藤田スミ衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   2655文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   3581文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   6236文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第32号(1984/06/26、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、いわゆる男女雇用機会均等法案に対し質問いたします。本法案は、婦人に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約の批准のために提出されたものでありますが、同条約はその前文において、「婦人に対する差別は、権利の平等の原則及び人聞の尊厳の尊重の原則に違反するもの」であると、婦会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第22号(1986/04/18、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、国立病院等の再編成に伴う特別措置に関する法律案について、総理並びに関係閣僚に質問いたします。中曽根内閣は、「戦後政治の総決算」を目指し、歴史の進歩に逆らい、軍備拡大、臨調路線の強行によって、健康保険の抜本改悪、老人保健医療のたび重なる改悪をねらい、今回、国立病院………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 29) 16回発言  83552文字発言
第102回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17) 12回発言  85092文字発言
第103回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  4回発言  29051文字発言
第104回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  6回発言  43905文字発言

  37期通算  70回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 70) 38回発言 241600文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 物価問題等に関する特別委員会
            32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32) 21回発言 122866文字発言

 環境委員会
            30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30) 15回発言 110346文字発言

 予算委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

 逓信委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   5103文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   3285文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1984/04/13、37期)

私は、関西新空港の建設が予定されております大阪泉州を地元とする議員といたしまして、この問題には今日まで一方ならぬ関心を持ってまいりました。国会の場でも機会あるごとに採算性の問題、環境問題、土取り問題、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 環境委員会 第3号(1984/03/27、37期)

私は、まず初めに、アセスメントについて一言お聞きをしたいと思います。アセスメント法案は、もちろん昨年の総選挙で廃案となったまま、現時点では国会に提出もされておりません。しかし、共産党は、この法案につ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 環境委員会 第5号(1984/04/13、37期)

私は、今回この質問を前にしまして、実はこの日曜日と月曜日、水俣に行ってまいりました。この間、大臣はぜひ水俣を訪ねてほしい、調査をしてほしいということを随分言われておりましたけれども、私はやはり少なくと…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 環境委員会 第8号(1984/05/11、37期)

大変限られた時間でございますので、基本的な問題だけしかお伺いできませんが、まず法案の基本的な問題点についてお伺いをしていきたいと思います。湖沼が予想以上に汚れているのだ、それは霞ケ浦や諏訪湖や琵琶湖…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 環境委員会 第10号(1984/05/18、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、湖沼水質保全特別措置法案に対する修正案の提案理由及びその内容の説明を行います。湖沼は、言うまでもなく、我が国の豊かでおいしい水の供給源であるとともに、その美しい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 環境委員会 第11号(1984/06/26、37期)

私は、日本碍子株式会社で起きましたベリリウム問題についてお聞きをしていきたいと思います。ベリリウムは環境関係の法規制というのは全くありません。労働衛生関係では作業環境基準が決められておりますけれども…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 環境委員会 第12号(1984/07/03、37期)

この間の委員会で若干残しておりますベリリウムの問題につきまして、一言だけ最初にお聞きをしておきたいと思います。ベリリウムにつきましては、労働安全衛生法上「ベリリウム及びその化合物」ということで一定の…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 環境委員会 第14号(1984/07/31、37期)

私は初めに、前回に続きまして、けさほども問題になりましたが、四国の今治の織田が浜の問題についてお尋ねをしていきたいと思います。質問に入る前に、長官に「今治港取扱貨物量実績とその予測」という一覧表を持…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1984/03/26、37期)

先ほども問題になりましたが、私は乾電池問題に絞って御質問をしたいと思います。廃棄される乾電池に含まれている水銀による環境汚染については、一部の研究者が早くから警告をしておりましたし、この乾電池の回収…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第3号(1984/04/03、37期)

きょうは随分公共料金の問題が取り上げられておりますけれども、私は河本長官の所信から、最初にまず物価問題、特に公共料金の問題について国民の生活に及ぼす影響という角度から取り上げていきたいと思います。長…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第4号(1984/04/12、37期)

きょうは本会議に割賦販売法の一部を改正する法律案というのが提出されました。その中身につきましてはもちろん当該委員会でこれから審議されていくわけですから、その中身の問題ではありませんが、私は今日の消費者…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第5号(1984/04/19、37期)

せっかく大臣がお見えてすので、一言だけお尋ねをしておきたいと思います。時間がございませんのでできるだけ簡潔にお答えをいただきたいんですが、せんだって日米交渉で牛肉とオレンジの一応の決着がつきました。…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第6号(1984/05/10、37期)

私は、きょうは米の問題についてお尋ねをしたいと思います。最近米穀店から米が十分に入ってこないんだという苦情が各地から出されてきております。私のところにも実は米穀店から同様の訴えがございました。そこで…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第7号(1984/06/21、37期)

私は、お米の問題についてきようは質問をしていきたいと思います。まず最初に、五十三年産米についてお伺いをしたいわけですが、きのう農水委員会で、五十三年産米はもう既に検査をしたもののうちの半数が合格をし…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第9号(1984/07/19、37期)

私は、きょうは食用油の問題についてお伺いをしたいと思います。今、業務用食用油の品不足と価格の高騰が全国的に起こっておりますが、それだけではなしに、家庭用の食用油に至るまで価格の高騰が及んできておりま…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第10号(1984/07/26、37期)

きょうは私は、人工甘味料アス…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 環境委員会 第3号(1985/02/26、37期)

二十二年ぶりの婦人の大臣です。長官は各方面からそういう点でも非常に注目をされていると思います。長官御自身も、琵琶湖だとかあるいは交通公害だとか逗子の池子の森だとか、そういうところに直接いらっしゃる、あ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 環境委員会 第4号(1985/03/25、37期)

