国会議員白書トップ衆議院議員米沢隆>37期国会活動まとめ

米沢隆衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   5400文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   4993文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言  10393文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第26号(1985/05/09、37期)

私は、民社党・国民連合を代表し、ただいま議題となりました中曽根総理のボン・サミットからの帰国報告に関して、若干の質問を行います。私は、世界の平和と繁栄に重大な義務と責任を共有する西側自由陣営の首脳が一堂に会して、当面する国際的諸課題について率直な意見交換を行い、その一致点を見出しつつ互いに協力してい………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第23号(1986/04/22、37期)

私は、民社党・国民連合を代表して、ただいま議題となりました総理の訪米報告に関し、若干の質問をさせていただきます。今般、日米両国首脳が、東京サミットの成功へ向け、日米間の政策調整を行うことを目的に、当面する緊急課題につきお互いに緊密な意見交換を行われましたことは、まことに時宜を得たものであり、私どもは………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 33 委員  0) 14回発言 111133文字発言
第102回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 27 委員  1) 10回発言  82969文字発言
第103回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  1)  4回発言  55954文字発言
第104回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  1)  3回発言  36569文字発言

  37期通算  91回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 88 委員  3) 31回発言 286625文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

大蔵委員会
            88回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 88 委員  0)  28回発言 240395文字発言

予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   3回発言  46230文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

大蔵委員会理事(第101回国会)
大蔵委員会理事(第102回国会)
大蔵委員会理事(第103回国会)
大蔵委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第2号(1984/02/22、37期)

私は、目下我が国にとりまして緊急かつ重大な政策課題であります財政改革の問題一本に絞って、大臣並びに当局の見解をただしてみたいと思います。この問題は既に本会議や予算委員会やまた当委員会におきましてもいろ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1984/03/21、37期)

五十九年度税制改正は、言うならば所得税減税の財源探しに明けて財源探しに暮れたと言っても過言ではございません。そして「社会経済情勢の変化に対応した税制の見直し等により最小限必要な増収措置を講ずる」という…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1984/03/26、37期)

私は民社党・国民連合を代表いたしまして、ただいま議題となっております酒税法及び清酒製造業の安定に関する特別措置法の一部を改正する法律案、物品税法の一部を改正する法律案並びに石油税法の一部を改正する法律…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1984/03/28、37期)

大分遅くなりましたが、最後の質問をさせていただきます。我が国の所得税制は、昭和五十年代に入りましてから基本的な手直しが行われないままに今日に至っておりまして、その上、所得税課税最低限が昭和五十二年改…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第12号(1984/04/06、37期)

ただいま提案されております特許特別会計法案は、言うならば特許行政に関連して、近年における技術開発の発展に伴う出願件数の増加、出願内容の高度化に対応するとともに、国際的な情報交換の要請にこたえる必要があ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1984/04/13、37期)

私は、金融問題に関連しまして質問をさせていただきます。金融自由化とか金融革命とか、まるで開戦前夜の一大事かのように騒がれ出してからもう大分の年月がたちました。しかし、現実の動きは遅々として進んでない…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第15号(1984/04/17、37期)

本当に御苦労さんです。私は、国債百兆円時代にどう対応するかという問題に絞って質問をさせていただきます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第17号(1984/04/20、37期)

参考人の皆さん、御苦労さんでございます。先ほど来いろいろと議論がありますから、重複する部分があるかもしれませんが、御勘弁いただいて二、三質問させていただきたいと思います。まず最初に、三人の参考人の皆…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第27号(1984/06/29、37期)

私はまず、塩専売事業の問題を片づけまして、後ゆっくりとたばこ関連法案に移りたいと思います。ただいま提案されております塩専売法案は、今回の日本専売公社の改革に伴い、塩専売事業を、塩専売制度の基本的な枠…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第30号(1984/07/06、37期)

答える方も御苦労さんでございます。お互い疲れましたけれども、先般質問いたしました部分の積み残した部分、それから御答弁の中であいまいな答弁に終始した部分、それから玉置委員、安倍委員の質問に関連いたしまし…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第34号(1984/07/13、37期)

最後の質問になりましたが、重複する部分があるかもしれませんが、御勘弁いただきたいと思います。今回の一連の専売改革の基本は、今般たばこについても開放経済体制に即応するという立場から、たばこ専売制度を廃…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第35号(1984/07/20、37期)

ことしも予算編成の季節になりましたが、七月三十一日に予算請求枠が閣議決定され、八月には事務折衝がなされ、十二月までホットな論争が続いていくわけでありますが、私も今の柴田委員と同じように、六十年度の予算…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第36号(1984/07/27、37期)

既に六十年度予算編成に向けての作業が着々と進められておりますが、これと並行して重要な問題は、六十年度の税制改正の問題であります。五十九年度税制改正に関する政府税調の最終答申並びに五十八年十一月の中期答…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第39号(1984/11/20、37期)

