五十嵐広三衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   4268文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   4268文字発言

本会議発言一覧

第104回国会 衆議院 本会議 第24号(1986/04/25、37期)

日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま上程された地方自治法の一部を改正する法律案について、総理並びに関係各大臣に御質問申し上げたいと思います。現行地方自治法は、新憲法と施行日をともにする唯一の法律で、我が国の戦後民主主義の基盤をなしてきたものであり、私どもはその重要性を忘れてはならないのであります………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  3回発言  19293文字発言
第102回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  6回発言  42299文字発言
第103回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言  14032文字発言
第104回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  7回発言  57402文字発言

  37期通算  51回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 51) 17回発言 133026文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

地方行政委員会
            39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 39)   5回発言  36403文字発言

科学技術委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)   8回発言  70683文字発言

農林水産委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   2回発言   8787文字発言

決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   7522文字発言

内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   9631文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第18号(1984/07/05、37期)

きょうは「むつ」の問題を中心に御論議ということでございますので、初めに若干「むつ」の新定係港の立地上の問題でお聞きいたしたいと思います。これは当委員会の今までの質問で再三指摘され論議されているところ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第22号(1984/08/02、37期)

それでは科学技術庁にお伺いしますが、高レベル放射性廃棄物のガラス固化体一本が持っている放射能、これは低レベル――低レベルと言ったって差はあるだろうと思いますが、包括的に言って一体そのドラム缶何本分くら…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 地方行政委員会 第12号(1984/04/24、37期)

私は、ただいま議題となりました地方交付税法等の一部を改正する法律案及び地方公共団体関係手数料に係る規定の合理化に関する法律案に対し、日本社会党・護憲共同を代表し、反対の討論を行うものであります。対G…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第7号(1985/04/16、37期)

高レベルの放射性廃棄物の問題についていろいろお伺い申し上げたいと思います。今、例の動燃の東海事業所で固化プラントの設計が完了していよいよ建設にかかる。以前は六十二年から運転開始というようなことを計画…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1985/05/29、37期)

労働大臣がお時間の予定があるようでありますから先に御質問させていただきますので、終わりましたらどうぞお引き取りいただきたいと思います。大臣御存じのように、北海道は冬期間職を失う、ああいう積雪寒冷地で…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 地方行政委員会 第9号(1985/04/12、37期)

大臣、お疲れのところ恐縮でございますが、時間も大分遅くなってきましたので、二つ三つの問題に絞って御質問を申し上げたいと思います。その前に、今岡田委員から御質問のことに関連して、ちょっと財政局長の御意…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 地方行政委員会 第18号(1985/06/20、37期)

悪徳商法ということで大変に世間の批判を浴びながら、二万人とも三万人とも言われているようなお方から約二千億円に上る大金を集め、関連企業百社近い会社の総帥として実権を握っていた永野一男豊田商事会長が、六月…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1985/05/30、37期)

きょうは川越さんに参考人としておいでいただきまして、大変お忙しい中御参加を賜りましたことに、心からお礼を申し上げたいと思います。去年の十二月に、地方制度調査会が、地方行財政に関する当面の措置について…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第28号(1985/07/09、37期)

ことしの米価の諮問で連日大変御苦労いただいておりまして、御苦労さまと申し上げたいと思います。そこで、米価問題に入る前に、私は北海道なものですから特に強く感じているのでありますが、ナチュラルチーズある…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 科学技術委員会 第1号(1985/11/28、37期)

動力炉・核燃料開発事業団は、北海道幌延町に立地を予定しているいわゆる貯蔵工学センター、すなわち高レベル放射性廃棄物施設などの立地環境調査を先日抜き打ちに強行して、立地予定地を現地踏査したのであります。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第4号(1986/03/25、37期)

先に、資源エネルギー庁から片山国際原子力企画官がお見えになっておられるようでありますので、セラフィールドの問題でちょっとお伺いして、終わりましたらお帰りいただいて結構でございます。前に欧州議会から操…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第5号(1986/03/27、37期)

先日来、東海地震の前兆の問題で新聞その他を通じてかなりいろいろ報道がございまして、住民の皆さんも非常に強い関心を持っているのではないかと思うのであります。それは東海地震が起こると予想されている震源域の…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第12号(1986/04/24、37期)

今度の改正案をいろいろ御説明等を伺ってきたわけでありますが、どうも大変まず痛感するのは、発生者の責任が非常にあいまいになっていくのではないか、こういう懸念なわけであります。これは各委員も共通の懸念を持…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第15号(1986/05/08、37期)

余り時間か残っておりませんので、ます御要望申し上げておきたいと思いますが、各委員とも非常にこの審議についてまだまだただしたい点がある、あるいは審議の経過の上からいいましても、極めてどうも不十分な、未成…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 地方行政委員会 第4号(1986/02/25、37期)

地方自治体もあるいは我が国の地方自治制度も大変大事な大きな曲がり角にあるような気がいたしますし、そういう折に、まさに実力派大臣を迎えまして、まことに心強いところでありますが、ぜひ我が国の地方自治の一層…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 地方行政委員会 第12号(1986/04/15、37期)

最初に、きょういろいろ議運等でも議論になっております三月三十一日付の官報の問題でお伺いしておきたいというふうに思うのであります。官報というのは一体どういう性格なり権威というものを持っているものなのか…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第16号(1986/05/08、37期)

ことしの日ソ漁業交渉は大変な結果になったわけであります。北海道の漁業者あるいはこれに関連するさまざまな仕事をしている皆さんが大変な苦境に陥っているというのはもう御承知のとおりであります。この前、羽田農…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12