国会議員白書トップ衆議院議員今井勇>37期国会活動まとめ

今井勇衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  7回発言   4010文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  1回発言    981文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  4回発言  11377文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05) 12回発言  16368文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第16号(1985/03/26、37期)

ただいま議題となりました山村振興法の一部を改正する法律案につきまして、農林水産委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、山村振興法の実施の状況にかんがみまして、その有効期限を昭和七十年三月三十一日まで十年間延長するとともに、振興の緊要度が高い振興山村の山村振興計画に基づく重要な事………会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第17号(1985/03/28、37期)

ただいま議題となりました繭糸価格安定法及び蚕糸砂糖類価格安定事業団法の一部を改正する法律案につきまして、農林水産委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、生糸需給の不均衡、蚕糸砂糖類価格安定事業団における大量の生糸在庫の累積等蚕糸業をめぐる諸情勢にかんがみ、繭及び生糸の価格安定に………会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第20号(1985/04/11、37期)

ただいま議題となりました内閣提出の三法案につきまして、農林水産委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。最初に、三法案の内容について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第22号(1985/04/19、37期)

ただいま議題となりました果樹農業振興特別措置法の一部を改正する法律案につきまして、農林水産委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、最近における果樹農業をめぐる諸情勢の変化に対処し、果樹農業の健全な発展を推進するため、果樹農業振興基本方針、果樹園経営計画の内容の改善等を行うととも………会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第26号(1985/05/09、37期)

ただいま議題となりました農業災害補償法の一部を改正する法律案につきまして、農林水産委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、最近における農業事情の変化等にかんがみ、農業災害補償事業の健全な運営に資するため、農業共済組合等が危険段階別の共済掛金率を設定する方式の導入、農作物共済の共………会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第30号(1985/05/23、37期)

ただいま議題となりました両案件につきまして、農林水産委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。最初に、農業者年金基金法の一部を改正する法律案につき申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第32号(1985/05/31、37期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、農林水産委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、農林漁業団体職員共済組合による給付に関し、他の共済組合制度に準じて既裁定年金の額の改定、年金の最低保障額の引き上げ、標準給与の月額の上下限の引き上げ等を行おうとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 本会議 第10号(1985/12/06、37期)

ただいま議題となりました農林漁業団体職員共済組合法の一部を改正する法律案につきまして、農林水産委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、年金制度の一元化等の改革の一環として、給付と負担の均衡を図り、制度の長期的安定を図る観点から、他の公的年金の改正と同様の措置を講じようとするもの………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第8号(1986/02/21、37期)

小谷先生にお答え申し上げます。まず、退職者医療の問題でございますが、現在の極めて厳しい財政状況の中で、政府といたしまして最大限の努力を払いまして、本年度の補正予算で国保の特別交付金千三百六十七億円を計上いたしたところでございまして、今後とも、市町村国保の安定的な運営が行われるように配慮いたしたいと考………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第12号(1986/03/20、37期)

今後の福祉行政のあり方についてのお尋ねに対しまして、中村議員にお答えをいたしたいと存じます。今後の福祉行政のあり方について、大事な点は二つあると考えております。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第19号(1986/04/11、37期)

老人保健法等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明いたします。人口の高齢化が急速に進む中で、老人医療費の増加は避けられないところでありますが、最近著しい伸びを示しております老人医療費を適正なものとし、国民がいかに公平に負担していくかということは、老人保健制度を長期的に安定したものとして………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第22号(1986/04/18、37期)

国立病院等の再編成に伴う特別措置に関する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。国立病院・療養所は、昭和二十年の発足以来、国民医療の確保に大きな役割を果たしてきたところでありますが、近年、疾病構造の変化、医学医術の進歩等により医療内容はますます高度化、多様化してきております。また、この間、………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員  8)  4回発言   9864文字発言
第102回国会 29回出席(長 29 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
第103回国会  8回出席(長  8 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

  37期通算  66回出席(長 37 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員  8)  4回発言   9864文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 農林水産委員会
            37回出席(長 37 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

 社会労働委員会
            25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  8)  2回発言   6266文字発言

 災害対策特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  2回発言   3598文字発言


委員会委員長経験

 農林水産委員会委員長(第102回国会)
 農林水産委員会委員長(第103回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 災害対策特別委員会理事(第101回国会)
 社会労働委員会理事(第101回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第1号(1983/12/28、37期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、佐藤観樹君を委員長に推薦したいと思います。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第10号(1984/09/27、37期)

昭和五十九年長野県西部地震による被害状況調査のため、議長の承認を得て、去る九月二十五日、長野県に派遣されました委員を代表いたしまして、私から調査の概要を御報告申し上げます。派遣委員は、佐藤観樹委員長…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1984/05/09、37期)

お三人の参考人の先生方、御苦労さまでございました。私は三十分という時間でございますので、三つの問題点を申し上げますので、参考人の皆さん方、それぞれのお立場で簡潔にお答えをいただきたいと思います。いろ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第34号(1984/11/20、37期)

第二班につきましては、私から御報告いたします。第二班は、団長を務めました私のほか、理事村山富市君、理事平石磨作太郎君、委員自見庄三郎君、委員谷垣禎一君、委員網岡雄君、委員塚田延充君の七名であります。…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22