国会議員白書トップ衆議院議員桜井新>37期国会活動まとめ

桜井新衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22) 17回発言   2417文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05) 17回発言   2417文字発言

本会議発言一覧

第104回国会 衆議院 本会議 第2号(1986/01/27、37期)

各常任委員長の選挙は、その手続を省略して、議長において指名されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第3号(1986/01/29、37期)

国務大臣の演説に対する残余の質疑は延期し、明三十日午後二時より本会議を開きこれを継続することとし、本日はこれにて散会されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第4号(1986/01/30、37期)

裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員の選挙は、その手続を省略して、議長において指名せられ、予備員の職務を行う順序については、議長において定められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第6号(1986/02/13、37期)

検察官適格審査会委員及び同予備委員並びに鉄道建設審議会委員の選挙は、いずれもその手続を省略して、議長において指名されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第10号(1986/03/06、37期)

日本ユネスコ国内委員会委員の選挙は、その手続を省略して、議長において指名されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第11号(1986/03/08、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、この際、昭和六十一年度一般会計予算、昭和六十一年度特別会計予算、昭和六十一年度政府関係機関予算、右三案を一括議題となし、委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第12号(1986/03/20、37期)

中央選挙管理会委員及び同予備委員の指名については、その手続を省略して、議長において指名されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第13号(1986/03/25、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、この際、内閣提出、裁判所職員定員法の一部を改正する法律案を議題となし、委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第16号(1986/04/01、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、議院運営委員長提出、国会における各会派に対する立法事務費の交付に関する法律の一部を改正する法律案、議院に出頭する証人等の旅費及び日当に関する法律の一部を改正する法律案、国会議員の秘書の給料等に関する法律の一部を改正する法律案及び衆議院事務局職員定員規………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第17号(1986/04/03、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、この際、内閣提出、環境衛生金融公庫法及び沖縄振興開発金融公庫法の一部を改正する法律案を議題となし、委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第21号(1986/04/17、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、この際、内閣提出、原子爆弾被爆者に対する特別措置に関する法律の一部を改正する法律案を議題となし、委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第23号(1986/04/22、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、この際、内閣提出、外国弁護士による法律事務の取扱いに関する特別措置法案を議題となし、委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第26号(1986/05/08、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、大久保直彦君外九名提出、ソ連チェルノブイル原子力発電所の事故に関する決議案は、提出者の要求のとおり、委員会の審査を省略して、この際これを上程し、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第28号(1986/05/13、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、社会労働委員長提出、社会保険労務士法の一部を改正する法律案は、委員会の審査を省略して、この際これを上程し、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第29号(1986/05/15、37期)

裁判官弾劾裁判所裁判員の選挙は、その手続を省略して、議長において指名されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第30号(1986/05/21、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、綿貫民輔君外十四名提出、衆議院議員の定数是正に関する決議案は、提出者の要求のとおり、委員会の審査を省略して、この際これを上程し、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第31号(1986/05/22、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、この際、参議院提出、国会法の一部を改正する法律案を議題となし、委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員 34)  1回発言  10861文字発言
第102回国会 61回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員 43)  1回発言    636文字発言
第103回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員 14)  0回発言      0文字発言
第104回国会 46回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員 39)  1回発言   7581文字発言

  37期通算 167回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 37 委員130)  3回発言  19078文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

議院運営委員会
            90回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 90)   0回発言      0文字発言

建設委員会
            33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 23 委員 10)   2回発言  11497文字発言

災害対策特別委員会
            21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員  7)   1回発言   7581文字発言

決算委員会
            19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)   0回発言      0文字発言

農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

建設委員会理事(第101回国会)
建設委員会理事(第102回国会)
災害対策特別委員会理事(第102回国会)
建設委員会理事(第103回国会)
災害対策特別委員会理事(第103回国会)
建設委員会理事(第104回国会)
災害対策特別委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 建設委員会 第9号(1984/07/11、37期)

このたびは発言の機会をいただいて大変ありがとうございます。ことしの冬は、御承知のように、私の選挙区を初め北陸、東北地方では五十六年を上回る大豪雪であったわけでございますが、その際は、建設省、国土庁と…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 建設委員会 第9号(1985/04/10、37期)

ただいま議題となりました住宅金融公庫法及び北海道防寒住宅建設等促進法の一部を改正する法律案に対する附帯決議案について、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第2号(1986/02/04、37期)

それでは、自由民主党、新自由クラブを代表して、質問をさせていただきます。ことしこそはという願いもむなしく、三年連続の大雪となり、また恐ろしい、絶対に口にしたくない大雪崩に見舞われる結果となりました。…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12