田中克彦衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:37期(1983/12/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

37期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   3094文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  1回発言   1939文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   5033文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第17号(1984/04/13、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま議題となっております日本体育・学校健康センター法案に対し、政府の考え方をただしてまいりたいと存じます。質問に入るに先立ち、一言申し上げておきたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 本会議 第10号(1985/12/06、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、私立学校教職員共済組合法等の一部を改正する法律案に反対する討論を行います。(拍手)財界主導の臨調答申を忠実に履行することを至上命令として行われた年金改革の閣議決定に基づき、昭和五十八年、第一段階で、まず国家公務員共済組合法の一部を改正し、破綻寸前に行き詰まった国………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  5回発言  48389文字発言
第102回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  6回発言  55106文字発言
第103回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  4回発言  23571文字発言
第104回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員 14)  4回発言  36629文字発言

  37期通算  75回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員 70) 19回発言 163695文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

文教委員会
            63回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 63)  18回発言 154946文字発言

交通安全対策特別委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  1)   1回発言   8749文字発言

地方行政委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言

建設委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

交通安全対策特別委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1984/04/11、37期)

大臣の所信表明に対する質問が既に長く続いておりまして、私もそれぞれの議員の方の御意見を大変敬服をしながら拝聴してまいりました。私も、私なりの立場からこれから大臣にいろいろただしてまいりたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1984/04/18、37期)

大変大勢の議員から文部大臣の所信に対する質疑が続いたわけでありますが、その日程も終わりまして、いよいよここから私立学校教職員共済組合からの年金の額の改定に関する法律等の一部を改正する法律案の審議に入る…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第14号(1984/05/18、37期)

文部大臣が時間の関係で途中お立ちになるようですから、大臣がおいでになる間に……。先に大先輩であります湯山先生から福祉に対する、障害児に対する考え方の原点とも言うべき発想の問題についていろいろ御指摘が…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第18号(1984/06/29、37期)

六月二十日に行われました文教委員会において、我が党の佐藤徳雄議員の質問に対しまして、文部大臣は、予約の学生以外の奨学金を希望する学生に対しましても早急に受け付けを開始するよう鋭意努力する旨回答しました…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第20号(1984/07/18、37期)

大分きな臭い話題の質疑が続いたわけでありますが、私も、折が折でありますだけに、ちょうど六十年度の概算要求の時期にも差しかかっている、たまたま来年からはいわば六十年代の文教行政のあり方が問われている、こ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1985/04/12、37期)

文部大臣の所信表明に対する質問でありますから、私は、まず最初に、昭和六十年度の予算に関連いたしまして、特に文教の角度から若干質問をしてまいりたいと思うわけであります。もう既に、申し上げるまでもなく、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1985/05/24、37期)

公立の障害児教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準等に関する法律案の質問の第一陣でもございますし、また我が党からの提案でもございます。そういう立場に立って、限られた時間でありますが、問題点を絞って御…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第15号(1985/05/31、37期)

私学に関係する教職員の年金の額の改定に関する法律の一部改正でありますけれども、これが私学に関係しております教職員の身分の安定あるいは生活の安定ということに大きく寄与していることは言うまでもありませんが…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第18号(1985/06/14、37期)

百一国会へ提出をされましたけれども、結果的には廃案となりまして、今回再び提案をされて、いよいよ審議の段階を迎えたという大変重要な法案であります。私の質問の立場は、この法人が持つ性格の上からも、従前統…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第19号(1985/06/19、37期)

日本社会党・護憲共同を代表して、日本学校健康センター法案の審議を締めくくるに当たり、反対の討論を行います。本法は、昭和五十八年の臨時行政調査会第五次答申に基づき、日本学校健康会と国立競技場の二法人を…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第20号(1985/06/21、37期)

最近の教育問題の重要性にかんがみまして、特に教育環境の整備のうちで学校施設の整備につきまして、これは極めて重要な課題であることは言うまでもありませんが、今回出されました二つの議員立法に関係をいたしまし…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1985/11/22、37期)

年金に関係する四つの法案が四つの委員会にかかっているということで、審議のテンポが若干ずれておりますために、連合審査とこの文教委員会の審議の中で時間の食い違い等も生じておりまして、大変御迷惑の点もあるか…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1985/11/27、37期)

さきに質問いたしました関係から関連してお伺いをするわけですが、今理事長から公平であるか不公平であるかという点についてまだお答えをいただいておりません。三分の一、三分の二という振り分けになると仮定をいた…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1985/11/29、37期)

前回の文教委員会からの引き続いている議論でありますから、私から重ねてお伺いしますけれども、当初、大臣は、私学共済組合から四項目にわたる要望があって、特にこの問題については第二項で私学共済の方から要望が…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1985/12/04、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、私立学校教職員共済組合法等の一部を改正する法律案に反対する討論を行います。財界主導の臨調答申を忠実に履行することを至上命令として行われた年金改革の閣議決定に基づ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第4号(1986/03/20、37期)

三塚運輸大臣が大臣の所信表明の中では、特に交通安全対策については重点を置くということを数カ所にわたって力説されておりますし、その一環として踏切道の改良促進法をさらに今回五カ年間延長することにして万全を…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1986/03/28、37期)

私は、当選して一期生でありますから、海部文部大臣と議論できるのはこれが初めての機会であります。しかし、以前から自民党の中でも文教政策通の一人だ、こう伺っておりますし、二度目の文部大臣就任ということで、…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第9号(1986/04/23、37期)

質問に入る前に、実は文部大臣に特にお伺いをしたいわけでありますが、きょうは臨教審の第二次答申が公式に行われる記憶に残るべき日になると思います。特に私ども教育に関係する文教委員会にとりましては、これを契…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第10号(1986/04/25、37期)

先生、大変御苦労さまでございます。社会党の田中克彦です。今回、国民注視の中で、約一年半の論議を経まして、臨教審の第二次答申が去る二十三日に行われました。これによって臨教審の教育改革構想が本格的な形で…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:37期(1983/12/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12