新村勝雄衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員  0) 13回発言  95826文字発言
第102回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  8)  9回発言  54486文字発言
第103回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  6)  1回発言   2938文字発言
第104回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  9)  7回発言  50609文字発言

  37期通算  64回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 41 委員 23) 30回発言 203859文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

決算委員会
            38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 38 委員  0)  28回発言 172912文字発言

内閣委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)   2回発言  30947文字発言

公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)   0回発言      0文字発言

建設委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

決算委員会理事(第101回国会)
公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第101回国会)
決算委員会理事(第102回国会)
公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第102回国会)
決算委員会理事(第103回国会)
決算委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1984/03/05、37期)

五十五年度決算の締めくくりに当たりまして、まず最初に、総理にお伺いをいたしますが、決算審査は、国政の実績を評価し、貴重な国民の税金がどういうふうに使われたかを検討するものでありまして、極めて重要な意義…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1984/03/26、37期)

科学技術庁におかれましては、その仕事の一環として、土地条件の物質循環機能との関連に関する調査というようなこともやっておられるわけでございます。これは資源調査所においてやっておられるわけでありまして、科…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 決算委員会 第5号(1984/04/12、37期)

最初に、大臣に御質問をいたしますが、八二年十二月アメリカの上院で、日本に対する防衛能力増強の決議をしておるわけですね。この問題は、日米の将来の親善という意味からいっても、協力という意味からいっても、大…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 決算委員会 第7号(1984/04/18、37期)

最初に、会計検査院にお伺いをいたしますが、いわゆる不当事項あるいは意見を付した事項というものは、各省庁ごとに考えてみますと、ほぼ問題の多い省庁は決まっておるという傾向があるわけでありまして、特に建設省…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1984/04/19、37期)

五十六年度の決算について、法務省、裁判所には違法、不当が全くない、これはさすがでありまして、敬意を表する次第であります。次に、ちょっとお伺いしたいのですが、今の大臣の法務省の説明の中で、罰金及び科料…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 決算委員会 第10号(1984/04/27、37期)

最初に、検査院にお伺いをいたします。郵政省は残念ながら毎年指摘事項があるわけでありますが、この中に、極めて初歩的というか、現金の扱いをしている職員がそれを領得したというケースがあるわけであります。こ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 決算委員会 第11号(1984/05/09、37期)

まず、国債整理基金から決算調整資金に二兆二千五百二十四億円余を繰り入れて五十六年度の決算を済ませたわけでありますが、調整資金と国債整理基金の現在額は幾らありますか。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 決算委員会 第12号(1984/05/11、37期)

最初に、大臣と会計検査院にお伺いしますが、五十六年度決算の通商産業省についての検査の概要の中に、貸付金の処理が適正でなかった、あるいは補助金の処理が適正でなかったという指摘があるわけです。これらの執行…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 決算委員会 第13号(1984/05/18、37期)

私は、太平洋戦争後の国際状況の中で、難民という今まで日本が余り経験しなかった新しい事態が起こってきておるわけでありますが、この問題について幾つかのお尋ねをしたいと思います。この問題について、日本政府…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 決算委員会 第14号(1984/07/11、37期)

運輸政策の中における鉄道の重要性というのは、これはますます高まっておるわけであります。特に今大都市圏内の輸送、特に通勤通学の輸送をどうするかという問題が、これは喫緊の問題になっておるわけであります。そ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 決算委員会 第15号(1984/07/20、37期)

大臣にお伺いをいたしますが、全斗煥大統領の訪日に関連をして、天皇陛下との会談の際のお言葉の問題が今内外の注目を浴びております。この問題に関して、おとといの韓国外務委員会懇談会において、全大統領訪日の…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 決算委員会 第17号(1984/10/30、37期)

大臣にお伺いをいたします。大変大ざっぱな話になりますけれども、経済の基本的な仕組みについてまずお伺いをしたいのです。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 決算委員会 第18号(1984/11/21、37期)

最初に、ただいま報告がありましたように、厚生省に関する会計検査院の検査の結果、補助金の経理が不当であるというようなこと等の指摘があったわけでありますけれども、これは申し上げるまでもなく、貴重な税金を使…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1985/04/19、37期)

いわゆるNLP、夜間離着陸訓練場の決定について、いよいよ最後的な段階にあるように感じておるわけでありますけれども、そしてまた、長官が近く訪米をされるという予定も聞いておりますけれども、この問題について…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 決算委員会 第5号(1985/04/23、37期)