私は、自賠責の問題について質問をいたします。このたび大蔵省は自賠責保険の保険料と保険金の限度額の引き上げを行うことを決めまして、ただいま自賠責審議会に諮問中ということであります。五十八年度予算におい…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1984/12/06、37期)

現在、六十年度予算編成作業が急ピッチで行われておりますが、大蔵大臣を初め役所の皆さん方は大変御苦労さんでございます。それと並行いたしまして、先ほどから議論がありますように、六十年度の税制改正につき自民…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号(1985/01/30、37期)

私はさきの大臣の所信表明に関連いたしまして、六十年度予算をめぐる問題等につき若干質問をさせていただきたいと思います。既に六十年度予算の問題等については各方面からいろいろな御指摘がなされておりますが、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1985/02/26、37期)

私はまず最初に、租税特別措置法の改正法案に関連いたしまして、利子・配当課税の問題をお尋ねいたします。現行の利子・配当課税のあり方については、不公平税制の典型的なものとしてとらえられ、その是正はかねて…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1985/03/06、37期)

私は、大好きなしょうちゅうがどうも増税されそうな気配が漂っておりますので、そんなのはだめだ、そういう立場で質問をさせてもらいたいと思います。巷間伝え聞くところによりますと、大蔵省は税制改革の一環とし…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1985/03/08、37期)

私は、昭和五十四年に、正式には五十一年から始まったと聞いておりますが、いわゆる一般消費税の導入が企画をされて、それが最終的に撤回せざるを得なかった経緯を顧みて、今、当局の本格的な税制改革を前に当時を振…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1985/03/27、37期)

大蔵委員会にかけられた重要法案を審議します際に、大蔵大臣がいなくて審議するのはとても奇妙きてれつでございますが、尊敬する後藤田さんや自治大臣に来ていただいておりますので、私は今提案されております法案に…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第15号(1985/04/02、37期)

私はまず、ただいま上程されております補助金一括法案とは直接関係ありませんが、せっかく総理質問の時間をいただきましたので、目下日米間の最大の懸案問題に発展しております日米経済摩擦問題に関し、現状に対する…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1985/05/21、37期)

御案内のとおり、今度のボン・サミットは、我が国の記録的な貿易黒字に対する欧米諸国の批判が燃え盛る中で開催をされました。サミットの前には、日本が袋だたきになるのじゃな…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第27号(1985/05/29、37期)

昭和六十年度の財政運営に必要な財源の確保を図るための特別措置に関する法律案、その趣旨を読みますと、「昭和六十年度における国の財政収支が著しく不均衡な状況にあることにかんがみ、同年度の財政運営に必要な財…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1985/03/06、37期)

遅くまで大変御苦労さんでございます。私は、まず冒頭に国鉄の余剰人員対策につきまして当局の見解をただしておきたいと思います。国鉄再建にとりまして、余剰人員対策が円滑に推進されるかどうかは大きなかぎを握…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1985/11/08、37期)

今回私は、第二の予算と言われます財政投融資計画の改革、見直しの問題と、それに関連する厚年、国年の高利運用の問題について、政府の見解をただしてみたいと思います。総論はさておきまして、早速各論に入りたいと…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号(1985/11/15、37期)

ただいま提案されております国家公務員等共済組合法等の一部改正法案は、本格的な高齢化社会の到来など社会経済情勢の変化に対応して、我が国公的年金制度全体の長期的安定と整合性ある発展を図るために、公的年金制…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 大蔵委員会 第5号(1985/11/22、37期)

きょうは同僚の玉置君の持ち分の時間を消化するために、私がかわりに質問をさしていただきます。質問の方は、この前質問いたしました残りの分について若干質疑を続けてみたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1985/10/29、37期)

今度の臨時国会は、御案内のとおり、共済年金法の処理の問題や定数是正の問題、中期防衛力整備五カ年計画をめぐる防衛問題、そして対外経済摩擦のための対策、内需拡大、税制改革等々数多くの問題が山積しておる国会…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1986/03/25、37期)

私は、ただいま提案されております租税特別措置法の一部を改正する法律案に関連いたしまして、特に中小企業の皆さんにとって大きな影響が出るであろうと思われる問題、すなわち特定資産の買いかえの場合の課税の特例…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1986/05/16、37期)

余り質問することもありませんが、簡単に御質問を申し上げます。近年我が国経済の国際的な地位の高まりの中で、円の国際化の必要性が叫ばれて、当局としても着々と円の国際化に向けて努力をなされつつ今日に来たの…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1986/02/08、37期)

私は、今国会に課されました重要な課題であります国鉄改革につき、これ一本に絞りまして、総理並びに関係大臣の所見を伺ってみたいと思います。御案内のとおり、去る五十八年の六月に発足をいたしました国鉄再建監…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12