伊藤忠治衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   2149文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   4037文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   6186文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第34号(1984/07/12、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、臨時教育審議会設置法案に対し、反対の討論を行います。(拍手)反対の第一の理由は、中曽根総理や森文部大臣が、国民合意の教育改革とか改革のための国民的広場などと繰り返し言明していますが、この臨時教育審議会は、国民の声が届くような人的構成や運営に全くなってないのであります。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第17号(1986/04/03、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表し、ただいま提案されました昭和六十一年度の財政運営に必要な財源の確保を図るための特別措置に関する法律案について、中曽根総理並びに関係大臣に質問いたします。政府が六十一年度予算において、五兆二千四百六十億の特例公債を発行し、あわせて、歳出財源確保の立場から昨年に引き続き………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 44)  7回発言  51862文字発言
第102回国会 38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38)  2回発言  11283文字発言
第103回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言
第104回国会 47回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 47)  5回発言  48951文字発言

  37期通算 137回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員137) 14回発言 112096文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

議院運営委員会
            86回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 86)   0回発言      0文字発言

逓信委員会
            28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28)   9回発言  63145文字発言

大蔵委員会
            19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)   5回発言  48951文字発言

商工委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第3号(1984/03/26、37期)

伊藤でございます。雰囲気や作法になれていませんので、どうぞひとつよろしくお願いをいたします。NHK問題に入ります前に、大臣に対して冒頭にお伺いしたいことがございますが、電電改革法案についてでございま…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第4号(1984/04/11、37期)

私の方から幾つかの点について質問を申し上げます。まず初めに五十九年度、過年度の会計年度を終わりまして、決算はまだ時間がかかるんでしょうが、予算と対比をしまして、現在の見通しでいきますと、五十九年度決…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第5号(1984/04/12、37期)

私の方からはまず最初に、今も鈴木先生の方から若干お触れになりました電報事業の問題についてお伺いしたいと思います。言うまでもございませんが、電報事業といいますのは、我が国におきます最も歴史のある通信サ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第10号(1984/06/20、37期)

私の方からはゆり二号aの問題について、そのことを中心に質問を申し上げたいと思います。まず、質問に入ります前に、ゆり二号aの今回の故障しました事実経過について今日まで種々委員会でも論議がなされてきてお…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第13号(1984/07/04、37期)

質問をさせていただきますが、私はきょうとあす続けて時間をいただいておりまして、きょうの持ち時間はたしか三十分ということでもございますので、テーマを絞りまして、幾つか質問を申し上げたいと思います。プラ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第14号(1984/07/05、37期)

昨日に引き続きまして、プライバシー保護の問題について少々解明いたしたい点が残っておりますので、質問をさせていただきます。昨日、郵政省の方から答弁があったわけですが、電通局長は、事業法第四条に言います…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第18号(1984/07/19、37期)

私の方から質問を申し上げたいと思いますが、その前提は、今日まで時間をかけまして審議がなされてまいったわけでございますが、各般にわたって私の方から、これまで議論をされました内容などについて確認を含めまし…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 逓信委員会 第1号(1984/12/19、37期)

本法案の審議も最後の段階を迎えましたので、私は、衆議院段階での審議、さらに引き続く参議院段階での審議がございまして、全体を通じて審議の中で当局からの答弁、態度表明などが幾つかございました。とりわけ、時…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 逓信委員会 第5号(1985/03/25、37期)

私はまず初めに、先ほども議論のございました「核戦争後の地球」の番組につきまして、番組を見ました一人としまして、非常に議論を呼んでいるわけですが、私の意見を含め幾つかの質問をさせていただきたい、かように…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号(1986/02/12、37期)

伊藤でございます。本委員会に所属することになりまして、ふなれな面が多々ございますが、ひとつよろしくお願いをいたします。今も大臣の方から提案理由の説明がございましたが、つまり、剰余金の処理について特例…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1986/03/07、37期)

まず私は、ODA、政府開発援助問題から少し質問をさせていただきたいと思います。外務省の方にお伺いをしたいと思うのですが、近年、政府のODAに対する態度、姿勢というのは非常に積極的に取り組まれてきてお…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1986/03/25、37期)

ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表して、案文を朗読いたします。租税特別措置法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1986/04/15、37期)

実は、補助金の問題とは直接関係のない問題から入らせていただくのですが、三月二十五日付の毎日新聞の記事で、東海地震の問題が非常に詳しく報道されております。これを一読しますと、東海地震の発生が非常に近い、…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第16号(1986/04/23、37期)

今、同僚議員の中村先生の方からも問題点の御指摘がございまして、やはり今回の財確法をずっと私ども勉強させていただいたわけでありますが、一つのそういう結論に到達するような感じが私もしているわけです。時間…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12