簑輪幸代衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   3915文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   3915文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第6号(1984/02/22、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、酒税法等一部改正案、物品税法一部改正案及び石油税法の一部改正案など、いわゆる間接税増税三法案について、総理並びに関係大臣に質問いたします。まず最初に、五十九年度の税財政全体に係る問題についてお尋ねいたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 40) 15回発言 117606文字発言
第102回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 35) 12回発言  95280文字発言
第103回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  4回発言  29434文字発言
第104回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22) 13回発言  69375文字発言

  37期通算 108回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員108) 44回発言 311695文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
           103回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員103) 39回発言 263644文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   8468文字発言

 商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   5700文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  18949文字発言

 社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  10136文字発言

 文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   4798文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第23号(1984/07/10、37期)

今回の法案は問題点が非常に多過ぎて、とても四十七分で質問し切れるものではございませんけれども、幾つかぜひお尋ねをしたいと思います。既に御存じのように、きょうもたくさんの婦人の皆さんがこの法案の審議を…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第2号(1984/02/22、37期)

まず最初に、本会議でもお尋ねした大型間接税の導入問題ですけれども、総理大臣は今考えてないというふうな答弁でございましたが、大蔵大臣はいささか違うようにも思える前もないことはないということで、今までのい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1984/03/21、37期)

最初に物品税について御質問をいたします。この前、昭和五十六年の税制改正で物品税の増税が行われまして、その際、物品税の課税対象基準として奢侈品、比較的高価な便益品、趣味娯楽品に課税するという従来の考え…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1984/03/26、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、酒税法等一部改正案、物品税法一部改正案及び石油税法の一部改正案、以上いわゆる間接税増税三法案について反対の討論を行います。反対する第一の理由は、これらの間接税を今…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1984/03/28、37期)

まず最初に、申告納税制度改正の問題点については、正森議員が先日の質疑を通じて、記帳義務法制化などがいかに中小業者にとっ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1984/04/11、37期)

今回外国旅費の改定が行われるわけですけれども、内国旅費の改定が見送られております。内国旅費について一五%から一七%程度の格差が生じているというふうに伺っておりますけれども、実費弁償という建前からいって…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1984/04/13、37期)

大臣にお尋ねいたします。六十年度の予算の編成方針についてですけれども、大蔵省の「中期的な財政事情の仮定計算例」によれば、六十年度、特例公債の借換債を発行しないケースでも、要調整額は、一般歳出の伸び率…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1984/04/24、37期)

財確法の審議に当たって御質問するわけですが、これまで特例公債の償還に当たっては借りかえをしないということが法律で定められ、再三言明もされてまいりましたが、今回これを全面的に改めて借換債の発行ができるよ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第19号(1984/04/25、37期)

最初に財源確保法に関連して、来年度予算編成方針について総理の見解を伺いたいと思います。政府は、赤字国債の発行を五十年から特例ということで行ってきました。そのこと自体非常に問題だと思いますけれども、今…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第20号(1984/04/27、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、昭和五十九年度の財政運営に必要な財源の確保を図るための特別措置等に関する法律案及び修正案に対し、反対の討論を行います。まず、五十九年度の財源確保策そのものについて…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1984/05/09、37期)

振替決済制度そのものは、具体的には昭和四十年代後半から東京証券取引所では、関係当事者間の契約に基づきまして、部分的に既に実施されている。そして現在、日本証券決済株式会社がその業務を行っているということ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第27号(1984/06/29、37期)

たばこ事業法案等たばこ関連の五法案についてお尋ねするのですけれども、まず最初に、八十年の歴史を持つたばこ専売制度を廃止するその真の理由は一体何か。このように長い間専売制度をとってきたのはその必要性があ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第34号(1984/07/13、37期)

総理にお伺いいたします。たばこが健康に有害であることは総理も十分御承知と思いますけれども、これはもう既に国民的合意あるいはまた国際的合意を得ているというふうに言っても言い過ぎではないと思っております…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第36号(1984/07/27、37期)

