市川雄一衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   3910文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   3910文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第26号(1985/05/09、37期)

私は、公明党・国民会議を代表して、さきの先進国首脳会議いわゆるサミットに出席した総理の報告とそれに関連する重要施策について、総理に対し質問を行うものであります。最初に、サミットにおける経済宣言に関連し、経済財政問題について質問いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員  1)  6回発言  75530文字発言
第102回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員  0)  3回発言  29194文字発言
第103回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  4)  3回発言  22937文字発言
第104回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  0)  3回発言  32936文字発言

  37期通算  71回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 66 委員  5) 15回発言 160597文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

内閣委員会
            66回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 66 委員  0)  12回発言 116768文字発言

予算委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)   3回発言  43829文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

内閣委員会理事(第101回国会)
内閣委員会理事(第102回国会)
内閣委員会理事(第103回国会)
内閣委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第7号(1984/04/12、37期)

運輸省設置法の一部を改正する法律案についてお伺いしたいと思います。この法律案を拝見いたしまして、海運局と陸運局を統合して地方運輸局ということなのですが、私、公明党の立場で行革は推進する、こういう立場で…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第11号(1984/05/08、37期)

設置法に入る前にちょっとお伺いしたいのですが、けさの新聞の報道によりますと、NHKが始めようとした衛星放送ゆり二号aが故障した、こういうニュースが出ておりますが、前回も、昭和五十三年にもたしか事故があ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1984/05/19、37期)

きょうは総理御出席でございますので、総理にざっくばらんに教育改革の中身あるいは臨教審のあり方について伺いたいと思います。最初に、総理の教育に対する考え方というか、教育観というか、これを伺いたいと思い…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第19号(1984/07/05、37期)

先日の最初のこの委員会の議論で総理大臣と、言ってみればこの法案の骨格というか、それから中曽根総理の教育観というか、そういうものを中心にお尋ねをいたしました。きょうは、テーマとしてはダブる問題もあります…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第20号(1984/07/10、37期)

私は、今まで総理に質問、また先日は文部大臣に質問をいたしました。その中で、総理との質疑では、主に総理が総理になられる前にいろいろ発言をされていた、そういう中でこの教育改革に当たっての総理の教育観という…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1984/02/17、37期)

私は、きょうはシーレーンの防衛の問題をお伺いしたいと思います。それに先立ちまして、総理並びに防衛庁長官に前提の問題を確認いたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1984/12/18、37期)

私は、公明党・国民会議を代表して、給与三法案と修正案に対し、原案に反対し、修正案に賛成する討論を行うものであります。我が党は、従来から一貫して、人事院勧告の完全実施を強く主張してきました。ところが政…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 内閣委員会 第8号(1985/03/28、37期)

最初に、外務大臣にSDIのことでお伺いしたいと思います。午前中の質疑で、ワインバーガー米国防長官から書簡が届いた、昨夜遅く届いて受け取ったばかりで内容については今後慎重に対処したい、こういうことでご…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1985/04/23、37期)

五九中業の策定中ということでそれぞれ国会で議論されているわけですが、きょうは五九中業に関連して二、三お伺いしたいと思います。まず一つは、きのうの委員会でも防衛庁長官、お答えになっていらっしゃったよう…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1985/12/10、37期)

私は、公明党・国民会議を代表して、ただいま議題となりました一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案外二法律案に、反対の討論を行うものであります。公務員給与については、昭和五十七年以来、給…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1985/10/29、37期)

私は、公明党・国民会議を代表して、防衛問題について政府の見解を伺いたいと思います。最初に、総理、昨日のこの予算委員会で、社会党の大出委員と総理のやりとり、非常に興味深く伺っておりました。私も同じ質問…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1985/10/30、37期)

我々は、防衛費に関しましては、GNP対比で一%枠を堅持してほしい、堅持してもらいたいあるいは堅持すべきである、こういう立場で昨日は質問をいたしました。先ほど総理から御答弁がございました中の、今国会にお…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1986/04/22、37期)

上原委員の午前中からの質疑をずっと伺っておりました。多少重複するかもしれませんが、お伺いをしたいと思います。官房長官、ずっと御答弁を伺っておりますと、要するに、なぜ安全保障会議をわざわざ設けるのかと…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1986/04/24、37期)

今回の設置法でございますが、厚生省の御説明によりますと、設置法あるいは国立病院、国立療養所の再編成後には、厚生省の類型によりますとナショナルセンターという位置づけになっておるわけですね。そのナショナル…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1986/05/08、37期)

安全保障会議設置法について総理の御認識を伺いたいと思います。この委員会でずっと議論を伺っておりました。私も官房長官に一時間近く伺ったわけですが、要するに、今もって、なぜ安全保障会議をつくるのか。従来…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12