平沼赳夫衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言    702文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言    702文字発言

本会議発言一覧

第104回国会 衆議院 本会議 第26号(1986/05/08、37期)

ただいま議題となりましたソ連チェルノブイル原子力発電所の事故に関する決議案につきまして、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合及び日本共産党・革新共同を代表し、提案の趣旨を御説明申し上げます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 62回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 23 委員 39)  3回発言  10917文字発言
第102回国会 40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員 30)  2回発言   6980文字発言
第103回国会 12回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事  1 委員 10)  0回発言      0文字発言
第104回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員  1)  7回発言  14589文字発言

  37期通算 145回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 64 委員 80) 12回発言  32486文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
            75回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 75)  0回発言      0文字発言

 科学技術委員会
            51回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 50 委員  0)  9回発言  20606文字発言

 建設委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員  0)  2回発言   2193文字発言

 予算委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 安全保障特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   9687文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 科学技術委員会理事(第101回国会)
 科学技術委員会理事(第102回国会)
 科学技術委員会理事(第103回国会)
 建設委員会理事(第104回国会)
 科学技術委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第4号(1984/04/24、37期)

我が国の防衛政策につきまして、関係大臣及び関係官庁にいろいろと質問をしてみたいと思うわけであります。我が国の防衛政策の基本というのは、言うまでもなく、いかに侵略を未然に阻止するか、そういうところだと…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第13号(1984/05/08、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合を代表いたしまして、日本原子力研究所法の一部を改正する法律案について賛成の討論をいたします。我が国は石油を初めとするエネルギー資源に乏しく、エネルギー源の約八割を海外…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第14号(1984/05/10、37期)

先生どうもありがとうございました。ちょっとお尋ねしたいのは、先生も戦前からこの系統の研究に入られた、こういうことでございまして、その出発点が当時の軍事に関することだったと思うわけでございます。この最…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第3号(1985/03/19、37期)

きょうは難波先生、ありがとうございます。このレーザー光線に関して軍事面の利用ということでちょっとお触れになりましたけれども、これは米ソが断トツで先行している、こういうことです。我々はSDIというもの…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第4号(1985/03/26、37期)

それでは、大臣の所信表明に関しまして、自民党を代表しまして幾つがその御所信を承りたいと思うわけであります。大体順序は大臣の所信表明に従って御質問させていただきたいと思います。今や内外において、新素材…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第3号(1986/03/20、37期)

私も、大臣の所信表明に関しまして若干質問をさせていただきたいと思います。大臣は、その所信表明の第五で、原子力発電の重要性について言及をされております。改めまして今のエネルギーの確保に当たって、原子力…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第7号(1986/04/10、37期)

ただいま河野国務大臣から、提案理由の趣旨説明をお伺いをいたしました。私どもといたしましても当法案の重要性を認識をしているところでございまして、これから科学技術立国という前提に立った場合に、研究交流を促…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第9号(1986/04/17、37期)

参考人のお二人、大変お忙しいところをお足をお運びいただきまして、本当にありがとうございました。心から御礼を申し上げる次第であります。私は、自由民主党の立場から、参考人に若干質問をさしていただきたいと…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第10号(1986/04/18、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合を代表いたしまして、研究交流促進法案について賛成及び同法案の修正案に反対の討論をいたします。我が国が来るべき二十一世紀に向けて豊かで希望に満ちた経済社会を築いていくた…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第12号(1986/04/24、37期)

参考人の皆様方には、大変お忙しいところ当委員会に御出席をいただきまして、本当にありがとうございました。まず、心から御礼を申し上げる次第でございます。私どもは持ち時間が少ないわけでございまして、簡潔に質…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 建設委員会 第6号(1986/03/28、37期)

ただいま議題となりました日本下水道事業団法の一部を改正する法律案に対する附帯決議案について、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合及び日本共産党・革新共同…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1986/04/14、37期)

ただいま議題となりました東京湾横断道路の建設に関する特別措置法案に対する附帯決議案につきまして、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議及び民社党・国民連合を代表して、その趣…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22