小渕正義衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   3790文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   3790文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第14号(1984/04/03、37期)

私は、民社党・国民連合を代表し、ただいま趣旨説明のありました健康保険法等の一部を改正する法律案について、総理大臣及び関係大臣に対し質問を行うものであります。我が国憲法は、その第二十五条において、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を国民に保障し、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上、増進に対する国………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員 24) 18回発言 116851文字発言
第102回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員 20)  9回発言  58904文字発言
第103回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  3)  1回発言   5510文字発言
第104回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員  3)  7回発言  33207文字発言

  37期通算  82回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 32 委員 50) 35回発言 214472文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

社会労働委員会
            48回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 48)  21回発言 142630文字発言

石炭対策特別委員会
            23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 23 委員  0)  10回発言  53061文字発言

科学技術委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  0)   3回発言  13971文字発言

逓信委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   4810文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

石炭対策特別委員会理事(第101回国会)
石炭対策特別委員会理事(第102回国会)
石炭対策特別委員会理事(第103回国会)
科学技術委員会理事(第104回国会)
石炭対策特別委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1984/03/27、37期)

私は、まず最初に、午前中も質疑の中で出ておりましたが、昨日答申がされました男女雇用平等法の今後の取り扱いの問題につい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1984/04/17、37期)

長時間御苦労さまですけれども、私も担当で質問させていただきます。このたびの雇用保険法の改正についてでありますが、午前中の論議の中でも指摘されておりましたように、このたびの改正については、かなり短時日…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第9号(1984/04/19、37期)

私は、本日は、今回の健康保険法の一部改正案に対しまして、制度のごく一般的な問題を中心にいたしまして御質問申し上げたいと思います。専門的な分野はまた次の機会にお願いすることにいたしまして、まず最初に、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1984/04/24、37期)

私は、前回の委員会で船員関係について若干のお尋ねをいたしまして、時間が不足いたしましたので、その点に限って再度御質問をしたいと思います。まず、この前の委員会の中でも、運輸省から船員の雇用対策について…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第19号(1984/06/28、37期)

原爆被爆者関係につきましては、先ほど御質問なさった中村先生も長崎の被爆者の一人でありますし、私も当時の被爆者の一人で、被爆手帳を現在持っておるものであります。ひとつ大臣に率直にお尋ねいたしますが、大…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第21号(1984/07/05、37期)

大臣は、きょうは午前中から、それぞれ質問者から大変な激励を受けて、ひとつ決断を持って対処せよということが言われているわけでありますが、問題を絞りまして、具体的なものについて御質問申し上げたいと思います…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第23号(1984/07/10、37期)

まず初めに、この法案の周辺といいますか環境といいますか、そういうものについてお尋ねいたします。婦人労働者の現在の就業者数については、全体の労働者の中で三四・六%程度占めているというようなお話で、デー…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第24号(1984/07/12、37期)

まず初めに、中曽根総理にお尋ねいたします。このたびの健康保険法改正は、今日的には一番大きな国民の関心を呼んだ社会的問題になっていることは御承知のとおりでございます。国会の中でも四月初めから今日まで慎…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第25号(1984/07/17、37期)

現在審議されているこの雇用均等法案でありますが、それぞれの立場から、非常に不満で不十分な点が論議の中でいろいろ出されております。しかしながら、過去五年有余それぞれの審議会の中で議論されてきた、そういう…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第26号(1984/07/19、37期)

原爆二法について御質問いたします。前回の質問の機会に、戦後、いよいよもう来年は被爆四十年を迎えようとしている中において、被爆者の大きな期待であります援護法制定について、いろいろと申し上げてご見解をお…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第27号(1984/07/24、37期)

私は、民社党・国民連合を代表して、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合、社会民主連合提出の男女雇用平等法案に賛成、政府提出の雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保を促進す…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第29号(1984/07/26、37期)

年金の質問をいたします前に、この点についてまずただしたいと思います。「年金法案は今国会で是非成立を図る必要がある。仮に成立しなかった場合次のような問題がある。」こういう四角囲みで1から3にわたって、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第34号(1984/11/20、37期)

まず初めに、厚生省の基本的な考え方といいますか、そういうものについて若干のお尋ねをいたします。現在、我が国は人口の高齢化ということで、その内容や速さは、従来の諸外国に見られないようなスピードで進行し…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1984/03/16、37期)

私も議員に就任して、長崎県は石炭産出県でありますから、この石炭対策特別委員会に籍を置いておるわけであります。御承知のとおりこの石炭対策特別委員会が石炭の災害対策特別委員会の性格を持つような、三年前は北…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1984/04/20、37期)

参考人の方、けさ早くから大変御苦労さまですが、時間が限られておりますのでポイントを絞って御質問申し上げます。まず最初に伊木参考人にお尋ねいたしますが、今回の災害の発生要因について、どうしてまたこうい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1984/07/11、37期)

きょうは午前中より、特にこの鉱害事業団の九州支部に関する汚職事件ですか、不正事件ですか、これを中心にして論議が行われておりますので、話の継続性として、私も一点のみこの点についてお尋ね並びに意見を申し上…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1984/08/02、37期)

