長野祐也衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25) 19回発言   2261文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  6回発言    725文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言     48文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05) 26回発言   3034文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第6号(1985/01/25、37期)

国務大臣の演説に対する質疑は延期し、来る二十八日午後一時より本会議を開きこれを行うこととし、本日はこれにて散会されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第7号(1985/01/28、37期)

国務大臣の演説に対する残余の質疑は延期し、明二十九日午後二時より本会議を開きこれを継続することとし、本日はこれにて散会されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第9号(1985/02/09、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、この際、昭和五十九年度一般会計補正予算(第1号)、昭和五十九年度特別会計補正予算(特第1号)、昭和五十九年度政府関係機関補正予算(機第1号)、右三案を一括議題となし、委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第10号(1985/02/15、37期)

北海道開発審議会委員の選挙は、その手続を省略して、議長において指名されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第13号(1985/03/09、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、この際、昭和六十年度一般会計予算、昭和六十年度特別会計予算、昭和六十年度政府関係機関予算、右三案を一括議題となし、委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第16号(1985/03/26、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、この際、内閣提出、総務庁設置法等の一部を改正する法律案を議題となし、委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第17号(1985/03/28、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、この際、内閣提出、参議院送付、市町村の合併の特例に関する法律の一部を改正する法律案を議題となし、委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第18号(1985/04/02、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、この際、内閣提出、在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律の一部を改正する法律案を議題となし、委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第20号(1985/04/11、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、この際、川崎寛治君提出、国際貿易摩擦問題に関する緊急質問、坂井弘一君提出、国際貿易摩擦問題に関する緊急質問、宮田早苗君提出、国際貿易摩擦問題に関する緊急質問及び野間友一君提出、国際貿易摩擦問題に関する緊急質問を順次許可されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第22号(1985/04/19、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、大内啓伍君外十名提出、北方領土問題の解決促進に関する決議案は、提出者の要求のとおり、委員会の審査を省略して、この際これを上程し、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第25号(1985/04/26、37期)

 議事日程は延期し、本日はこれにて散会されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第27号(1985/05/13、37期)

議案上程に関する緊急動議を提出いたします。すなわち、この際、漁業の分野における協力に関する日本国政府とソヴィエト社会主義共和国連邦政府との間の協定の締結について承認を求めるの件を議題となし、委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第29号(1985/05/21、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、愛野興一郎君外四名提出、米ソ軍縮交渉に関する決議案は、提出者の要求のとおり、委員会の審査を省略して、この際これを上程し、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第33号(1985/06/04、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、この際、女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約の締結について承認を求めるの件を議題となし、委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第36号(1985/06/14、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、議院運営委員長提出、国会法の一部を改正する法律案は、委員会の審査を省略して、この際これを上程し、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第38号(1985/06/24、37期)

残余の日程は延期し、本日はこれにて散会されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第39号(1985/06/25、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、議院運営委員長提出、政治倫理綱領案、行為規範案及び衆議院政治倫理審査会規程案の三案は、委員会の審査を省略して、この際これを上程し、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第1号(1984/12/01、37期)

各常任委員長の選挙は、その手続を省略して、議長において指名されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第2号(1984/12/13、37期)

各種委員等の選挙は、いずれもその手続を省略して、議長において指名せられ、裁判官訴追委員の予備員の職務を行う順序については、議長において定められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 本会議 第1号(1985/10/14、37期)

国務大臣の演説に対する質疑は延期し、来る十六日午後一時より本会議を開きこれを行うこととし、本日はこれにて散会されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 本会議 第2号(1985/10/16、37期)

国務大臣の演説に対する残余の質疑は延期し、明十七日午後二時より本会議を開きこれを継続することとし、本日はこれにて散会されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 本会議 第9号(1985/12/03、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、この際、日程第三とともに、大蔵委員長提出、租税特別措置法の一部を改正する法律案を委員会の審査を省略して追加し、両案を一括議題となし、委員長の報告及び趣旨弁明を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 本会議 第10号(1985/12/06、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、この際、内閣提出、関税暫定措置法の一部を改正する法律案を議題となし、委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 本会議 第12号(1985/12/12、37期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、この際、日程第三ないし第五とともに、内閣委員長提出、国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律案を委員会の審査を省略して追加し、四案を一括議題となし、委員長の報告及び趣旨弁明を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 本会議 第14号(1985/12/20、37期)

裁判官弾劾裁判所裁判員の選挙は、その手続を省略して、議長において指名されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第1号(1985/12/24、37期)

科学技術委員長及び決算委員長の選挙は、その手続きを省略して、議長において指名されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 50回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 50)  5回発言  28329文字発言
第102回国会 72回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 72)  1回発言   4847文字発言
第103回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  1回発言   5997文字発言
第104回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  1回発言   5276文字発言

  37期通算 166回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員166)  8回発言  44449文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

社会労働委員会
            80回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 80)   6回発言  32138文字発言

議院運営委員会
            66回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 66)   0回発言      0文字発言

大蔵委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)   0回発言      0文字発言

物価問題等に関する特別委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)   0回発言      0文字発言

地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   5702文字発言

文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

災害対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   6609文字発言

商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第6号(1984/06/28、37期)

質問に入ります前に、先般、公務御多用の中を桜島を御視察いただきました稲村大臣、そして佐藤委員長以下当委員会のメンバーの先生方、そして御同行いただきました政府関係者の皆様に、一鹿児島県民として心から御礼…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1984/03/27、37期)

坂本労働大臣には、昨年の暮れの就任以来、行政の先頭に立って、現在、労働行政が抱える困難な諸問題に積極果敢に取り組まれ、大きな成果を上げてこられたことに敬意を表するものであります。大臣が常々おっしゃっ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第29号(1984/07/26、37期)

まず初めに、この法案づくりに献身的な努力をしてこられました山口前年金局長の御逝去に、心から御冥福をお祈り申し上げたいと思います。(拍手)…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第34号(1984/11/20、37期)

私は、前国会でも年金改正法案について質問をいたしました。そのとき、当時の渡部厚生大臣に対しまして、外国との通算年金問題についてお尋ねをして、大臣に直接外国にお出かけをいただいて交渉に当たっていただきた…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 地方行政委員会 第17号(1984/05/21、37期)

近年における非行青少年の推移の傾向とその内容の凶悪化、あるいは性非行の増大及びいわゆるセックス産業の目に余る行き過ぎなどに対する何らかの法的規制の強化につきましては、その必要性を認めるものでございます…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1985/03/07、37期)

厚生年金基金の特別法人税問題について大蔵省の見解を伺いたいと思います。共済年金の改正案要綱が先ほど関係審議会に諮問をされました。今回の改正案では、共済年金を厚生年金と同様に基礎年金プラス報酬比例年金…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 社会労働委員会 第1号(1985/11/14、37期)

継続審査となっております医療法に関してお伺いをいたします。まず、今回の法改正については、医療関係者の一部に、これは医療に対する官僚統制につながるのではないか、そういう危惧を表明する声があります。毛頭…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1986/03/06、37期)

先般の内閣改造の一つのポイントは、内閣の要所要所にいわゆるはまり役が就任をされたことで、これは中曽根仕事師内閣の見識であると思いますし、大いに歓迎すべきことだと思っております。例えば海部文部大臣、三塚…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12