国会議員白書トップ衆議院議員水田稔>37期国会活動まとめ

水田稔衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

34期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

34期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員  4)  7回発言  62930文字発言
第102回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 19)  6回発言  51512文字発言
第103回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  7)  1回発言  12420文字発言
第104回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  6回発言  61705文字発言

  37期通算  80回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 31 委員 49) 20回発言 188567文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

商工委員会
            62回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員 40)  18回発言 161945文字発言

災害対策特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  0)   0回発言      0文字発言

対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   1回発言   9632文字発言

大蔵委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   1回発言  16990文字発言

議院運営委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言

内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

建設委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

商工委員会理事(第101回国会)
災害対策特別委員会理事(第102回国会)
商工委員会理事(第102回国会)
災害対策特別委員会理事(第103回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1984/03/02、37期)

大臣の所信を聞いておりますと、予算の内容を見ても同じでありますが、今の日本の経済にとって内需の拡大というのが一つの大きな課題と、こういうぐあいに言われておるわけです。これは、予算上の問題なり内需拡大の…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1984/03/28、37期)

社会党の水田稔です。参考人の皆さん、大変御苦労さんでございます。また、貴重な御意見を聞かしていただきましてありがとうございました。限られた時間でございますので、幾つかの点について御質問を申し上げたいと…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1984/03/30、37期)

繊維工業の構造改善については、織工審なり産構審の答申、まさにいわゆる大量生産で生きていくんじゃなくて、全体的に知識集約型にしていこう、こういうことです。見てみますと、これはもともとは特定繊維工業構造改…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1984/04/13、37期)

通産省が委託費として年間大体七億円ほど、科学技術庁が二億円弱ですか、約九億円の委託費を払っていわゆる放射性廃棄物の処理の研究をやっておる環境整備センターというのがあるわけです。これは一体どういう目的で…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第14号(1984/05/09、37期)

ソ連との貿易関係の問題についてお伺いしたいと思います。これまで数年間にわたっていろいろ事件がありまして、日ソの関係というのは極めて冷たい関係にあった。そういう中で我が国も経済措置と、こう言っておりま…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第15号(1984/05/11、37期)

今国会に特許特別会計の法案が出されまして、特許関係の処理、事務のやり方が大幅に変わるわけであります。これは恐らく出願が大変増大して審査の処理が長引いていく、あるいはそれらを、情報サービスを拡充していく…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第28号(1984/07/03、37期)

私は、塩専売事業について質問いたしたいと思います。まず最初に、現在の塩の需給の状況、食用塩、工業用塩含めてでありますが、これが一体どうなっているのか。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1985/04/03、37期)

我が党からもう既に五人質問しておりますので、基本的な問題についてまず大臣にお伺いしたいと思うのです。この法律を出す背景となった日本の現在のいわゆる技術開発についての基本的な考え方の問題なり、あるいはそ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1985/04/12、37期)

私は二つの問題を質問したいと思うのです。その一つは電力問題についての二、三の点であります。電気事業法の第十九条によって供給規程が定められる。その供給規程によって特別料金制度があるわけでありまして、新た…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第12号(1985/04/16、37期)

一つは、このチップパターンの問題について、今度法律で利用権の設定登録をやろう、こういうことでございます。これに関連するものとしては、例えば集積回路のレイアウトの開発については、設計図などについては、い…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第14号(1985/04/19、37期)

私は、レジャークラブの会員権の問題についてお伺いをしたいと思うわけです。けさの新聞にも出ておりましたが、例の金の現物を売って預かり証を出して、実際には金を返さないということで、全国で問題を起こしてお…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1985/05/15、37期)

ことしは我が国に工業所有権制度が制定されて百年を迎えたわけであります。四月の十八日には記念式典が行われたわけです。振り返ってみますと、資源のない日本が明治以来今日、資本主義国の中でGNP第二位という…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第18号(1985/05/24、37期)

産構法に基づく基礎素材産業の構造改善、ずっと進めてきたわけですが、単純平均で言いますと、通産省の発表によりますと五八%が処理済み、こういうことになっておる。通産省はこれは着実に進行しておるんだ、こうい…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1985/11/20、37期)

私は、日本の高度経済成長を支えたいろいろな施策がありますが、その中で、法律で言いますと、一つはこの前も触れました電気事業法、一つは石油業法がその役割を果たしてきたと思うのです。考えてみると、石炭から石…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1986/03/25、37期)

大臣がおられないわけですが、私は、我が国の航空機産業の発展、さらに日本の空の安全ということについては執念を燃やしてやっていこう、こういう気持ちでおるわけです。したがってきょうの質問も、冒頭大臣に航空機…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1986/04/15、37期)

この法案の審議はいよいよ最終日ですが、既に多くの方から質問されておりますので、我が党にとってはこれが最後で、まとめという意味、総括のようなことでお伺いしたいのです。したがって、重複することもあると思い…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1986/04/22、37期)

この化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律が施行されたのが昭和四十九年の四月でありますから、既に十二年という年月を経過しておるわけでございます。したがって、その間に新規の化学物質がどのくらい届け出…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1986/05/07、37期)

今の中村議員の質疑の中にもありましたように、今回の法案ではいわゆる現物まがいを中心にやられておる。マルチまがい、それから千差万別、とにかくあらゆる商品を使った訪問販売の中に、まさにこれは商売というより…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第17号(1986/05/14、37期)

昨年の十二月に私ども社会党は、円高による中小企業の産地の調査を行いまして、通産省、大蔵省に対して緊急の対策、一つは為替の…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会 第3号(1986/05/13、37期)

マルコス疑惑の問題について外務大臣は、参議院の予算委員会でも、また四月の二十三日の本委員会、さらにきょうの稲葉委員の質問に対しても、こういう問題が起こったことについては率直に反省して、真相究明に努力す…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

34期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12