先ほどの質問の中にも触れられておりましたが、現在の貯炭量について、結果的には、これは前年度ですか、十五万トン増の百二十万トンくらいに落ちつくだろう、こういうふうな説明がありましたが、この百二十万トンの…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第10号(1984/11/08、37期)

短時間でありますので焦点を絞って御質問申し上げますが、まず、五十九年度の出炭見通しについてどのように通産省としては見ておられるのか。五十九年度の大体の出炭の見通し、それらについて。それからあと一つは…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1984/12/18、37期)

このたびの改正案につきましては、基礎年金が導入される、そういう点から見ますと我が党としては前向きに評価できる点もございます。しかしながら、個々の内容に至りますならば、いろいろ修正意見等を出しております…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1985/03/07、37期)

私は最初に、大臣に対しての所見をお伺いいたします。中曽根首相は、内閣総理大臣になられて以来機会あるたびに、戦後政治の総決算をする、こういうことを絶えず強く言われているわけであります。大臣も中曽根内閣…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第11号(1985/03/28、37期)

今回の児童扶養手当法の改正案につきましては、余りにも問題点がもう明確になっているわけですね。もちろん、この法改正に至るまでの手続の問題もありますが、中身としての所得制限導入の問題、特に実効は伴わないの…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1985/04/02、37期)

午前中から長時間で関係者の皆さん大変お疲れさまですが、あとしばらくよろしくお願いします。職業訓練法の一部改正につきましては、我が党においては同僚の塩田議員から総括的な質疑を集中いたしましたので、今回…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第16号(1985/04/18、37期)

今、年金関係の方がおられますので、まずそちらの方からお尋ねいたしますが、老人保健法の制定、それから退職者医療制度の創設、いろいろとそういった所得保障面での年金制度の改正、いろいろ紆余曲折ありましたが、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第18号(1985/04/23、37期)

この労働者派遣事業をいよいよ正式に認知していこうというのが今回の法案の骨子でありますが、確かに現在の産業社会の中での一つのシステムといいますかあり方として、こういう需要が時代の流れとしてあることについ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第22号(1985/05/23、37期)

私は、与えられた時間ですが、後のスケジュールの関係で短縮しなくちゃいけませんので、要点だけ、ポイントを絞って二、三点御質問申し上げます。原子爆弾の被爆者援護法につきましては、午前中から各委員それぞれ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1985/05/29、37期)

質問がほとんど同じような焦点でございますので、少し念のためにということでお尋ねいたしますが、先ほどからも南大夕張の災害の原因はガス爆発であるという点については大体断定されたように思います。この四月の三…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1985/06/19、37期)

時間が限られて五分ですから、一問だけお尋ねいたします。田中参考人のお話をお聞きしておりまして、まず何といいましても経済効率性の面から非常に問題があるということ、しかしながら、それぞれ石炭会社の置かれ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1985/12/11、37期)

第八次石炭政策の諮問のあり方、内容等についてお尋ねしたいわけでありますが、その中の一つの項目になりますが、何か立地公害局長が時間の関係もあるそうですので、その分だけとりあえず御質問申し上げます。今度…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第6号(1986/04/08、37期)

我が国の科学技術開発の中で国際水準としてかなり優位にあるようなもの、例えば半導体の技術とか発酵の技術などは国際水準の中ではかなり高いところにあると言われておるわけでございます。ユーザーに最も期待されて…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第11号(1986/04/22、37期)

現在原子力発電が三十二基稼働して、大体二千四百五十万キロワットのエネルギーをつくり出しているわけでありますが、これらの廃棄物処理をめぐって今議論がいろいろされておるわけでありますが、問題は、やはり原子…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第13号(1986/05/02、37期)

まず初歩的な質問から行いますが、今回ソ連で事故が発生いたしました略称黒鉛型といいますか、黒鉛軽水型炉といいますか、このタイプがソ連国以外のところで稼働しているのはあるのかないのか、あるとすればそれぞれ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1986/05/16、37期)

私、時間が迫っているものですから、こういう非常に変な状態のようですけれども、多くを申しません。始めさせていただきます。まず第一に、最近非常に急激な円高になっているわけでありますが、防衛予算につきまし…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1986/04/17、37期)

まず初めに、厚生省からいただいた原子爆弾被爆者に対する特別措置に関する法律の一部を改正する法律案の参考資料の三ページのところに被爆者健康手帳の交付の数が出ておりますが、ここ二、三年の被爆者健康手帳交付…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1986/04/11、37期)

先ほどから経構研の答申に対して大臣の方では、単なる参考的な意見だ、外野席からの一つの見方だ、こういうような話をされておるわけでありますが、この経構研の結論というものは、政府の取り扱いとしては、そういう…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1986/05/15、37期)

参考人の方は朝早くから大変御苦労さまでございます。特に向坂参考人におかれましては、政策部会の取りまとめの小委員長として、それぞれの立場からの意見を取りまとめられながらいろいろ御配慮されていることについ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12