森清(愛媛)衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

34期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   4271文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   4271文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第38号(1985/06/24、37期)

私は、ただいま議題となりました田辺誠君外六名提出の公職選挙法の一部を改正する法律案について、自由民主党・新自由国民連合を代表して質問をいたします。選挙区制、定数配分の問題は、衆議院の構成に関する最重要事項であり、代表制民主主義の根幹にかかわる問題であります。したがって、国権の最高機関である国会の構成………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

34期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 35 委員  0)  3回発言  13107文字発言
第102回国会 53回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 44 委員  9)  1回発言  23877文字発言
第103回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  8)  0回発言      0文字発言
第104回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

  37期通算 106回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 87 委員 19)  4回発言  36984文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 45 委員  0)  2回発言   7158文字発言

 法務委員会
            42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 42 委員  0)  1回発言   5949文字発言

 安全保障特別委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  1回発言  23877文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 法務委員会理事(第101回国会)
 商工委員会理事(第101回国会)
 法務委員会理事(第102回国会)
 商工委員会理事(第102回国会)
 法務委員会理事(第103回国会)
 商工委員会理事(第103回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1984/03/28、37期)

本日は五人の参考人の方々、大変貴重な御意見をいただきまして、我々、この法案の審議に際しまして非常に参考になり、感謝を申し上げる次第でございます。我々はこの法案に取り組みまして、各党の御協力を得て、各参…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1984/03/30、37期)

繊維工業構造改善臨時措置法の一部改正法案につきまして、通産大臣に御質問を申し上げます。我が国の繊維産業の現状を考えますと、やはり相当困難な状況にあるのではないかと考える次第でございます。繊維産業その…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1984/04/03、37期)

今回、国籍法及び戸籍法の一部を改正する法律案が提出されまして、ただいま大臣から提案説明をお伺いしたわけでありますが、国籍法は国民の範囲を定める最も重要な法律でありますから、その改正につきましても慎重な…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第5号(1985/04/17、37期)

私は国の安全保障、最も大切な国の任務でありますが、その中で広い意味の安全保障から国の防衛ということに絞りましてきょうは御質問を申し上げたいと思うわけであります。国を防衛するということは、もちろん軍事…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

34期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  2本提出

質問主意書一覧

日本国憲法制定に関する質問主意書
第102回国会 衆議院 質問主意書 第46号(1985/06/25提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

憲法第九条の解釈に関する質問主意書
第102回国会 衆議院 質問主意書 第47号(1985/06/25提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22