北川石松衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  5回発言   2629文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  5回発言   2629文字発言

本会議発言一覧

第104回国会 衆議院 本会議 第13号(1986/03/25、37期)

ただいま議題となりました両件につきまして、外務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。我が国の皮革の輸入数量制限につきましては、昭和五十九年五月にガット締約国団によりガットに違反する旨の結論が出され、また、革靴についても皮革と同様の結論が出されることが予想されましたので、我が国は、皮………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第20号(1986/04/15、37期)

ただいま議題となりましたソ連邦との租税条約につきまして、外務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本条約は、日ソ両国政府間で数次にわたる交渉を経て、昭和六十一年一月十八日東京において署名されたものであります。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第26号(1986/05/08、37期)

ただいま議題となりました両件につきまして、外務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、第百二十二号条約について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第29号(1986/05/15、37期)

ただいま議題となりました日中原子力協定につきまして、外務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本協定は、日中両国政府間で数次にわたる交渉を経て、昭和六十年七月三十一日東京において署名されたものであります。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第30号(1986/05/21、37期)

ただいま議題となりました扶養義務の準拠法に関する条約につきまして、外務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。この条約は、ヘーグ国際私法会議における検討の結果、昭和四十八年十月に作成されたものであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言
第102回国会 65回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 56 委員  9)  2回発言   2413文字発言
第103回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員  2)  0回発言      0文字発言
第104回国会 17回出席(長 15 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言

  37期通算 105回出席(長 15 代理理事 0 代理 0 理事 78 委員 12)  2回発言   2413文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 議院運営委員会
            56回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 56 委員  0)  1回発言    301文字発言

 外務委員会
            42回出席(長 15 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  5)  1回発言   2112文字発言

 社会労働委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 法務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 外務委員会委員長(第104回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 議院運営委員会理事(第101回国会)
 外務委員会理事(第102回国会)
 議院運営委員会理事(第102回国会)
 外務委員会理事(第103回国会)
 議院運営委員会理事(第103回国会)
 議院運営委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第102回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1985/05/31、37期)

限られた十分間ではありますが、質問の機会を与えていただきまして深く感謝をいたします。女子差別撤廃条約が昭和五十五年七月十七日に署名されて約五カ年になります。国会での批准を控えまして、総理のお考えをお…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 議院運営委員会 第40号(1985/06/25、37期)

発言は理事会において申し入れなかったのでありますが、今反対の理由をお聞きいたしまして、ここに一言、提案者として御理解を求めておかなければならぬと思っています。本院が、民主政治の中で提案いたしまして、…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22