初めに、今建設省の執行状況に関して会計検査院から指摘事項があったわけでありますけれども、会計検査院にお伺いをいたしますが、今の御説明の中で「建設省では、住宅に困窮する低額所得者に対し」云々とありますが…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1985/05/15、37期)

最初に法務大臣にお伺いしますが、きょうの報告によりますと、法務省所管の事務処理の中で、一件ではありますけれども、不当事項が報告されておるわけです。これは残念ながら、各省ともにこういう事例が散見をされる…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 決算委員会 第7号(1985/05/17、37期)

最初に、検査院の検査報告書に関して郵政省にお伺いをいたしますが、「昭和五十七年度決算郵政省及び日本電信電話公社についての検査の概要」というものの中に、郵政省の決算について「不当事項三十件及び意見を表示…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1985/05/29、37期)

大臣の御用があるそうでありますから、最初に大臣に基本的な問題だけをお伺いいたしたいと思います。それは既に問題が提起をされておりますけれども、炭鉱の事故、大夕張あるいは高島におきまして大規模な炭鉱事故…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 決算委員会 第9号(1985/06/07、37期)

まず、日夜地方自治に尽力をされております大臣に敬意を表したいと思います。まず、選挙制度の問題ですけれども、国の、特に衆議院議員の定数の問題については、最高裁の違憲判決もございまして、ようやく是正案が…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 決算委員会 第10号(1985/06/12、37期)

既に車検の問題については午前中に議論がありましたけれども、別の観点から同じ問題についてお伺いをしたいと思います。まず最初に、自動車検査登録特別会計というのがございまして、その中でそれぞれ目的達成のた…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 決算委員会 第11号(1985/06/18、37期)

文部大臣にまずお伺いいたしますが、日本は戦後の経済復興を通じて世界のトップレベルの経済大国、同時にまた、科学技術においても最高の水準に達したわけでありますが、これから日本が国際社会に立ってそれ相当の国…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1985/05/28、37期)

知事会の総長、いらしてますね。順序が不同になりますけれども、時間の都合で、先に知事会の事務総長から御意見を拝聴いたしたいと思います。今、行政改革に関連をして、一方では国の関与という立場から、国の関与…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 決算委員会 第1号(1985/12/09、37期)

初めに外務省にお尋ねしたいのですが、いわゆるNLP、米軍の夜間訓練でございます。この問題については、既にかなり前から懸案になっておりますけれども、その後アメリカから何らかの要請があったかどうか。それか…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1986/02/24、37期)

官房長官にお伺いいたします。私は総理に質問をする予定だったのですけれども、ちょっと予定が変わりましたので、総理のつもりでひとつ御答弁をいただきたいと思います。その一つは、会計検査院法の改正問題であり…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1986/03/20、37期)

最初に、会計検査院長にお伺いをいたしますが、渡部委員の方からも院法の改正については質問がございました。このそもそもの起こりは、ロッキード事件の反省の中から出てきた一つの問題であろうと思います。そういう…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1986/04/07、37期)

法務大臣にお伺いいたしますが、会計検査院の検査の概要に関する説明の中に、法務省に関する館林区検察庁における不正行為があるわけであります。これによりますと、事務課の職員が罰金の納付告知等の事務に従事中…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 決算委員会 第5号(1986/04/15、37期)

まず、東京湾の環境対策、自然保護についてお伺いいたします。長官には、着任以来、各問題の地域に出張なさる等大変努力をされておることについて、敬意を表する次第でございます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1986/04/21、37期)

私は、大臣に最近の政治情勢、特に今盛んに言われておりますダブル選挙の問題についてお伺いしたいと思います。大臣は、閣内の最有力大臣として、また国務大臣として日本の政治を指導される立場にあるわけでありま…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1986/05/16、37期)

最初に、会計検査院の院長がお見えになっておりますので、院長にお伺いをいたします。それは、今問題になっております対比円借款の問題につきまして、多くの疑惑を呼んでおるわけであります。この問題について、私…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1986/03/06、37期)

まず、恩給法の一部を改正する法律案に関連をしてお伺いいたします。恩給法の一部改正、もちろんこれは毎年あるわ会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  1本提出

質問主意書一覧

人事管理に関する質問主意書
第102回国会 衆議院 質問主意書 第29号(1985/04/24提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12