浜田卓二郎衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言    283文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言    283文字発言

本会議発言一覧

第104回国会 衆議院 本会議 第24号(1986/04/25、37期)

ただいま議題となりました地方自治法第百五十六条第六項の規定に基づき、公共職業安定所及びその出張所の設置等に関し承認を求めるの件について、社会労働委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本件は、労働省の所掌事務の効率的な遂行を図るため、公共職業安定所及びその出張所の設置等について、国会………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 63回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員 35)  3回発言  12891文字発言
第102回国会 53回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 44 委員  8)  4回発言   6014文字発言
第103回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  1)  0回発言      0文字発言
第104回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員  7)  1回発言   4879文字発言

  37期通算 155回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事103 委員 51)  8回発言  23784文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
            87回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 48 委員 39)  4回発言  16598文字発言

 外務委員会
            44回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 43 委員  0)  3回発言   7096文字発言

 物価問題等に関する特別委員会
            16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  4)  1回発言     90文字発言

 議院運営委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 商工委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 逓信委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 科学技術委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第101回国会)
 物価問題等に関する特別委員会理事(第101回国会)
 外務委員会理事(第102回国会)
 社会労働委員会理事(第102回国会)
 物価問題等に関する特別委員会理事(第102回国会)
 外務委員会理事(第103回国会)
 社会労働委員会理事(第103回国会)
 社会労働委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1984/04/12、37期)

本日は、日米関係の懸案事項につき問題を取り上げてみたいと思いますが、時間が極めて限られておりますので、今回決着を見た農産物の自由化の問題あるいはVANの関連の問題等、幾つかお聞きしたい問題があるわけで…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第25号(1984/07/17、37期)

それでは、きょうの質問の最後を承りまして、きょうは四党提案の法案に関して御質問を申し上げたいと思います。ただ、その前提として、外務省及び労働省に若干お伺いをしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第27号(1984/07/24、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合を代表して、内閣提出の雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保を促進するための労働省関係法律の整備等に関する法律案について、自由民主党・新自由国民連合提出の修正…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1985/03/26、37期)

大臣、大分日程がお忙しいようでありますし、予定された時間もわずかでござい、ますので、私も簡潔に問題点をやってまいりますので、答弁の方も簡潔にお願いいたします。日米経済摩擦の問題について二、三伺いたい…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1985/04/24、37期)

私は、提出者を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。案文を朗読して説明にかえさせていただきます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第16号(1985/04/18、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合を代表して、ただいま議題となっております児童扶養手当法の一部を改正する法律案及びこれに対して自由民主党・新自由国民連合が提出した修正案につきまして、修正案及び修正案を除…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第1号(1984/12/01、37期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、委員長に竹内猛君を推薦いたしたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1986/03/27、37期)

ただいま各党の諸先輩からの質疑を拝聴させていただきまして、ほぼ問題点が出尽くしていると思います。私も三十分時間をいただいておりますけれども、全部は使わない予定でございまして、簡潔に一、二点伺いたいと思…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22