まず最初にリッカーミシンが二十三日和議申請をして事実上の倒産ということになった事態について通産省に伺いたいと思います。政府はこれまで連鎖倒産の防止とか消費者保護のためにどのような措置を講じてこられた…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1984/04/17、37期)

 一九八〇年の七月に、国連婦人の十年世界会議において婦人に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約というものが署名されまして、これを契機に国籍法の父系優先血統主義が見直されて今回改正されるという運び…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第20号(1985/06/14、37期)

最初に大臣にお尋ねしたいと思いますけれども、きのうの新聞報道によりますと、アメリカ政府は来週東京で行う両政府間の貿易委員会で、大型スーパーなどの出店を規制している大規模小売店舗法が外国製品を日本市場か…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1984/12/06、37期)

大蔵大臣に最初にお伺いしたいと思います。あなたは映画、演劇、音楽がお好きでいらっしゃいますでしょうか、そして、こういうものが人生にとって大事というふうにお考えでいらっしゃいますでしょうか、まずお伺い…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1985/02/26、37期)

もう午後七時も回りましたけれども、ぜひとも御丁寧に答弁をいただきたいとお願いをしておきます。まず最初に、予算委員会や当大蔵委員会でも既に何度も論議になっております税制の抜本見直しに関連するところです…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1985/03/08、37期)

ただいま議題となりました入場税法の一部を改正する法律案に対する修正案について、日本共産党・革新共同を代表し、提案の趣旨並びに内容について御説明いたします。もともと入場税法は、昭和十三年四月に支那事変…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第15号(1985/04/02、37期)

いわゆる補助金カット一括法案についてお尋ねをいたします。今回の法案の中で、補助金一律カットによる地方負担増というのは五千八百億円にも上っております。これに対して総理は万全の措置を講じて、地方公共団体…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第17号(1985/04/10、37期)

今回の補助金カット一括法案は、臨調の指摘あるいは行革審の指摘に基づいて行われているということでございますけれども、この臨調等の指摘の中でさまざまな分野に波紋が広がり、問題が起こっているわけですけれども…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第19号(1985/04/16、37期)

私は、登記特別会計法案について二、三お尋ねをしたいというふうに思います。まず最初に、登記特別会計制度を設けることに会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1985/05/21、37期)

最初に、共済年金額改定法案についての我が党の態度を明らかにしておきます。この法案は、恩給法の改正に伴って、国家公務員等の既裁定年金額を、一九八四年度の公務員給与の引き上げ額平均三・三七%に準じて引き…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第26号(1985/05/28、37期)

財確法と国債整理基金の法律、それから産投法ということでお尋ねをするわけですけれども、まず最初に、産投特会に関連してお尋ねをしたいと思います。今回、産投特会法の一部改正で、たばこ株式会社の株式総数の二…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第29号(1985/06/04、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、ただいま議題となりました昭和六十年度の財政運営に必要な財源の確保を図るための特別措置に関する法律案、国債整理基金特別会計法の一部を改正する法律案及び産業投資特別会計…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1985/06/05、37期)

最近、岐阜県内で二人の高校生が先生の体罰が原因で亡くなるという事件が相次いで起きました。一人は、中津商業高校二年の竹内恵美さんです。陸上部顧問教諭の体罰に耐え切れず自殺いたしました。もう一人は、岐陽…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1985/03/06、37期)

最初に、本日の自民党金丸幹事長の回答に関連してお伺いいたします。三項目の回答は、最大の焦点である軍事費の異常突出を初め、いわゆる補助金の一律カットなど、予算の具体的問題点について何の方向も示すもので…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1985/11/08、37期)

政府は、貿易摩擦の解消ということでのさまざまな施策の中で、今回基準認証、輸入プロセスに係るアクションプログラムというようなことで、特に、我が国市場が閉鎖的であるという指摘を解消するためにということで、…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1985/11/27、37期)

