国会議員白書トップ衆議院議員中井洽>37期国会活動まとめ

中井洽衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   2226文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   1830文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   4056文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第28号(1984/05/23、37期)

私は、ただいま議長より発議されました本国会の会期を大幅に延長する件について、民社党・国民連合を代表し、反対の討論を行うものであります。(拍手)言うまでもなく、本国会は昨年暮れの総選挙後の特別国会であります。したがって、今国会における各党の政策決定や国会運営は、当然総選挙で示された国民の意思を最大限に………会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第25号(1985/04/26、37期)

私は、ただいま議長より発議されました五十七日間の会期延長の件につき、民社党・国民連合を代表し、反対の討論を行います。(拍手)我が党は、会期延長にすべて反対するものではありません。しかし、会期延長につきましては、本来の趣旨からして、当然、国会の審議の都合上一、二の法案が会期内に成立のためにどうしても日………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 62回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 48)  7回発言  44143文字発言
第102回国会 40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員 33)  6回発言  49848文字発言
第103回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  9)  0回発言      0文字発言
第104回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員  1)  0回発言      0文字発言

  37期通算 143回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 52 委員 91) 13回発言  93991文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 議院運営委員会
            94回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員 65)  0回発言      0文字発言

 環境委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 23 委員  1)  9回発言  64751文字発言

 逓信委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  4回発言  29240文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 環境委員会理事(第101回国会)
 環境委員会理事(第102回国会)
 環境委員会理事(第103回国会)
 議院運営委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 環境委員会 第3号(1984/03/27、37期)

大臣に、過般聞かせていただきました所信表明に沿って幾つかのお尋ねを申し上げます。ここ数年、毎年かわられます大臣の所信表明を聞かせていただきますと、かつてのような華々しいというか派手な公害論争、公害問…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 環境委員会 第4号(1984/04/06、37期)

水俣病の諸問題について、いつも熱心にお取り組みをなさっておられます馬場議員から、大変長時間にわたって質疑がありました。本当に馬場議員は機会あるごとにこの問題を取り上 げて熱心にやられておりまして、水俣…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 環境委員会 第8号(1984/05/11、37期)

湖沼法につきましては、かねてからこの委員会で何年もにわたってその提出あるいは成立が待たれておったわけでございます。そういった意味で、この法案の実質的な審議に入れるということは大変喜ばしいことであるわけ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 環境委員会 第10号(1984/05/18、37期)

先週に引き続いて残余の質問をさせていただきますが、その前に、今各党の御質疑もありましたし、またマスコミ等でも大変騒がれております猛毒のダイオキシンを含む2・4・5T除草剤の処分の問題について幾つかの質…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 環境委員会 第12号(1984/07/03、37期)

一般質問の時間ということで私どもの党も割り当てをいただきまして、簡単に二、三関心のある問題で御質問を申し上げたいと思います。最初に、過般の委員会でも議論になりまして、私自身も質問をいたしました林野庁…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第7号(1984/04/19、37期)

電電公社の真藤総裁にお尋ねをいたします。きのうの質疑の中で総裁は、我が党の永江議員の質問へのお答えの中で、現行の料金体系が続くなら電電事業への新規加入はやすやすとできるのだ、こういう見通しを述べられ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第13号(1984/07/04、37期)

今回政府から出されております電電改革の三つの法案、これが成りまして、電電公社が民営化がされる、また電信電話が独占から一般に開放される、こういう改革ができ上がりますと、これは戦後で言えば、電力体制が九つ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 環境委員会 第3号(1985/02/26、37期)

環境庁長官にお尋ねいたします。二月二十日の予算委員会で長官は、自民党の原田議員の御質問にこのようにお答えになっていらっしゃいます。「先生のお説ごもっともでございますので、そうしたことを踏まえて、今後…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 環境委員会 第4号(1985/03/25、37期)

環境庁にお尋ねをいたします。今回の改正法案は、昭和六十年度から昭和六十二年度までの間、今行われております公害健康被害補償法をそのまま延ばしていく、こういう法案でございます。私自身も、この委員会へ所属…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 環境委員会 第5号(1985/04/16、37期)

私も同じく、過般出されました新幹線騒音公害訴訟の判決について、重複の部分もあるかもしれませんが、党という立場もございますのでお許しをいただいて、国鉄あるいは運輸省等にお尋ねをいたします。まず最初に、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 環境委員会 第7号(1985/06/14、37期)

きょうは、し尿の海上投棄の問題についてお尋ねをしたいと考えます。最初に、環境庁は、し尿の海上投棄そのものをどういうふうに御判断をなさっていらっしゃるか、あるいは現在どういう調査研究を行われているか、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 逓信委員会 第5号(1985/03/25、37期)

私は、NHKの六十年度予算の中身について幾つか質問させていただこう、このように準備をしておったわけでありますが、先ほどの質疑を拝聴いたしておりますと、私の敬愛する大先輩の議員さんが、我が党の二人が過般…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 逓信委員会 第6号(1985/04/10、37期)

いわゆる日米通商摩擦の通信機器の分野についての交渉問題について、時間のある限りお尋ねをしたいと思います。もちろん、外交あるいは交渉問題でありますから、中身の言えない問題もあろうかと思いますが、私どもと…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22