今回のこの自動車重量税の引き当ての措置というのは、これで五回目の延長になるわけなんです。前回も私、この問題についてお尋ねをしておりますが、当時、これは今後の大気汚染の動向の推移を見きわめつつ自動車に係…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 環境委員会 第5号(1985/04/16、37期)

きょうは新幹線の判決の問題について随分質問がございましたが、私もまず最初にこの訴訟の判決についてお尋ねをしていきたいと思います。新幹線開業以来二十年、そして裁判が始まってから十一年目にして控訴審の判…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 環境委員会 第6号(1985/06/07、37期)

きょう私は、関西新空港を含めまして、瀬戸内海の問題についてお尋ねをしたいと思います。まず最初に、大阪湾の将来構想などの問題についてお尋ねをしていきます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第2号(1984/12/20、37期)

きょうはこの委員会に大蔵省から吉本主計官もお願いをしております。大変お忙しい時期に、ありがとうございます。そこで、私は、地方の消費者行政を進める上で不可欠な消費者啓発費補助制度が全面廃止されるという…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第3号(1985/03/26、37期)

大臣所信についてお伺いをいたします。まず最初に、消費者行政の問題からお尋ねをしていきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第4号(1985/04/18、37期)

私も貿易摩擦問題について、先ほどからの議論とは少し違った観点からお伺いをしていきたいと思います。四月九日の経済対策閣僚会議で決められました対外経済対策で、その取り扱いを、政府としては、これらの提言を…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第5号(1985/05/23、37期)

まず最初に、人工甘味料アスパルテームの問題についてお尋ねをしていきたいと思います。私は今手元に「食品添加物概要」という厚生省環境衛生局食品化学課が作成しました資料を持っております。この資料について厚…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第6号(1985/06/06、37期)

私は、豊田商事グループの問題について聞いていきたいと思います。けさほどからもたくさんお話が出ていますので、改めて言うまでもありませんけれども、消費者が豊田商事グループの悪徳商法によって本当に苦しめら…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第7号(1985/06/20、37期)

引き続き被害者救済の立場から豊田商事グループの問題についてお尋ねしていきたいと思います。先ほどから何度も出ておりますけれども、永野会長の殺人事件、実際白昼堂々、数十人のマスコミ報道陣の前で殺人が行わ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第8号(1985/07/04、37期)

参考人の皆さん、皆さん方のだましの商法によって、それこそ息子の遺族年金なんかも、まともに使うことなく一生かけてためてきたお金がだまし取られた。そして今、その被害者のお年寄りたちは死ぬにも死ねないような…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第9号(1985/09/10、37期)

与えられた時間が二十七分しかございませんので、御答弁の方の御協力、よろしくお願いをしたいと思います。きょうは午前中から弁護団の参考人のお話を伺いました。改めて、こういうふうな悪徳商法がはびこっていく…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 環境委員会 第1号(1985/11/26、37期)

私は、きょうはNOx問題についてお尋ねをしていきたいと思います。私の一番尋ねたい本論のところは少しおいておきまして、まず最初に、二酸化窒素の総量規制三地域の環境基準というのは六十年度も未達成となった…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 環境委員会 第2号(1985/12/03、37期)

きょう私は大変時間が限られておりますので、新幹線騒音の環境基準達成の問題についてのみお伺いをいたします。まず、環境基準の達成についての基本姿勢で長官にお伺いをしておきたいわけです。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第2号(1985/11/21、37期)

私は、まず最初にジャパンライフの問題についてお伺いをしたいと思います。ジャパンライフの問題を、ある人は東のジャパンライフ、西のベルギーダイヤモンド、こういうふうに言っています。あるいはまた豊田商事の…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第3号(1985/12/12、37期)

きょう私は、食品添加物の問題についてお尋ねをしていきたいと思います。まず最初に、先日開かれました日米食品パネルについてお伺いをしたいわけです。この日米食品パネルでアメリカ側から具体的に食品添加物の拡…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 環境委員会 第3号(1986/04/11、37期)

最初に、大臣にお答えをいただきたいわけです。大臣は、所信の中で「国民の健康を守り、環境を保全し、よりよい環境を創造していくために、課せられた使命を果たすべく全力を尽くす所存であります。」こういうふう…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 環境委員会 第4号(1986/05/09、37期)

まず最初に長官にお伺いをしたいわけです。私はこの前の質問のときに大臣にぜひ公害患者に会っていただきたいということをお願いをいたしました。その後、四月二十五日の新聞報道で大臣が二十四日に川崎の保健セン…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第4号(1986/03/06、37期)

それでは、始めたいと思います。所信について御質問をいたしますが、もうきょうはほとんどの委員が円高問題を取り上げております。しかし、私もまた円高問題に限って質問をしていきたいわけです。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第5号(1986/04/08、37期)

私は、質問を始める前に委員長に一言お願いをしておきたいわけです。きょう、私は質問をするに当たって、答弁者に通産省の公益部長を求めておりました。ところが、きょうの三時ごろになって通産省から、公益部長は商…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第6号(1986/04/10、37期)

一昨日の総合経済対策で電力、ガス料金の割引措置が決められましたが、額は一兆円であります。私どもはいつも言っておりますが、一ドル百八十円、一バレル二十ドルで計算したら差益額は二兆円になるはずだ、その半分…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第7号(1986/05/15、37期)

今国会はもう少しいろいろな角度の問題を取り上げていきたいと思いながら結局最初から最後まで円高問題に終わってしまいそうでありますが、円高問題がそれだけ国民の生活に深刻な影響を与えているし、また差益問題で…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  1本提出

質問主意書一覧

鹿児島県伊佐郡菱刈町湯之尾温泉における温泉枯渇及び地盤沈下に関する質問主意書
第102回国会 衆議院 質問主意書 第18号(1985/03/05提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22