共済年金についてお尋ねするわけですけれども、共済年金の仕組みの中で基礎年金制度ということが位置づけられております。ここで四十年間保険料を払い、四十年後に五万円の基礎年金を受け取るという仕組みになってい…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1985/11/29、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、政府提出の国家公務員等共済組合法等の一部を改正する法律案並びに自由民主党・新自由国民連合提出の同修正案に対して、反対の討論を行います。反対する第一の理由は、今改…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1985/12/06、37期)

今回の関税暫定措置法の一部改正案は、貿易摩擦解消のためのアクションプログラム、これが盛り込まれた関税に関する部分ですけれども、私どもは、既にこれまでも我が国がアメリカからのさまざまな要求に譲歩を重ねて…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号(1986/02/12、37期)

大蔵大臣にお尋ねいたしますけれども、昭和五十年十月二十九日の衆議院予算委員会において、当時の大平大蔵大臣は、特例公債の償還について次のように述べておられます。「第一に、国債整理基金特別会計法第二条の規…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第5号(1986/02/21、37期)

大臣のお時間がちょっと制限されておりますので、最初に大臣にお伺いしたいと思います。昨年の国会で、国鉄共済年金の破綻に伴うその支払い等について大変問題になりまして、最後、政府見解ということになりました…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1986/03/05、37期)

六十一年度の税制改正は所得税減税が二年連続して見送られるという状況で、勤労国民に実質増税ということになっております。一方では、東京湾横断道路建設促進税制など、民間活力導入を口実にして大企業優遇措置が新…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1986/03/07、37期)

一昨日に続いて御質問させていただきたいと思います。税制改革というふうに言われておりますものが一体どんなスケジュールで進んでいくのかという点について大変な関心を呼んでおりますところ、先日来、この税制改…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1986/03/25、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、ただいま議題となっております政府提出の租税特別措置法の一部を改正する法律案について反対、社会、公明、民社三党共同提出の修正案について賛成の討論を行います。反対する…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第12号(1986/04/08、37期)

参考人の皆さん方には、本当にお忙しい中遅くまで御苦労さまでございます。与えられた時間がわずかでございますので、いろいろお尋ねしたいこともありますが、絞ってお聞きしたいと思います。我が国の予算の中でい…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1986/04/15、37期)

私は、この補助金カットの法案について、きょうは教育問題についてお尋ねしようと思って文部大臣の出席を求めました。ところが、文部大臣は都合で出席できないという御返事をいただいて、私はまことに遺憾であるとい…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1986/04/16、37期)

補助金カットの一括法案について、昨日に引き続いて質問させていただきます。この法案の審議に当たっては、連合審査も開かれましたけれども、大蔵委員会においてこの法案に関する関係大臣の御出席もいただいて質疑…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第16号(1986/04/23、37期)

大蔵大臣にお尋ねいたしますが、中曽根総理大臣の私的諮問機関である国際協調のための経済構造調整研究会の報告書では、六十五年度赤字国債依存体質からの脱却という表現は消えておりまして、財政の機動的な対応とい…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第17号(1986/04/24、37期)

参考人の皆様にはお忙しい中、御苦労さまでございます。わずかな時間でございますので端的にお伺いしたいと思いますが、日銀総裁、円高の問題でちょっとお尋ねしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1986/05/07、37期)

きょうはNTTにお越しいただいておりますので、最初にお尋ねしたいと思います。株の問題ということではございませんで、関連して、NTTの電話番号案内一〇四について有料化の方向が出されているということで、…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第19号(1986/05/09、37期)

参考人のお三方にはお忙しいところ御苦労さまでございます。今度法案の中で見ますと、投資顧問業の中で投資一任業務を認めるということが非常に重要な部分を占めていると思うわけです。この投資一任業務を認めると…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第20号(1986/05/14、37期)

最初に預金保険法についてお尋ねをしたいと思います。この法案の六十二条で、大蔵大臣の合併等のあっせんの規定が設けられることになるようです。この規定では、救済金融機関が預金保険機構に対して資金援助の申し…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22