら辺をどういうふう…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1986/02/25、37期)

大臣、ちょっと聞いていてください、お答えを願いますから。今予算委員会からこちらへ来たわけですけれども、そこで問題になっておりましたのは年次有給休暇のことなんですよ。年次有給休暇をもっと日本の公務員はき…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1986/04/11、37期)

外国弁護士による法律事務の取扱いに関する特別措置法、この法案について御質問をいたします。最初にお聞きいたしたいのは、法案の細かいことというよりも、むしろ提案理由の説明がございますので、それに関連をす…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1986/04/18、37期)

先生方のお話をお聞きをいたしましていろいろ感じたわけでございますが、以下申し上げることは全く私の個人的な意見を中心とした質問でございますので、その点、党との関係は全くない意見だというように御了解願いた…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1986/04/23、37期)

私がお聞きをいたしたいのは、私が非常に興味を持っておる問題であって、興味を持っているという意味は学問的に興味があるという意味なんですが、極めて一般論です。極めてじゃなくて本当に一般論ですから、その点は…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1986/05/20、37期)

扶養義務の準拠法に関する法律案、これについて質問をするわけですが、まず最初に、昭和四十八年にヘーグの国際私法会議で扶養義務の準拠法に関する条約が作成された、こういうわけですね。それで五十二年に発効して…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1986/02/05、37期)

私は、最初に解散権の問題についてお尋ねをしたいわけですが、これは最高裁のあの判決に関連してというわけではございません。いわば一般論的な話でございますが、憲法の四十五条で「衆議院議員の任期は、四年」と定…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1986/02/24、37期)

官房長官、記者会見の関係もおありでございましょうから。「政府の窓」の二月十五日号、「時の動き」、これはみんなに配られているわけですけれども、この中で堺屋さんとの対談があるわけですね、それから大宅映子…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1986/03/08、37期)

予算委員会も最後になってきたわけですが、総理にお尋ねをいたしますのは、中曽根内閣としていろいろ公約をされておられると思うのですが、その公約は何と何が公約であって、例えば富士山から例をとると何合目くらい…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜) 11本提出

質問主意書一覧

「憲法」・「靖国神社」問題に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第22号(1984/06/19提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

トマホーク実戦配備と非核三原則に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第23号(1984/06/19提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

刑事訴訟法上の諸問題に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第24号(1984/06/19提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

二階堂進氏の処分と国務大臣の職務権限に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第25号(1984/06/19提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

財政、経済に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第38号(1984/08/01提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

F16に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第39号(1984/08/01提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

宗教法人「靖国神社」に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第40号(1984/08/01提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

株式会社の監査制度等に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第41号(1984/08/01提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

再審三事件に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第42号(1984/08/01提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

戦後政治の総決算等に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第50号(1984/08/08提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

中曽根内閣の「公約」と「責任」に関する質問主意書
第104回国会 衆議院 質問主意書 第21号(1986/05/07提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12