森井忠良衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34)  3回発言  36227文字発言
第102回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28)  3回発言  34080文字発言
第103回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言   8458文字発言
第104回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  2回発言  19569文字発言

  37期通算  87回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 87)  9回発言  98334文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
            87回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 87)  9回発言  98334文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第24号(1984/07/12、37期)

二月二十五日に本法案が提出をされまして、四カ月を経過したわけでございます。国会で相当熱心な議論が行われました。しかし、今度の健康保険法の改正案は、国会での審議も行われましたが、国会職員でないものが院の…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第26号(1984/07/19、37期)

正直なところ、もうこれくらいにしてくださいと言いたい気持ちでございます。政府提出の特別措置法の改正案、それから全野党提出の原爆被爆者等援護法案、御存じのとおり、健康保険法の改正案と同時に付託になり、趣…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第28号(1984/07/25、37期)

戦傷病者戦没者遺族等援護法の審議をしますたびに、戦争のつめ跡を思い出すわけでありますが、この法律に適用される皆さんは、それなりに国家補償の精神に基づいて救済措置がとられているわけであります。しかし、ま…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1984/12/18、37期)

去る百一国会から本法案の審議は始まったわけでございますけれども、どうも私は、今もって、この法案が成立をいたしますとこれでいいのだろうか、相当な不安を感じておるわけでございます。審議を詰めれば詰めるほど…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1985/03/07、37期)

増岡厚生大臣は広島の御出身でございます。私などよりはるかに被爆者問題についてはお許しゅうございます。また、被爆者の方々の悲惨な状況等につきましても熟知をしていらっしゃるわけでございます。そういう意味で…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第22号(1985/05/23、37期)

今回、政府が御提出になっております特別措置法の改正案は、被爆者の皆さんの諸手当を引き上げる内容となっておりまして、結構なことだと思うわけでございます。ささやかであってもそれぞれの手当が引き上げられるわ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 社会労働委員会 第1号(1985/11/14、37期)

質問したいことはたくさんあるのでありますが、当面、非常に大事な問題について絞って御質問を申し上げたいと思います。一つは、十年ぶりに行われました、また行われつつあります原爆被爆者の実態調査の問題であり…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1986/03/06、37期)

大臣御就任おめでとうございます。私は広島でございますが、去年の暮れ組閣が完了いたしまして、早速電話がかかってまいりました。ああ今井勇先生というのは被爆地広島を社会労働委員会の委員派遣で団長として御調…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第11号(1986/04/10、37期)

数多くの被爆者から、一刻も早く被爆者援護法をつくってくださいという毎年毎年の血のにじむような要求があります。いかがですか。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22