上田卓三衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   4339文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   4681文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  1回発言   2811文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  3回発言  11831文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第7号(1984/02/24、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま議題となりました所得税法等の一部を改正する法律案並びに法人税法の一部を改正する法律案、租税特別措置法の一部を改正する法律案につきまして、総理並びに関係大臣に質疑を行うものであります。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第10号(1985/02/15、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま議題となりました租税特別措置法及び所得税法の一部を改正する法律案並びに法人税法の一部を改正する法律案につきまして、総理並びに関係大臣に質疑を行うものであります。今日、国民が最大の関心を持ってその行方を見守っているのは、言うまでもなく大型間接税をめぐる論議………会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 本会議 第9号(1985/12/03、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま議題となりました国家公務員等共済組合法等の一部を改正する法律案に対して、反対の立場から討論を行うものであります。(拍手)今日、我が国人口の高齢化が急速に進行しつつあるもとで、高齢化社会における社会保障の根幹をなす年金改革は、緊急に解決を迫られている重要な………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 56回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 56)  5回発言  52021文字発言
第102回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員  5) 10回発言  58271文字発言
第103回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  0)  2回発言  22806文字発言
第104回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  1)  4回発言  43808文字発言

  37期通算 124回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 62 委員 62) 21回発言 176906文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

大蔵委員会
            92回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 62 委員 30)  21回発言 176906文字発言

議院運営委員会
            30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30)   0回発言      0文字発言

予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

大蔵委員会理事(第102回国会)
大蔵委員会理事(第103回国会)
大蔵委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1984/03/26、37期)

竹下大蔵大臣がまだお見えでないので、本当は質問しにくいわけでありますし、また早急に来ていただくようにしていただきまして、御協力いただきたい、このように思います。所得税法等の一部を改正する法律案につい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1984/03/28、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、所得税法等の一部を改正する法律案並びに法人税法の一部を改正する法律案、租税特別措置法の一部を改正する法律案について反対討論を行うものであります。五十八年度一千五…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第16号(1984/04/18、37期)

まず大臣に、景気回復について御質問申し上げたいと思います。八三年度の国民総生産、いわゆるGNPが政府見通しどおり実質三・四%の成長を達成することが確実と言われているわけでありますが、昨年二月を底に、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1984/05/08、37期)

本法律案は、調和ある対外経済関係の形成を図るための各種法律の改正案、こういうことであるわけでございます。国際化社会、こういうことで、非常に大事な法案の審議になるわけでございます。私は、先月の本委員会…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第26号(1984/06/22、37期)

今回の専売改革法案は、国鉄あるいは電電の民営・分割化論を打ち出した臨調答申に基づいて提出されている、このように我々は考えておるわけであります。改革の直接の目的は、一年分以上の過剰在庫を抱える国内産葉た…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1985/02/22、37期)

今国会の大型間接税をめぐる首相なりあるいは大蔵大臣の発言を聞いておりますと、どうも字句の解釈によるところの言葉遊びというのですか、一種の詭弁を弄して大型間接税の導入のレールを強引に敷こうとしているよう…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第12号(1985/03/26、37期)

ただいま議題となっております国の補助金等の整理及び合理化並びに臨時特例等に関する法律案につきましてでありますが、この法案は、五十九本の法律、六十六項目にわたっておるわけでございます。行革特例法の三十六…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1985/03/27、37期)

国の補助金等の整理及び合理化並びに臨時特例等に関する法律案、この法案審議にきょうから入るわけでございます。先般、大蔵の事務当局から、この法案につきましての概要を御説明をいただいたわけでございます。そ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1985/04/12、37期)

ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、案文を朗読し、趣旨の説明にかえさせていただきます。各位の御賛同をお願い申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第20号(1985/04/19、37期)

ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表して朗読いたします。日本開発銀行法の一部を改正する法律案及び日本輸出入銀行法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1985/05/21、37期)

ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表いたしまして朗読いたします。昭和四十二年度以後における国家公務員等共済組合等からの年金の額の改定に関する法律等の一部を改正する法律案に対す…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第24号(1985/05/23、37期)

参考人の皆さん方には、公私ども何かと御多用のところ、まげて本委員会に法案審議のために御参加いただきましてまことにありがとうございます。さて、私は、今大きな問題になっております対外貿易摩擦の問題を二、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第25号(1985/05/24、37期)

大蔵大臣、連日御苦労さまでございます。まず、何を言いましても総額三百七十億ドルに上るところの日本の経常収支黒字を背景といたしました対外経済摩擦、特に日米経済摩擦の中で、我が国の市場開放と内需拡大を求…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第29号(1985/06/04、37期)

ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表して朗読いたします。昭和六十年度の財政運営に必要な財源の確保を図るための特別措置に関する法律案、国債整理基金特別会計法の一部を改正する法律…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第30号(1985/06/12、37期)

証券取引法の一部改正につきまして、それを中心にしまして若干質問を申し上げたい、このように思います。今趣旨説明があったわけでございますが、我が国の公社債市場は、国債の大量発行を背景として増大の一途をた…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 大蔵委員会 第5号(1985/11/22、37期)

竹下大蔵大臣は、日本列島ふるさと論、こういうことで次期総理・総裁を目指してというのですか、将来大きく飛躍していただかなければならぬわけでございますが、いわゆる老齢化社会に入った、こういうことを言われて…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1985/11/29、37期)

先週に引き続きまして質問を続けさせていただきたい、このように思います。まず、国鉄が民営・分割化される、こういうことでございまして、やはりその前提になるのは長期債務というものを正確につかむということ、…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1986/03/24、37期)

それでは関税二法の質問をさしていただきたい、このように思います。きょうは、日銀総裁、参考人として御出席いただきましてまことにありがとうございます。法案審議に入る前に円高問題につきまして若干の質問をさ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1986/03/25、37期)

きのうも当委員会で触れたわけでございますが、円高デフレが大変進行しておるように思うわけであります。当然、円高による差益で笑いがとまらないような利益を上げている人たちがおることもこれまた事実であります。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1986/04/15、37期)

大蔵大臣は、先週四月八日に先進十カ国蔵相、それから中央銀行総裁会議、G10に御出席されております。また、四月九日と十日にはIMF、国際通貨基金暫定委員会が行われたわけでございます。そういう意味で、立て…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1986/04/16、37期)

ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表して、案文を朗読いたします。国の補助金等の臨時特例等に関する法律案に対する附帯決議(案)会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12