国会議員白書トップ衆議院議員野田毅>37期国会活動まとめ

野田毅衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  6回発言   5184文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  6回発言   5184文字発言

本会議発言一覧

第104回国会 衆議院 本会議 第6号(1986/02/13、37期)

ただいま議題となりました特定中小企業者事業転換対策等臨時措置法案につきまして、商工委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。御承知のとおり、近年における中小企業をめぐる経済環境は、国際的には、近隣諸国の追い上げ、先進諸国における保護貿易主義の高まり、また、国内的には、技術革新の進展、経………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第14号(1986/03/26、37期)

ただいま議題となりました航空機工業振興法の一部を改正する法律案につきまして、商工委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。御承知のように航空機工業は、関連産業が極めて広範にわたり、技術の波及効果が大きい産業であるため、各国とも積極的な振興策を実施しておりますが、近年、航空機等の開発は、………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第16号(1986/04/01、37期)

ただいま議題となりました情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、商工委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。御承知のとおり、最近における我が国の情報化は、経済社会活動のあらゆる分野で急速に進展しつつあります。これに伴い、ソフトウエアに対する需要も著しく増大いたし………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第17号(1986/04/03、37期)

ただいま議題となりました中小企業指導法及び中小企業近代化資金等助成法の一部を改正する法律案につきまして、商工委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。御承知のように、我が国経済社会の情報化は急速なテンポで進展しつつありますが、中小企業の情報化の現状は、大企業に比べて大きく立ちおくれてお………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第21号(1986/04/17、37期)

ただいま議題となりました両法律案につきまして、商工委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、民間事業者の能力の活用による特定施設の整備の促進に関する臨時措置法案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第24号(1986/04/25、37期)

ただいま議題となりました化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、商工委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、化学物質の安全性確保対策の一層の充実を図るため、化学物質の規制に関する国際的動向を勘案しつつ、化学物質の規制をさらに強化する措置を………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員 11)  2回発言  10114文字発言
第102回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員 15)  1回発言     84文字発言
第103回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  5)  0回発言      0文字発言
第104回国会 20回出席(長 18 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  2回発言    190文字発言

  37期通算  67回出席(長 18 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員 32)  5回発言  10388文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            49回出席(長 18 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 31)  3回発言  10221文字発言

 石炭対策特別委員会
            18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  1)  2回発言    167文字発言


委員会委員長経験

 商工委員会委員長(第104回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 石炭対策特別委員会理事(第101回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第102回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第103回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1984/03/02、37期)

きょうは予算委員会一般質問の中、大変お忙しい中、河本長官、恐縮でございます。特に、五十九年度予算編成及びそれに関連して政府の経済運営の見通し等について大変な御苦労をされたわけでありますけれども、その…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1983/12/28、37期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、上坂昇君を委員長に推薦いたします。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1984/12/01、37期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、小川省吾君を委員長に推薦いたします。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1986/04/15、37期)

長休憩前に引き続き会議を開きます。内閣提出、消費生活用製品安全法等の一部を改正する法律案を議題といたします。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1986/04/22、37期)

長起立総員。よって、本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。お諮りいたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22