安田修三衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  2回発言   5830文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   2187文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  3回発言   8017文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第8号(1984/02/28、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表いたしまして、ただいま議題となりました昭和五十九年度地方財政計画並びに地方交付税法等の一部を改正する法律案に関し、総理並びに関係大臣の所見を問うものであります。総理並びに自治大臣は、口を開けば、人々の参加と連帯、地方分権の推進あるいはゆとりと潤いのある快適な生活環境、………会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第33号(1984/07/06、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表いたしまして、ただいま議題となりました風俗営業等取締法の一部を改正する法律案に対し、反対の討論を行うものであります。(拍手)戦前の旅館等に見られました官憲の臨検や性風俗抑圧から解放された戦後、風俗犯罪の実質的なものが買春や賭博と見られ、その温床となりやすい営業に限定し………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第22号(1986/04/18、37期)

私は、ただいま議題となりました地方交付税法等の一部を改正する法律案に対し、日本社会党・護憲共同を代表し、反対の討論を行うものであります。以下、本案反対の諸点について申し述べるものであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  6回発言  58842文字発言
第102回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員  2)  8回発言  55516文字発言
第103回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  0)  3回発言  26246文字発言
第104回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員  0)  3回発言  14098文字発言

  37期通算  71回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 44 委員 27) 20回発言 154702文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 地方行政委員会
            69回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 44 委員 25) 20回発言 154702文字発言

 農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 地方行政委員会理事(第102回国会)
 地方行政委員会理事(第103回国会)
 地方行政委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 地方行政委員会 第3号(1984/03/01、37期)

私は、初めに田川自治大臣に、先般所信表明をいただきましたそのことからお伺いしたいと存じます。自治大臣は、民主主義の危機という点からいたしますと、中曽根総理をかって手厳しく批判してこられた方であります…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 地方行政委員会 第7号(1984/04/12、37期)

この地方交付税問題を論ずるときには、先輩委員の方々も繰り返し原則論を今日まで議論しておられるようでありますが、私も、先に原則的なことからお聞きしていきたい、こう思います。まず、財源不足の原因、わかっ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 地方行政委員会 第8号(1984/04/13、37期)

それでは、自治省当局にお尋ねいたします。五十七年十二月十四日付の財政局地方債課長名内簡による地方公営競技臨時従事員の賃金の調査、こういうことが行われたのでありますが、その結果につきまして、要点の概略…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 地方行政委員会 第17号(1984/05/21、37期)

私は、今度の風俗営業法の改正案は、やはりいろいろな意味で法体系の上では重要な改正ということになるのではないかと思います。特に、風俗営業でありますから、風俗というのは時代の変遷によって変わってまいります…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 地方行政委員会 第22号(1984/07/05、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表いたしまして、ただいま議題となりました風俗営業等取締法の一部を改正する法律案並びに原案に対する自由民主党・新自由国民連合、公明党・国民会議、民社党・国民連合の修正案及び…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 地方行政委員会 第29号(1984/11/20、37期)

初めに、大臣、就任されましておめでとうございます。地方自治発展のために御尽力されますようお願い申し上げます。さて、先に警察庁の方にお尋ねいたします。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 地方行政委員会 第2号(1984/12/19、37期)

それでは、初めに電電新会社の関係につきましてお尋ねいたします。まず固定資産税の税額はどの程度に正確――正確といいましてもまだ課税されるわけではございませんので、前回のようにラフな数字ではなくて、大体…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 地方行政委員会 第4号(1985/02/21、37期)

それでは、大臣の所信表明に関連いたしまして質問したいと存じます。まず、来年度の予算編成に際しまして、地方の立場を、大臣は自治大臣という立場からいろいろと補助金の削減問題に対しまして強力に反対されてき…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 地方行政委員会 第6号(1985/03/22、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表いたしまして、ただいま議題となりました地方税法等の一部を改正する法律案につきまして、政府原案に反対の討論を行うものであります。今日、国と地方自治体及び住民の間には、住…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 地方行政委員会 第7号(1985/03/28、37期)

それでは、ただいま提案されました法律案につきまして若干の質問をいたします。まず初めに、四十年に本法が施行されましてから四十九年まで合併は百二十件、五十年以降は九件であります。この趨勢からいたしますと…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 地方行政委員会 第9号(1985/04/12、37期)

それでは、地方交付税法の一部改正案の質疑を行いたいと思います。大臣が見えるまでちょっと時間がございますので、少し技術的な問題のあるところを先にお聞きしていきたいと思います。まず交付税の算定方式の関係…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 地方行政委員会 第12号(1985/04/18、37期)

私は、ただいま議題となりました地方交付税法等の一部を改正する法律案に対し、日本社会党・護憲共同を代表し、反対の討論を行うものであります。昭和六十年度末の地方財政の借金残額は約五十六兆円と推定されてお…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 地方行政委員会 第14号(1985/05/30、37期)

私は、この際、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合及び日本共産党・革新共同の五党を代表し、住民基本台帳法の一部を改正する法律案に対しまして、次の附帯決議…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 地方行政委員会 第17号(1985/06/13、37期)

それでは、ただいま議題となりました法案につきまして質疑を行いたいと存じます。まず初めに、地方公務員の公務災害件数というのは、統計をいただきますと、ここ数年年間大体三万二千前後というような件数でありま…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 地方行政委員会 第1号(1985/11/08、37期)

それでは、初めに自治省の方に固定資産税の評価につきましてお尋ねいたしたいと存じます。先に申し上げておきますが、一般的な固定資産税評価という問題で各地でいろいろと問題が出てまいります。ことしは平均一九…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 地方行政委員会 第7号(1985/11/26、37期)

それでは、初めに自治省の方に公的負担の将来の推移について、先般来委員会でもいろいろな数字等が出ておりますが、もう一度ひとつお聞かせいただきたいと思っております。そこで、今度の仕組みはなかなかややこし…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 地方行政委員会 第8号(1985/11/29、37期)

地方公務員等共済組合法につきまして、先般来、連合審査を初め本委員会でも重ねて質問が行われてまいりました。質問がより深まってまいりますと、今度の年金改革は極めて多くの欠陥を持っていることが露呈されており…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 地方行政委員会 第2号(1986/02/12、37期)

それでは、早速でありますがただいま議題になりました法律の改正案につきまして質問いたします。まず大臣、今度新しく就任されましておめでとうございます。地方自治体にとりまして行財政の大変厳しい折、ぜひひと…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 地方行政委員会 第13号(1986/04/16、37期)

参考人の皆さんには、大変お忙しい中、ありがとうございます。日本社会党の方から皆さん方に二、三お聞きしたいと存じます。まず、滝井参考人にお伺いいたします。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 地方行政委員会 第14号(1986/04/17、37期)

私は、ただいま議題となりました地方交付税法等の一部を改正する法律案に対し、日本社会党・護憲共同を代表し、反対の討論を行うものであります。以下、本案反対の諸点につきまして申し上げるものであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22